業界・企業研究

【メガベンチャー分析】なぜリクルートは『人材輩出企業』なのか?

この記事は、メガベンチャーへの転職を考えている、リクルートへの転職を考えている、リクルートのことを知りたい、というあなたにオススメです。

リクルートは、昔から『人材輩出企業』とよく言われますが、なかなか外からでは、そう言われる理由や秘訣を知ることが難しいのではないでしょうか。

私の知り合いにリクルートで働いている人が数多くおり、また転職支援を通じて、リクルートの人事の方やリクルートの面接を受けて内定を獲得した方との接点が数多くあります。

今回はその接点を通じて、今まで聞いてきた話をもとにしつつ、リクルートの本や人事制度など、リクルートをあらゆる切り口から考察して、リクルートが『人材輩出企業』と言われる秘訣を探っていきたいと思います。

なぜリクルートは『人材輩出企業』なのか

出典
「人材輩出企業」と言われるのは、リクルートを退職した人が、いろんな企業や領域で活躍しているからに他なりません。では、実際に、どんな人がリクルート出身者なのでしょうか。

有名なリクルート出身者

村井 満:日本プロサッカーリーグ理事長、Jリーグチェアマン
井上 高志:株式会社LIFULL代表取締役社長
平尾 丈:株式会社じげん代表取締役社長
須藤 憲司:株式会社Kaizen Platform代表取締役
青野 史寛:ソフトバンクグループ株式会社専務執行役員 兼 CHRO/CCO

松本 洋介:株式会社LiB代表取締役
篠塚 孝哉:株式会社Loco Partners代表取締役社長
森健志郎:株式会社Schoo代表取締役社長
宇野 康秀:株式会社インテリジェンス創業者、株式会社USEN取締役会長
鎌田 和彦:株式会社インテリジェンス創業者
古川 健介:Supership株式会社 シードインキュベートディレクター
杉本 哲哉:株式会社マクロミル取締役社長
小笹 芳央:株式会社リンクアンドモチベーション代表取締役会長
経沢 香保子:株式会社キッズライン代表取締役社長
江幡 哲也:株式会社オールアバウト代表取締役社長
七村 守:株式会社セプテーニ・ホールディングス名誉会長
工藤 智昭:株式会社ジーニー 代表取締役社長
佐々木 陽:株式会社 Oneteam 代表取締役
磯野 謙:自然電力株式会社 代表取締役 

これはほんの一例にすぎません。上記では、経営者ばかりを取り上げましたが、起業家だけでなく、ベンチャーやスタートアップなどで、経営陣やマネジメント層として活躍している人も非常に多いです。

では、実際になぜこんなにも「人材輩出ができるのか?」

今回の記事では、「採用」「働く」「退職」の切り口から、リクルートの秘訣を紹介していきます。

リクルートを読み解く_採用編

出典まずは、人材輩出企業と言われる秘訣の一つは、間違いなく、この「採用力」です。

新卒採用でも、中途採用でも、とにかく力を入れるのがリクルートの特徴です。(特に新卒採用へのこだわりは、色んな人から話を聞く限り、ハンパではないです。)

リクルートの採用のベースにある考え方は、自分より優秀な人を採用しろ」「身の丈以上の採用をしろ」「そのためであれば、時間とお金を労力をとことん惜しむなです。

この考え方が、経営者だけでなく、各採用担当にまで浸透しており、1963年に江副氏が創業してから今に到るまで脈々と受け継がれて、愚直に実行されているのです。

一説によると、リクルートの新卒採用のコストは、1人あたりに換算すると数百万円〜1千万円弱とも言われます。(世の中の平均コストは50万円程度)

また、新卒採用・中途採用でも、重視されるのは、志望動機でなく、「今までの人生の選択してきた背景」であったり、「長く頑張ってきたこと」「本気で取り組んできたこと」「社会をどうしていきたいのかの強い想い」であったりします。

その人がもつエネルギー量やその源泉、思い描いたものを実際に形にする巻き込み力・実行力・継続力などを深く深く知ることで、採用するか否かの見極めをしているのです。

本来であれば、リクルートに入らずとも社会で活躍する人に、リクルートに魅力を感じてもらい(仮に短い期間の中で退職することとなったとしても)入社してもらい、活躍してもらっているのがリクルートの強さの一つなのです。

リクルートを読み解く_働く編

出典「まだ、ここにない、出会い」を軸に、進学や就職、結婚、転職、といった「ライフイベント」領域から、飲食や美容、旅行っといった「ライフスタイル」領域まで、幅広くサービスを展開するリクルートですが、活躍する人材を多く輩出する秘訣は、下記にもあるようです。

① 日々「お前はどうしたい?」と問われる環境 / 圧倒的当事者意識
② 半期ごとの「Will Can Mustシート」の運用 / 6つのスキルと4つのスタンス
③ 成果を出せば評価される「ミッション・グレード制度」の制度

① 日々「お前はどうしたい?」と問われる環境 / 圧倒的当事者意識

日々の仕事の中で、経営陣・マネジメント層だけでなく、リーダー・メンバークラスにまで深く浸透しています。上司や先輩に仕事の相談する際には、この言葉で、自身の意志や想いを聞かれます。

答えを聞く、教えてもらうことだけだと、自分の責任感は持ちづらいのですが、自分の意志や想いを聞かれ、相手に発言をすることで、自身がどう考えているのか、どういう想いを持っているのか、自身で客観視できると同時に、大きな責任感を持つことにつながります。

それによって、日々の仕事に常に「当事者意識」というのが生まれ、日々日々その問われる環境にいると、周りの人に問われなくとも、いつの間にか自身の中に当事者意識を持って仕事をすることが当たり前になります。

そして、そうした中で成果を出し、昇進すると、自分と相手だけで仕事が完結していたことから、組織や事業、社会と対峙して仕事をする機会が増え、仕事をする影響範囲、見えている視座が高くなり、視野も広がるので、ビジネスパーソンとしても大きな成長につながる機会をどんどん得ることができます。

リクルートで働いたことを振り返った時に、いつの間にか、圧倒的な当事者意識を持っているビジネスパーソンになっているのです。

② 半期ごとの「Will Can Mustシート」の運用 / 6つのスキルと4つのスタンス
出典この「Will Can Mustシート」は半期に一度、所属する部署の上司の方との「フィードバック面談」や「振り返り面談」の時に利用します。実際にWill・Can・Mustの項目ではどんなことを記載するのか、ご説明します。

Will:今の仕事で実現したいこと・2〜3年後のキャリアイメージ
Can:活かしたい強み・克服したい課題・能力開発のための具体的な行動目標
Must:担うミッション・役割行動

シートの使い方のイメージは下記です。

出典そして、自身の強みや弱みを客観的に理解するために、共通の考え方が「6つのスキルと4つのスタンスです。(下記の図)こちらをもとに自身と上長で5段階での数値化を行い、自身と他者の視点の違いを理解し、自身の成長計画を立てることができるようにするのです。

出典

③ 成果を出せば評価される「ミッション・グレード制度」の制度

年齢や入社年次に関わらず、任されるミッションのレベルとそのアウトプットによって報酬(給与・賞与)を決定する人事制度が「ミッショングレード制」です。これにより、スピーディーで柔軟な人材任用、ミッションの高低に応じた客観的な報酬決定、常に人材の最大活用が意識される風土が、維持・促進されています。
参照:
人材開発方針 | 人材基盤 | サステナビリティ | リクルートホールディングス

このように、年齢や入社年次に関係なく、成果を出すことで、若くともどんどん昇進する機会を得ることができます。

20代でマネージャーとなって年収1,000万円以上をもらっている人も珍しくありません。

リクルートを読み解く_退職編

出典リクルートでは、退職することを「卒業」と呼びます。そのため、卒業する人を華々しく送り出すような文化も強く残っています。

そして卒業した後は、卒業した人同士で繋がることもあれば、リクルートで働いている人と卒業した人で、仕事を依頼する・受ける関係性となって繋がることもあります。

実際にリクルートを卒業する正社員の人は、20代でも多いのですが、30代〜40代で非常に多くなります。それはリクルートに「キャリアアップ支援金制度」という、卒業後のキャリア支援を目的とした退職金を支給する制度があるためです。

退職一時金制度
勤続年数5年未満の中途社員(新卒社員は6年半未満)に対して、勤続年数により最大100万円の退職金が支給されます。

フロンティア制度
勤続年数5年以上の中途社員(新卒社員は6年半以上)に対して、年収1年分相当が支給されます。

ニューフロンティア制度
退職時に年収1年分相当額を支援金として支給するフロンティア制度に加え、キャリアを考える節目の提供を目的として、35歳以降3年ごとに一定金額の上乗せ支給を行う制度(中途入社勤続5年以上等の支給条件あり)。

こうした卒業した後のキャリア支援を目的として退職金が支給されるため、その資金をもとにして、リクルート時代よりもかなり年収を下げてでもベンチャーやスタートアップにチャレンジしたり、自身で起業をしたりと、一般的にはリスクと思えるようなことにも、思い切ったチャレンジがしやすいようになっているのです。

また、退職するまでに、リクルートであらゆる成長機会を活かし、“働く編” でご説明した「6つのスキルと4つのスタンス」を磨きあげている(このスキル・スタンスはあらゆる事業を作る・大きくする・推進する上でも非常に役立つ)ため、チャレンジにおける成功確率を高めることができるのです。

まとめ

今回の記事は、「採用編」「働く編」「退職編」の切り口から、メガベンチャーへの転職を考えている、リクルートへの転職を考えている、リクルートのことを知りたい、というあなたにオススメさせてもらいました。

実際に転職を考えている人には、【会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)】【リクルートエージェントに登録するのをオススメします。

BIZREACH(ビズリーチ)

おすすめスコア:

BIZREACH』は転職サイトではありますが、国内の中で優秀な転職エージェント(ヘッドハンター)がほとんど利用しているサービスで、このサイトに登録しておくだけで、自分の経歴を魅力に感じてくれた転職エージェントからスカウトを多くもらうことができます。メガベンチャーの案件を支援できるエージェントも多く登録しており、メガベンチャーの支援に強いエージェントもいます。

会員登録(無料)しておくだけで、「あなたのキャリアが活かされる業界(企業)に精通している / コンフィデンシャル(非公開)案件を保有している / 企業と関係性が構築されており、交渉力も有している」転職エージェントと出会うことも可能です。

リクルートエージェント

おすすめスコア:

リクルートエージェントは、国内最多数の非公開求人を保有しており、転職支援実績数も国内No.1のエージェントです。リクルートに興味があるのであれば、餅は餅屋にではないですが、一度相談して見るのが良いです。(ぶっちゃけリクルートグループはどうですか、のようにカジュアルに聞いてみるのがポイントです)

また『リクルートエージェント』に登録した人だけ限定で、独自で開催している「面接力向上セミナー」に参加することができます。非常に人気のセミナー(受講者満足度97%)で、2週間先くらいまで常に予約で埋まっています。

実際私も参加したことがありますが、2時間たっぷりと内容がつまったセミナーで、非常に有意義なもので、「面接対策のサポート」が企業として充実させている印象を受けました。

もしエンジニアの方であれば、IT・WEB・ソーシャルゲーム業界への転職ならGEEKLYへの登録をオススメします。

リクルートの選考の難易度は高いので、信頼のおけるエージェントと出会い、しっかり対策をした上で、選考を受けましょう。

【おすすめ】メガベンチャー転職 完全ガイド!この記事は、 ・メガベンチャーで働くメリットを知りたい ・メガベンチャーへの転職を検討している ・メガベンチャーへ転職した...
【20代ハイクラス転職】おすすめの進め方と転職サイト・転職エージェント厳選10選この記事では、ハイクラス転職支援のプロが、20代ハイクラス層の方に向けた、おすすめの「転職の進め方」「転職サイト・転職エージェント厳選10選」を紹介しています。こちらの記事を読めば、転職の成功に近づくことができます。...
【30代ハイクラス転職】おすすめの進め方と転職エージェント厳選10選この記事では、ハイクラス転職支援のプロが、30代ハイクラス層の方に向けた、おすすめの「転職の進め方」「転職エージェント厳選10選」を紹介しています。こちらの記事を読めば、転職の成功に近づけます。...

今回は以上となります。ご参考になれば幸いです。