転職ノウハウ

【20代ハイクラス転職】おすすめの進め方と転職サイト・転職エージェント厳選10選

20代で転職を考えています。キャリアアップ・年収アップを狙いたいです。転職サイトや転職エージェントのおすすめはありますでしょうか?
クラフツ
クラフツ
20代後半〜30代前半にかけて、転職を2回をしており、年収アップ転職を実現した経験してきた私私クラフツTwitterはこちらがご紹介します。

一般的にハイクラスとなると年収800万円〜となりますが、世の中の平均年収や20代という年齢を考慮すると、20代のハイクラス転職の目安は600万円程度です。

結論として、20代ハイクラス転職のおすすめの進め方と転職サイト・転職エージェントは下記です。(下に詳細を書いているので、気になる方はぜひご覧ください)

【STEP1】ハイクラス求人を出している企業を知る
「転職サイト」の活用
① BIZREACH
リクルートダイレクトスカウト 
③ 
リクナビNEXT
AMBI(アンビ)
Liiga(リーガ)

【STEP2】最新・非公開のハイクラス求人情報を得る
 「転職エージェント」の活用
JACリクルートメント
リクルートエージェント
 エンワールド・ジャパン
④ アクシスコンサルティング
⑤ パソナキャリア

【STEP3】企業のリアルを知る
「企業の口コミメディア」などの活用

OpenWork

20代のハイクラス転職を成功させるポイント

20代のハイクラス転職について「20代前半」「20代後半」で、転職を成功させるポイントは、それぞれ違います。

【20代前半】転職で成功させるポイント
「自分の特性やポテンシャルが活かせる職種・環境」✖️「
成長性が高い企業」を選ぶ

【20代後半】転職で成功させるポイント
「自分の経験が専門性が活かせる職種・フェーズ」✖️「裁量のある企業」を選ぶ

【20代前半】「自分の特性やポテンシャルが活かせる職種・環境」✖️「成長性が高い企業」を選ぶ

20代前半では、まだまだ専門性や経験が活かせるほど十分なものとは言えません。ただ、20代前半ならではの圧倒的な武器・メリットは「吸収力」「成長の伸びしろ」「環境へのフィットのしやすさ」です。これは、20代後半以降のすべての年代にはない武器・メリットです。

20代前半のハイクラス転職では、この武器・メリット活かすことを意識して「自分の特性やポテンシャルが活かせる職種・環境」✖️「成長性が高い企業」を選ぶことが、成功のポイントです。

「自分の特性やポテンシャルが活かせる職種・環境」を選ぶためには、社会人になるまで取り組んできたこと、また社会人になってから人よりも比較して相対的にうまくできたことを振り返り、「自分が成果を出しやすい特性はどんなものか」「自分を活かせる環境をどんなものか」知ることが大切です。

成長性の高い企業で働くと、企業の成長スピードによって、リーダーや管理職、責任者のポジションがどんどん生まれるので、そのポジションで若くして得られる可能性が高くなります。そういった企業を選ぶと、どんどん自分自身をレベルアップさせていくことができるので、20代のハイクラス転職ではそういった企業を選ぶことをおすすめします。

【20代後半】「自分の経験が専門性が活かせる職種・フェーズ」✖️「裁量のある企業」を選ぶ

20代後半になると、ある程度業務経験をつんでいるので、一定の経験や専門性が身についていると見なされ(20代前半と比べると)面接でも、今までの実績やスキルなどが重要視されてきます。

そのため、20代後半のハイクラス転職では、この重要視されることを意識して「自分の経験が専門性が活かせる職種・フェーズ」✖️「裁量のある企業」を選ぶことが、成功のポイントです。

20代前半〜今まででの業務を振り返り、棚卸しをして、どういった経験をしてきて、どんなスキルや専門性(汎用的なビジネススキルや職種などにひもづく知識やテクニカルスキルなど)をみにつけてきたのか、自分自身で把握できるようになることが大事です。

また20代後半の転職では、リーダー職や管理職、専門職のポジションの求人が徐々に増えてきます。20代後半のちに、意思決定や決断経験を数多くつむことができると、ビジネスパーソンとしてさらなる成長が見込めるので、「裁量のある企業」を選ぶことをおすすめします。

20代ハイクラス層におすすめ「転職の進め方」

20代ハイクラス転職の成功ポイントは、「いかに非公開の求人情報を得ることができるか」です。非公開の求人というのは、採用するポジション数も少ない傾向にあるため、情報を得るタイミングがとても大事です。

そのため、常々情報のアンテナをたて、また自分にハイクラス求人の提案がくるようなネットワークを早くに構築することが必要です。そのために、下記のSTEPで転職活動を進めることがポイントです。

20代ハイクラス転職の成功ポイント

【STEP①】ハイクラス求人を出している企業を知る
「転職サイト」の活用

【STEP②】最新・非公開のハイクラス求人情報を得る
「転職エージェント」の活用

【STEP③】企業のリアルを知る
「企業の口コミメディア」の活用

STEP①】ハイクラス求人を出している企業を知る「転職サイト」の活用

20代ハイクラス転職を成功させる上でのSTEP①は、「ハイクラス求人を出している企業を知る」ことです。

転職活動を初めてする人も多く、まずは「どんな企業や求人があるのか?」「その求人はどんな条件なのか?」把握し、自身で転職市場のマーケット感覚を掴む・養うことが大切です。

そこでおすすめなのは、ハイクラス層向けの「転職サイト」を複数活用し、「ハイクラス求人」の情報を手に入れることです。登録無料で利用できるので、早めに情報収集するのがおすすめです。

今回は、おすすめの「転職サイト」を厳選して5つご紹介します。

① BIZREACH(ビズリーチ)

おすすめスコア:

日本最大級のハイクラス転職サイト『BIZREACH』です。20代前半からでも十分に利用価値のある質の高いハイクラス転職サイトです。

転職エージェント(ヘッドハンター)の登録人数は国内トップで、ハイクラス求人数や契約企業数も国内トップクラスを誇っているので、短期間に非常に多くの20代向けハイクラス求人のスカウトをもらうことができます。まずは無料登録から利用しましょう。

② リクルートダイレクトスカウト

おすすめスコア:

次におすすめしたいのは、リクルート運営しているハイクラス転職サイト『リクルートダイレクトスカウト』です。

登録しているヘッドハンターは約3,000人とビズリーチよりは多くないのですが、実績と信頼のある選び抜かれた転職エージェントしかこの『リクルートダイレクトスカウト』を利用できないようになっているので、質の高い転職エージェントとハイクラス企業と出会える確率が高い転職サイトです。

また、ハイクラス向けのキャリアや企業の特集記事が非常に充実しているので、キャリアの考え方を学ぶ・深める意味でも非常に利用価値が高い転職サイトです。登録・利用すべて無料です。

③ リクナビNEXT

おすすめスコア:

リクナビNEXT』は、リクルートが運営する国内最大級の転職サイトです。

国内最大級の求人数が掲載されているので「自分が興味のある企業が採用募集をしているのか?」「年収が高い求人はどんな業界か企業か?」広く情報収集をする上では、おすすめの転職サイトです。

またリクナビNEXT内には、リクルートが持つ独自のノウハウを活かして開発した本格診断機能グッドポイント診断』もあり自己理解・自己分析をするのに役立ちます。

「独創性」や「柔軟性」「決断力」など18種類の特徴の中から、自分ならではの5つの強みを知ることができます。登録・利用すべて無料です。

④ AMBI(アンビ

おすすめスコア:

AMBI(アンビ)』は、「20代ハイクラスのための転職サイト」です。

求人数はリクナビNEXTと比べると多くないのですが、外資系のスタートアップや有名企業で働く若手ビジネスパーソンへのインタビュー記事などが数多く掲載されているので、企業を知ったり、キャリアを学んだり、キャリアを考えたりする上でとても役立つ転職サイトです。

企業の人事担当者や転職エージェント(ヘッドハンター)が自分の合格可能性を判定してくれる「マイバリュー」という機能もあり、自身の市場価値を知りたい人におすすめの転職サイトです。登録・利用すべて無料です。

⑤ Liiga(リーガ)

おすすめスコア:

外資系・コンサル(戦略・総合・IT)・金融(投資銀行)などの20代・ハイクラス求人の情報を得たいなら『Liiga(リーガ)』がおすすめです。

東大・京大・旧帝大・早慶などの国内トップ大学の卒業生が数多く利用しています。

外資系戦略ファームや投資銀行、事業会社の経営企画や事業企画などのトップクラスのハイクラス求人を保有している転職エージェントが多く利用している転職サイトです。登録・利用すべて無料です。

STEP②】最新・非公開のハイクラス求人情報を得る「転職エージェント」の活用

20代ハイクラス転職を成功させる上でのSTEP②は、「最新・非公開のハイクラス求人情報を得る」ことがです。

早くに自分と相性のよい、信頼のおける転職エージェントを出会うことが大事です。「自分の軸や志向、今までのキャリア」などを話して自分に合う求人があるか聞いてみましょう。

自分にとって相性のよい信頼のおける転職エージェントと出会うのは、ある意味運の要素もあるので、いきなり一つに絞って転職エージェントに相談するのでなく、複数の転職エージェントに相談することも大事なポイントです。

「転職エージェントに相談すること・求人提案してもらうこと、選考支援してもらうこと」全部無料なので、気にせず臆せず利用しましょう。

① JACリクルートメント

おすすめスコア:

日系・外資系ともにハイクラスの求人情報を広く得るなら、『JACリクルートメント』に相談するのがおすすめです。

メーカー、金融、消費財、IT業界など、各業界に特化したコンサルタントが所属し、高い専門性と深い情報を持ったプロフェッショナルなコンサルタントが転職支援をしてくれます。

いろんな業界の求人の網羅性が高く、思わぬ優良企業の求人も得られる可能性が高いです。20代でも十分に利用できる転職エージェントです。

② リクルートエージェント

おすすめスコア:

次におすすめしたいのが、業界最大の非公開求人数を保有し、国内での転職支援実績No.1の『リクルートエージェントです。JACリクルートメントとともに、相談するのがおすすめの転職エージェントです。

今まで数多くの転職エージェントに相談してきましたが、リクルートエージェントほど、大企業〜スタートアップの求人ライナップを、広くかつ多く提案してくれる転職エージェントはいませんでした。

業界別にキャリアアドバイザーがおり、また年収700万円以上だとハイキャリア専門のキャリアアドバイザーが担当してくれるようになっています。

相談した翌日までには、独自開発したアプリに自分におすすめの求人情報をピックアップしてくれているので、スピード感もよく、使いやすさ、情報収集のしやすさが群を抜いています。

③ エンワールド・ジャパン

おすすめスコア:

外資系企業へ転職も考えている場合は、国内外グローバル企業における「スペシャリスト(専門職)〜管理職・経営幹部」の幅広い非公開求人を保有している転職エージェント『エンワールド・ジャパン』がおすすめです。

内定までの「面接準備」や「心構え」など、1人1人に合わせて、丁寧にサポートするだけでなく、入社後も活躍していけるように、キャリア形成に役立つ記事や動画の配信、セミナーなどを定期的に実施しています。

多くの人が利用するとある有名転職サイトの口コミでは、670人以上の口コミ投稿があるにも関わらず、5点満点中4.6点という高評価を獲得しており、転職支援者のサービス満足度は、97.0%です。

④ アクシスコンサルティング

おすすめスコア:

外資系・日系のコンサルへの転職を考えているなら『アクシスコンサルティング』がおすすめです。

いままで約5,000名の現役コンサルタント、約20,000名の転職志望者を支援した実績を持っているコンサル業界の転職に強い転職エージェントです。コンサル業界との強いパイプをもち、非公開の求人は全体の8割弱を占めています。

コンサル業界への転職を強みにするエージェントは、他にもいますが、基本的にエグゼクティブや30代〜40代の年齢を対象とするエージェントが多く、20代(コンサル未経験)の方が相談したとしても、しっかりとサポートを受けられないことがあります。

その点、アクシスコンサルティングは、20代でも丁寧に相談にのってくれるエージェントです。転職のその次までを見据えたキャリアパスを提案することを大切にしており、じっくりとキャリアや転職に向き合ってくれると評判の転職エージェントです。

その実績として、ある転職サイトを運営する会社で、質の高いキャリアコンサルティングとして、「Most Valuable Agent」を受賞をしています。

⑤ パソナキャリア

おすすめスコア:

年収UPを狙いたい、キャリアのこともしっかり相談にのってほしい方なら、『パソナキャリア』に相談するのがおすすめです。過去転職支援成功実績が25万人以上、年収UP率67.1%の実績があります。

自身の転職活動で利用した時には、キャリアの相談に親身に乗ってくれ、自分の志向と経歴にあった企業・ポジションを多く紹介してくれました。

顧客満足度を調査するオリコンによる転職エージェント調査でも、多くの転職エージェントを押さえ、利用満足度ランキングで1位を獲得したことのある転職エージェントです。

STEP③】企業のリアルを知る「企業の口コミメディア」の活用

ハイクラス求人を出している企業を知り(STEP①)、最新・非公開のハイクラス求人情報を得ること(STEP②)ができた後の最後のステップは、「実際に転職先として検討している企業のリアルを知る」ことです。

20代で転職する場合、初めての転職となる方も多いかと思います。転職サイトや転職エージェントの情報だけでは「企業の働き方・やりがい・給与」などのリアル知ることは実は難しいです。

そこで、転職を失敗しないためにも、実際に企業で働いている・働いたことのある人が投稿しているクチコミを参考にすることがおすすめです。私も転職の意思決定の際に利用した、おすすめのクチコミメディアをご紹介します。

OpenWork(オープンワーク)

おすすめスコア:

OpenWork(オープンワーク)』は、社員・元社員のリアルな投稿をもとにした『会社の評価スコア』と『社員のクチコミ』を見ることができるクチコミメディアです。

会社の評価スコア
「総合評価 」「待遇面の満足度」 「社員の士気」「風通しの良さ」「社員の相互尊重」「20代成長環境」「人材の長期育成」「法令順守意識」「人事評価の適正感」

社員のクチコミ
「組織体制・企業文化」「入社理由と入社後ギャップ」「 働きがい・成長」「女性の働きやすさ」「ワーク・ライフ・バランス」「退職検討理由」「企業分析[強み・弱み・展望]「経営者への提言」「年収・給与」

【まとめ】20代ハイクラス層向け!おすすめの進め方と転職サイト・転職エージェント厳選10選

今回、20代ハイクラス層向けに、転職の進め方やおすすめの転職サイトや転職エージェントをご紹介させてもらいましたが、いかがだったでしょうか。

冒頭にお伝えしましたが、20代ハイクラス層が転職を成功させるためには、「いかに非公開の求人情報を得ることができるか」がとても大切です。

「いい求人」と出会うためには、「常々情報のアンテナをたて、また自分にハイクラス求人の提案がくるようなネットワークをしっかりと構築すること」が必要です。

た今までの数多くの20代のトップクラス・ハイクラス層のビジネスパーソンのキャリア・転職支援する中で分かったのは、市場価値が高まり続けているビジネスパーソンほど、転職するしないに関わらず、早くから転職サイトや転職エージェントを利用している、事実です。

【市場価値の高いビジネスパーソンの行動】
① 自分にあった
「転職サイト」に登録し、求人情報を収集し、キャリアのマーケット感覚養っている。

② 数ヶ月〜半年に1回程度、定期的に「転職エージェント」とコンタクトをとり、非公開求人の情報を集めたり、自身の市場価値を客観的に把握したりして、自分がより良いキャリア機会を模索している

ぜひ転職活動をする人も、まだ転職活動していない人も、今回の内容を参考にして、より良いキャリアを歩むことにつながれば嬉しいです。

【STEP1】ハイクラス求人を出している企業を知る
「転職サイト」の活用
① BIZREACH
リクルートダイレクトスカウト 
③ 
リクナビNEXT
AMBI(アンビ)
Liiga(リーガ)

【STEP2】最新・非公開のハイクラス求人情報を得る
 「転職エージェント」の活用
JACリクルートメント
リクルートエージェント
 エンワールド・ジャパン
④ アクシスコンサルティング
⑤ パソナキャリア

【STEP3】企業のリアルを知る
「企業の口コミメディア」などの活用

OpenWork

こちらの記事もあわせて参考にしてみてください。

【20代転職ガイド】おすすめの転職サイト5選 / タイプ別 転職エージェント10選 今回の記事を読むことで、「20代の転職活動」をどのように進めていけばよいのか明確になり、自分にあった、効率的かつ効果的な...
【保存版】80,000人以上が閲覧!キャリア本&転職本 厳選10冊(関連本を50冊以上読破したプロがおすすめ!)今回は、今までにキャリア本&転職本を50冊以上読破した私がおすすめする「キャリア本&転職本 厳選10冊」をご紹介します。...
人気No.1 転職サービス「ビズリーチ」
無料登録はこちら(公式)
人気No.1 転職サービス「ビズリーチ」
公式サイトへ