転職ノウハウ

【30代ハイクラス転職】おすすめの進め方と転職エージェント厳選10選

この記事は、30代ハイクラス層向けの転職の進め方を知りたい、転職サイトを利用すべき?どの転職エージェントを活用したらいいのか?知りたいというあなたにオススメです。

20代後半〜30代前半にかけて、4回の転職活動2回の転職を経験した現在、私は20代〜30代のハイクラスのキャリア支援をする会社で、転職エージェントとして毎月30人以上の方のキャリア相談や転職支援をしています

今までの経験から、30代ハイクラス層は、どのような転職の進め方がよいのか、どんな転職エージェントを活用すべきなのか、かなり知見がたまってきたので、今回は、それをもとに30代ハイクラス層のおすすめの転職の「進め方」と「転職エージェント」について記事を書きました。

今までの経験から、できるビジネスパーソンほど、転職する意思がなくとも、定期的にヘッドハンターとコンタクトをとり、転職マーケットの情報を集め、自身の市場価値を客観的に把握するようにしています。

転職活動をする人も、まだ転職活動していない人も、この記事をご参考に、自身のキャリアのために、アクションしてもらえると幸いです。

30代ハイクラス層におすすめの「転職の進め方」

30代ハイクラス転職の成功の鍵は、「いかに管理職クラスの非公開求人をオファーしてもらえるか」です。

さらに言うと、管理職クラスの非公開求人は、採用するポジション数も少ない傾向にあるため、タイミングというのも非常に大切です。

早ければ、1ヶ月〜2ヶ月で採用ができてしまうため、募集していたのにすぐにポジションがクローズしてしまうことはよくあることです。

そのため、常々情報のアンテナをたて、また自分にハイクラス求人の提案がくるようなネットワークをしっかりと構築することが必要です。

そのため、30代ハイクラス転職は、下記のSTEPで転職活動を進めることがポイントです。

【STEP1】
ハイクラス求人を持っている転職エージェントと繋がる

【STEP2】
定期的に転職エージェントとコミュニケーションをとる

【STEP3】
企業のリアルを知る

30代向けハイクラス求人を持っている転職エージェントと繋がる

30代ハイクラス転職を成功させる上での鍵は「ハイクラス求人を持っている転職エージェントと繋がる」です。

20代であれば、転職サイトに登録をして、広く企業・求人を探すことから進めることをおすすめしますが、30代の方が求められる役割は、ほぼ即戦力での活躍となるため、しっかりと自分の経験やスキル、志向にマッチするものを選ぶことが大切です。

マッチするか否かの目利きは、企業側の状況や組織、求められる役割なども把握できた上でこそなので、転職サイトを活用して自分だけで判断して進めることはおすすめしていません。

経験と実績が豊富な “良い” 転職エージェントに相談して進めるのがおすすめです。

そこで最初にやるべきことは、ハイクラスを対象にした「転職エージェント」サービスに登録し、自分が信頼のおけるエージェントと出会うことです。それぞれ情報や支援の仕方に強み・弱みがあるので、最低でも2人~3人と話をしましょう。

そこでここからは、30代ハイクラス層の方のために、厳選したおすすめの「転職エージェント」サービス10選をご紹介します。自分にあったサービスがどれか、探してみてください。

BIZREACH(ビズリーチ)

おすすめスコア:

一番におすすめしたいのは、質の高い転職エージェントが数多くいるBIZREACH(ビズリーチ)です。私も転職活動の際に一番利用したのは、こちらです。

会員制で「選ばれた人だけのハイクラス転職」のコンセプト通り、転職を考えて登録している人だけでなく、その人をスカウトする転職エージェント(や企業)もレベルが高い傾向にあります。年収が高いとやはり “良い” 転職エージェントと求人に出会える可能性が非常に高いです。

転職エージェント(ヘッドハンター)の登録人数は約3,500人と国内トップで、求人数や契約企業数も国内トップクラスなので、短期間で、非常に多くのハイクラス求人のオファーをもらえます。

CAREER CARVER(キャリアカーバー)

おすすめスコア:

次におすすめしたいのは、リクルートがハイクラス層に特化して運営しているCAREER CARVER(キャリアカーバー)です。年収800万円〜2000万円の求人を保有している転職エージェントが多く集まっています。

登録しているヘッドハンターが約1600人弱ほどいますが、下記のように「担当業種・職種・経験年数」などの切り口からヘッドハンターを検索できるようになっているので、

スカウトが届くのを待たなくても、自分の希望や志向に合わせて、どんなヘッドハンターがいるのか探し、選んで相談することも可能です。

また、ハイクラス層の中でもさらに上位のエグゼクティブを対象にしてスカウトしている転職エージェント(ヘッドハンター)も多いので、年収UP・キャリアアップを狙いたい方におすすめです。

JACリクルートメント

おすすめスコア:

日系・外資系企業のハイクラス求人で高年収の提案をもらいたいなら、JACリクルートメントがおすすめです。イギリスで設立され、現在世界11ヶ国に展開している日系のハイクラスエージェントです。

「ハイクラス」「エグゼクティブ」「外資」「海外事業」をテーマを強みに転職支援をしているので、そのテーマにそった非公開求人を数多く持っています。

また、各業界や職種に特化してコンサルタントを配置していることもあり、高い専門性と深い情報を持ったプロフェッショナルのエージェントが比較的多いので、最新のハイクラス求人オファーをもらえることに加え、その業界・企業でのキャリアパスの相談にもしっかりのってもらえます。

クライス&カンパニー

おすすめスコア:

事業会社でマネージャー以上のハイクラス求人情報を得たい、キャリアの相談をしたいなら、1993年に創業したハイクラス層向け老舗ブティック系転職エージェントのクライス&カンパニーがおすすめです。

候補者ファーストのスタンスを創業以来からの基本ポリシーとしており、キャリアの国家資格を保有したコンサルタントが、中長期目線で一人ひとりに合わせたキャリアコンサルティングをしてくれるのが特徴でもあります。

年収が800万円以上で、自分のキャリアにじっくり相談にのってもらいたい方は、ぜひ登録をしてみてください。

プロフェッショナルバンク

おすすめスコア:

プロフェッショナルバンクは、日本を代表するヘッドハンティング会社であり、転職エージェント会社です。ヘッドハンティングを依頼してきた企業とのパイプも活かし、他にはない独自のハイクラスの非公開求人を持っています。

全体の求人に対して、年収800万円以上の案件が60%以上、役職案件も40%以上と、ハイクラス(エグゼクティブ)層にふさわしい案件を数多く持っています。エグゼクティブ志向が強い方におすすめです。

Liiga(リーガ)

おすすめスコア:

外資系・コンサル(戦略・総合・IT)・金融(投資銀行)などの30代・ハイクラス求人の情報を得たいならLiiga(リーガ)がおすすめです。

非常に求人とスカウトの質が高い転職サイトです。東大・京大・旧帝大・早慶などの国内トップ大学の卒業生が数多く利用しています。

グローバルでもトップクラスの外資系戦略ファームや外資系・日系の投資銀行部門、事業会社の経営企画や事業企画などの超ハイクラス求人を保有している転職エージェントが多いです。

外資系企業への転職やさらなるキャリアの高みを目指したい方には、このサービスの活用をおすすめします。

ムービンストラテジックキャリア

おすすめスコア:

外資系・日系の戦略ファームなどのハイクラス転職をしたいならムービンストラテジックキャリアがおすすめです。元外資系戦略コンサル出身者も所属している、コンサル業界に非常に精通した転職エージェント集団です。

コンサルタントより直接選考対策のサポートを受けられるだけでなく、過去選考を受けた方の選考情報を自由に見られるサービスも受けることができるので、コンサルの選考対策では手厚いと定評があります。

戦略ファームを受ける基準はそもそも高いので、学歴や英語力、今までのキャリアに自信がある方に、個人的にはおすすめします。

アクシスコンサルティング

おすすめスコア:

外資系・日系の戦略・総合・ITコンサルへのハイクラス転職をしたいならアクシスコンサルティングがおすすめです。

約5,000名の現役コンサルタント、約20,000名の転職志望者を支援した実績を持っているコンサル業界に強い転職エージェントです。コンサル業界との強いパイプをもち、非公開の求人は全体の8割弱を占めています。

転職のその次までを見据えたキャリアパスを提案することを大切にしており、じっくりとキャリアや転職に向き合ってくれます。

その実績として、ある転職サイトを運営する会社で、質の高いキャリアコンサルティングとして、「Most Valuable Agent」を受賞をしています。

アンテロープキャリアコンサルティング

おすすめスコア:

金融業界へのハイクラス転職をしたいならアンテロープキャリアコンサルティングがおすすめです。

投資銀行やPEファンド、M&Aアドバイザリー、ベンチャーキャピタル(VC)アセットマネジメント/ヘッジファンド、不動産金融/不動産ファンドなどの非公開ハイクラス求人を数多く保有しています。

各コンサルタント一人ひとりが専門領域を明確にし、その領域と関連する職種についての学習、情報取得、人的ネットワーク作りを日々行っているので、非常に専門性が高い支援を受けることができます。

ロバートウォルターズ

おすすめスコア:

外資系・日系のグローバル企業への転職、英語を活かしたハイクラス求人を求める方は、ロバート・ウォルターズがおすすめです。

イギリス、アメリカ、ドイツ、日本、オランダ、オーストラリアなど世界28ヶ国の主要都市にオフィスを構え、日本では「グローバル人材に特化」し、「英語を活かせる求人」だけを紹介しているエージェントです。

30年以上蓄積したノウハウを元にして、経験豊富な業界専門キャリアコンサルタントがチーム体制でサポートするスタイルで、コンサルタントは全員バイリンガルです。

また外資系ならではのスピード感をもって選考を進めることができるのも特徴的です。(そのスピードの分、押しが強い傾向もあるので、その点をうまく理解して対応することが必要です)転職支援の満足度は93%を誇っています。

定期的に転職エージェントとコミュニケーションをとる

上記の「転職エージェント」サービスを活用し、信頼のおける転職エージェントと繋がることができたら、次に大切なのは、定期的に転職エージェントとコミュニケーションをとることです。

転職エージェントは非常にたくさんの候補者と日々コミュニケーションを取っているため、常に「自分」の存在を覚えてもらう必要があります。自らコンタクトを取り、転職エージェントに信頼していることを感じてもらいましょう。

頻度の目安としては、2ヶ月〜3ヶ月に一度です。直接会って、「現在の仕事や今後のキャリア観、今の転職マーケットの状況(自分の志向に合いそうな企業・求人はないか)」について話しましょう。

これを定期的に実施することで、転職エージェントの頭の中に「あなたの存在」をしっかり残すことができ、何か非公開のハイクラス求人が出てきた際に、「あなたの存在」を思い出してくれる可能性が高まり、紹介してくれます。

企業のリアルを知る

信頼のおける転職エージェントから非公開のハイクラス求人のオファーをもらうことができたら、必ず「企業のリアルを知る」ようにしましょう。

信頼のおける転職エージェントからの情報でも十分な可能性は高いのですが、転職を失敗しない・多面的に企業のことを知るためには、実際に働いている方の声を集めることが大切です。

興味のある企業で働いている知り合いがいれば、その方から色々と聞くのが理想ではあるのですが、それが難しい場合もありますし、また知り合いの方の主観も多分に入っているはずなので、複数のチャネルから企業のリアルな声を集めるのが良いです。

そういう時に便利なのが、企業のクチコミメディアの活用です。比較的に効率よく質の良い情報を得ることができます。私が実際に利用し、非常に参考になった企業のクチコミメディア2つをご紹介します。

キャリコネ

おすすめスコア:

1つ目は、キャリコネです。実際の年収・企業口コミサイトとして、多くのビジネスパーソンから支持を得ているサイトです。10万件以上の企業口コミがあり、下記のような情報を見ることができます。

会社の口コミ
「報酬」「働く環境」「やりがい」「出世」「残業・休日出勤」「長所・短所」「退職理由」「女性の働きやすさ」

企業の情報
「年収・給与明細」「転職・採用面接」「残業・休日出勤」「ホワイト・ブラック度」「口コミサイト比較」「
求人情報」

 

OpenWork(オープンワーク)

おすすめスコア:

2つ目は、『OpenWork(オープンワーク)』です。社員・元社員のリアルな投稿をもとにした『会社の評価スコア』と『社員のクチコミ』を見ることができます。

会社の評価スコア
「総合評価 」「待遇面の満足度」 「社員の士気」「風通しの良さ」「社員の相互尊重」「20代成長環境」「人材の長期育成」「法令順守意識」「人事評価の適正感」

社員のクチコミ
「組織体制・企業文化」「入社理由と入社後ギャップ」「 働きがい・成長」「女性の働きやすさ」「ワーク・ライフ・バランス」「退職検討理由」「企業分析[強み・弱み・展望]「経営者への提言」「年収・給与」

 

【おさらい】30代ハイクラス層の転職の進め方と転職エージェント

冒頭にお伝えしましたが、30代ハイクラス層が転職を成功させるためには、「いかに非公開の求人をオファーしてもらえるか」がとても大切です。信頼のおける転職エージェント2人~3人と繋がり、定期的にコミュニケーションを取りましょう。

今まで書いてきた内容をおさらいとして、おすすめの「進め方」と活用すべき「転職サービス+企業クチコミメディア」についてまとめました。

【STEP1】
ハイクラス求人を持っている転職エージェントと繋がる
「転職エージェント」の活用
BIZREACH(ビズリーチ)
CAREER CARVER(キャリアカーバー)

JACリクルートメント
クライス&カンパニー
Liiga(リーガ)
プロフェッショナルバンク
ムービンストラテジックキャリア
アクシスコンサルティング
アンテロープキャリアコンサルティング
ロバート・ウォルターズ

【STEP2】
定期的に転職エージェントとコミュニケーションをとる
2~3ヶ月に1度、直接会って、情報交換をする。

【STEP3】
企業のリアルを知る
「企業の口コミメディア」などの活用
キャリコネ
OpenWork

今回の記事は、30代ハイクラス層向けの転職の進め方を知りたい、転職サイトを利用すべき?どの転職エージェントを活用したらいいのか?知りたいというあなたにオススメさせてもらいました。

ご参考になれば幸いです。