キャリアノウハウ

【30代向け】転職を考える人におすすめ転職本7選

30代です。転職を考えているのですが、30代で読むべき転職本はありますでしょうか?

クラフツ
クラフツ
20代〜30代のキャリア・転職支援の経験があり、20代〜30代にかけて転職の経験4回、今までキャリア本・転職本を100冊以上読破してきた私クラフツTwitterはこちらがご紹介します。

今回、30代向けに、私が30代の転職活動の際に読んでみて実際に役立った本をご紹介します。

【30代向け】転職を考える人におすすめ転職本7選

「キャリアに悩んでいる・キャリアについてしっかり考えたい人」におすすめの転職本4冊、
「転職を考えている、転職活動をしている人」におすすめの転職本を3冊、
ご紹介します。

【キャリアに悩んでいる・キャリアをしっかり考えたい方向け】おすすめ3冊
①ビジネスと人生の「見え方」が一変する 生命科学的思考
② 苦しかったときの話をしようか
③ 転職と副業のかけ算
④ あえて数字からおりる働き方 個人がつながる時代の生存戦略

【転職を考えている方・転職活動をしている方向け】おすすめ3冊
① 転職の思考法
② 転職2.0
③ 転職が僕らを助けてくれる: 新卒で入れなかったあの会社に入社する方法

【キャリアに悩んでいる・キャリアをしっかり考えたい方向け】おすすめ4冊

【おすすめ4冊】
① ビジネスと人生の「見え方」が一変する 生命科学的思考

② 苦しかったときの話をしようか
③ 転職と副業のかけ算
④ あえて数字からおりる働き方 個人がつながる時代の生存戦略

 ビジネスと人生の「見え方」が一変する 生命科学的思考

「一度きりの人生において、自らの生命をどう燃やすか?」生命科学研究者であり、起業家&経営者でもある高橋氏が「生命原則を客観的に理解したうえで主観を活かす思考法」を分かりやすく解説してくれている本です。

人生のこと、組織のこと、経営のことなどで悩んでいる人にとって、新しい気づきと視点と考え方を学ぶことができる非常におすすめの本です。

【本の目次】
第1章 生命に共通する原則とは何か ー客観的に捉えるー
第2章 生命原則に抗い、自由に生きる ー主観を活かすー
第3章 一度きりの人生をどう生きるか ー個人への応用ー
第4章 予測不能な未来へ向け組織を存続させるには ー経営・ビジネスへの応用ー
第5章 生命としての人類はどう未来を生きるのか

② 苦しかったときの話をしようか

USJのV字復活の立役者で、現在マーケティング精鋭集団「刀」の代表取締役CEOである森岡氏によるキャリアについての考え方を学べる本です。会社でなく職能を選ぶこと、年収を決める法則など「キャリアのマーケティング戦略」の描き方を体系的に学べます。

「自分の市場価値については考えたい」また「何をしたいのかわからない」「今の会社にずっといていいのか」と悩む社会人におすすめの本です。

【本の目次】
はじめに 残酷な世界の希望とは何か
第1章 やりたいことがわからなくて悩む君へ
第2章 学校では教えてくれない世界の秘密
第3章 君の強みをどう知るか?
第4章 君自身をマーケティングせよ!
第5章 苦しかったときの話をしようか
第6章 自分の「弱さ」とどう向き合うのか
おわりに あなたはもっと高く飛べる

③ 転職と副業のかけ算

年収240万円の地方ホームセンター勤務から、4度の転職と副業を駆使して年収5,000万円を稼ぐようになった「次世代型サラリーマン」の象徴とも言える存在、moto氏による初の本です。副業が当たり前になっていくこれからの時代、「本業・副業・転職」をどのように組み合わせて、キャリアを築いていくべきか、実体験をもとにした、誰でも真似ることが知見がたくさん学べる、新しい働き方の本です。

【本の目次】
はじめに―給料はもらうものではなく「稼ぐもの」
序章 「個人で稼ぐ」サラリーマンが本当の安定を手に入れる時代

第1章 年収240万円の地方ホームセンターを選んだ理由
第2章 地方ホームセンターやリクルートで学んだ「成果」に繋がる働き方
第3章 4度の転職で年収を上げ続けた「転職術」
第4章 本業を活かして稼ぐ「サラリーマンの副業」
第5章 生涯年収を最大化する生き方

④ あえて数字からおりる働き方 個人がつながる時代の生存戦略

マッキンゼー、グーグル、NTTドコモ、リクルート、楽天など、12社を歴任し、現在は執筆家 兼 IT批評家である尾原氏による、どんな場所でも自分を活かす方法を知ることができる本です。

「数字をとらなければいけない」「何者かにならなければいけない」「このまま今の会社にいていいのか?」と焦る人にこそ、読んでもらいたいおすすめの本です。

【本の目次】
序  章 「組織から個人」の時代に本当に必要なこと
第1章 「GIVE」を仕事の基本にする
第2章 自然につながりをつくる私の方法
第3章 自分は何を人に与えられるのか?
第4章 自分の仕事と成長を設計する
第5章 対談 前田裕二氏×尾原和啓氏 自分の「価値」の見つけ方

【転職を考えている方・転職活動をしている方向け】おすすめ3冊

おすすめ3冊
① 転職の思考法
② 転職2.0
③ 転職が僕らを助けてくれる: 新卒で入れなかったあの会社に入社する方法

① 転職の思考法

博報堂→BCG→ワンキャリア(というスタートアップ)の取締役、というキャリアの筆者。転職をする上で大切なのは、「情報」でも「スキル」でもなく『確かな判断軸』だと説きます。

『マーケットバリュー(=市場価値)」について3つの軸『①業界の生産性』『②人的資産』『③技術資産』で説明しており、転職を考える時は非常に参考になる考え方です。2018年から売れ続けてベストセラーの本で20万部突破しています。

【本の目次】
プロローグ このままでいいわけがない。だけど…「漠然とした不安」の正体
第1章 仕事の「寿命」が切れる前に、伸びる市場に身を晒せ
第2章 「転職は悪」は、努力を放棄した者の言い訳にすぎない
第3章 あなたがいなくなっても、確実に会社は回る
第4章 仕事はいつから「楽しくないもの」になったのだろうか?

① 転職2.0

米国〝働き方″の最前線企業・LinkedIn元日本トップ、現在Google在籍の著者が、「望み通りのキャリア」を手にするための、これからの転職の新ルールを学べることができる本です。

ジョブ型といった欧米型の雇用に変わるこれからの日本を生き抜くノウハウがたっぷり書かれている本です。今起こっているメガトレンドを読み解き、新時代に求められる5つの転職の思考・行動様式の変化
「転職1.0(旧型のキャリアの価値観)」→「転職2.0(新型のキャリアの価値観)」を学ぶことができます。

【本の目次】
はじめに キャリアの常識が180度変わった

第1章 望み通りのキャリアを手にする「転職2.0」とは ?
第2章 自己を知る 「情報収集」から「タグ付けと発信」へ
第3章 自己を高める 「情報収集」から「タグ付けと発信」へ
第4章 業界を見極める 「スキル思考」から「ポジション思考」へ

第5章 会社を見極める 仕事は「会社」でなく「シナジー」で選ぶ
第6章 広くゆるいつながりをつくる 「人脈づくり」から「ネットワークづくり」へ
第7章 転職を考えることは人生を考えること

③ 転職が僕らを助けてくれる――新卒で入れなかったあの会社に入社する方法

高卒→松田電機工業所(自動車部品メーカー)→SUBARU→PwCコンサルティング→デロイト トーマツ コンサルティング(年収1,000万円まで到達)と年収をアップさせていった山下氏。その転職術を惜しみなく知ることができるのがこの本です。71テクニック紹介されています。

むかし新卒採用で第一志望の会社に入れなかった人、なんとなくモヤモヤを抱えながら今の会社で働いている人のために書かれた、転職によって人生を変えるための「マニュアル」のような本です。

【本の目次】
序章 新卒で入れなかったあの会社に入社する「5つの戦略」
第1章 「会社選び」の戦略─適職を探すより「波」に乗れ

第2章 「書類選考・面接」の戦略─成果より「思考のプロセス」を語れ
第3章 「転職エージェント」の戦略─人生相談するより「情報」を聞き出せ」
第4章 実績づくり 戦略 出世のためより─「転職を前提」に働け
第5章 身だしなみ 「身だしなみ」の戦略─生まれつきの容姿より圧倒的な「清潔感」
終章 最後の壁、メンタルブロックを解く

【まとめ】30代向け!転職を考える人におすすめ転職本7

今回、「キャリアに悩んでいる・キャリアについてしっかり考えたい人」におすすめの転職本4冊、「転職を考えている、転職活動をしている人」におすすめの転職本を3冊、ご紹介させてもらいました。

【キャリアに悩んでいる・キャリアをしっかり考えたい方向け】おすすめ4冊
① ビジネスと人生の「見え方」が一変する 生命科学的思考
② 苦しかったときの話をしようか
③ 転職と副業のかけ算
④ あえて数字からおりる働き方 個人がつながる時代の生存戦略

【転職を考えている方・転職活動をしている方向け】おすすめ3冊
① 転職の思考法
② 転職2.0
③ 転職が僕らを助けてくれる: 新卒で入れなかったあの会社に入社する方法

【転職活動を進める場合】おすすめの転職サイト・転職エージェント

転職活動を実際に進めていく場合は、転職サイトや転職エージェントを積極的に利用しましょう。

今回おすすめする「転職サイト」は3つ、「転職エージェント」3つです。それぞれに特徴を書いたので、自分の状況に合わせて選んで利用してみてください。

情報を広く得る、自分にあった求人を見つけるために、転職サイトや転職エージェントはそれぞれ複数利用するようにしましょう。

おすすめの転職サイト2選

①【リクナビNEXT】日本最大級の転職サイト!

おすすめスコア:

広く情報収集をしたいなら、リクルートが運営する国内最大級の転職サイト『リクナビNEXT』が最もおすすめです。転職活動する人が最も多く登録している転職サイトでもあります。

掲載されている企業数は、どの転職サイトよりも数が多く、ジャンルや年収の幅の網羅性も高いので、マーケットの感覚を掴む・広く情報を得る上では、これ以上ない転職サイトです。

②【BIZREACH】ハイクラス向け転職サイト!

おすすめスコア:

高年収・キャリアアップの求人の情報を多く収集したいなら、ハイクラス向け転職サイトBIZREACHがおすすめです。20代で年収400万円〜600万円程度、30代で年収600万円〜800万円の人であれば、企業や転職エージェントからスカウトを数多くもらうことができるサイトです。

成長著しい企業の求人スカウト、直接企業から、または転職エージェントからもらうことができるので、今まで以上の成長環境を求めている人は、ぜひ利用しましょう。

おすすめ転職エージェント4選

①【リクルートエージェント】転職支援実績No.1の最大手 転職エージェント!

おすすめスコア:

国内最多数の非公開求人(10万件以上)を保有し、国内の転職支援実績がNo.1の転職エージェントであるリクルートエージェント』は、転職活動でまずは利用しておきたい転職エージェントです。国内No.1のエージェントだけあって、企業とのネットワークや転職にまつわる情報は豊富です。各業界に詳しい専門コンサルタントが揃っているので、自分の志向・要望にも幅広く対応してもらえます。

また、実際に選考を進める時は、書類の添削をしてくれたり、面接対策のサービスを受けれたり、企業の最新動向や風土、職場環境など独自に収集・分析した企業レポート「AGENT Report」をもらえたりと、選考対策にとても役立つサービスを、全て無料で受ける事ができるので、転職活動がはじめて、慣れていない人は必ず利用しましょう。

②【JACリクルートメント】ハイクラス転職に強い転職エージェント!

おすすめスコア:

日系・外資系ともにハイクラスの求人情報を広く保有し、ハイクラス転職に強いと定評なのが『JACリクルートメント』です。

メーカー、金融、消費財、IT業界など、各業界に特化したコンサルタントが所属し、高い専門性と深い情報を持ったプロフェッショナルなコンサルタントが転職支援をしてくれます。

1人のコンサルタントが、転職相談者と企業の両方とコミュニケーションをとる「両面型」と言われるスタイルをとっているので、社風や一緒に働く人の人柄など、求人情報にはのっていない企業の実情を教えてくれます。

③【アクシスコンサルティング】コンサル業界の転職支援実績No.1の転職エージェント!

おすすめスコア:

外資系・日系のコンサルへのキャリアアップを狙いたい方は、『アクシスコンサルティング』がおすすめです。特に、総合コンサル、ITコンサルの転職に非常に強いです。

約5,000名の現役コンサルタント、約20,000名の転職志望者を支援した実績を持っているコンサル業界の転職にとにかく強い転職エージェントです。

転職だけでなく、転職した後のその次まで見据えたキャリアパスを提案することを大切にしているので、キャリア相談も含めて利用するのがおすすめです。

【転職活動を進める場合】おすすめの転職サイト・転職エージェント
<おすすめ転職サイト2選>

BIZREACH
リクナビ

<おすすめ転職エージェント3選>
リクルートエージェント
JACリクルートメント
アクシスコンサルティング

人気No.1 転職サービス「ビズリーチ」
無料登録はこちら(公式)
人気No.1 転職サービス「ビズリーチ」
公式サイトへ