転職ノウハウ

【営業職から転職】営業経験をもつ転職のプロが全ノウハウを紹介!

お悩み中
お悩み中
営業職ですが、自分に向いていないように感じていて、転職したいです。職種を変えることも考えているのですが、転職活動はどのように進めたらいいでしょうか?
クラフツマン
クラフツマン
営業経験を持つキャリア・転職支援のプロ、クラフツマンがお答えします。(Twitterはこちら

私は20代半ばまでの約6年間営業をしていた経験を持っており、現在の仕事では多くの営業パーソンののキャリア支援を行い、転職の成功に導いた実績があるので、お悩みを解決できます。

今回は、今までの知見を生かし「営業職の転職のポイント」や「営業経験が生かせる職種」などについて紹介します。ぜひこちらを参考にして転職活動を進めてみてください。

【営業職から転職】営業経験をもつ転職のプロが全ノウハウを紹介!

営業をしている方で、転職を考えている場合、押さえるべきことは5つです。

① 営業職から転職したい理由を整理する
② 営業職で身につく重宝されるスキルを理解する
③ 営業職から転職する際におすすめの職種を知る
④ 営業職の方が使うべき転職サービス3選を知る
⑤ 自分の強み・弱みを認識する

① 営業職から転職したい理由を整理する

まずは、営業から転職したい理由を整理することです。整理する上で大切なことは「営業職自体の特性で辞めたいのか」「会社の環境(提供する商品や営業の仕方)で辞めたいのか」明確にすることです。

【営業職の人が転職したい理由の一例】
・目標数字に大きなプレッシャーを感じる。

・取引先とのコミュニケーションが苦手。
・売っている商品に自信が持てない。
・ルート営業のみで、飽きてきた。
・取引先との付き合いがしんどい。
・やりがいや成長実感が少ない。
・新規の飛び込みばかりで辛い。

・取引先との付き合い。

「営業職自体の特性」要因が強いのであれば、職種を考えることを真剣に考えた方がいいですが、「会社の環境」要因が強いのであれば、営業職のまま、会社(や業界)を変えることも選択肢に入れることが大切です。

なぜなら営業職は(意外かもしれませんが)身につくスキルは汎用性が(他で活かせられる部分が多く)あり、実は市場価値が比較的高く、あらゆる業界・企業に転職しやすい職種だからです。

一度、冷静になって営業職から転職したい理由を整理して、転職する際に、営業職から職種を絶対変えたいのか、そのまま営業職の転職をしてもいいのか、考えてみましょう。

② 営業職で身につく重宝されるスキルを理解する

営業で身についているスキルと言えば、「コミュニケーション力や提案力、行動力」などを思いつくかと思いますが、大事なのは『ポータブルスキル』として捉えることです。

『ポータブルスキル』とは、業種や職種が変わっても通用する、持ち出し可能な能力のことで「専門知識・専門技術」「仕事のしかた」「人との関わりかた」に3つに分類される能力です。

(参照)『厚生労働省 委託事業』”ポータブルスキル”活用研修 

上記以外のポータブルスキルの表し方として、仕事のし方では「業務設計力(目標から逆算して行動を設計し実行する力)」、人との関わり方では「マネジメント力」が挙げられます。

ポータブルスキルは、営業職以外の職でも必要となるスキルであるので、スキルとして高いレベルにある(根拠として実績がある)場合は、転職市場で非常に重宝されます。

③ 営業職から転職する際におすすめの職種を知る

営業職から転職する際に、おすすめしたい職は3つあります。選んだ観点は「営業職で身についたポータブルスキルが活かせる部分が大きい」かつ「未経験でも転職しやすい」です。

(※これ以外の職種に転職したい方もいると思いますが、営業職で身についたスキルも活かす部分が少ないと転職できる可能性が少ないので、転職エージェントなどプロに必ず相談しましょう。

① コンサルタント
② 人材紹介
③ カスタマーサクセス

① コンサルタント

「コンサルタント」は問題解決をする職種ですが、例えば、戦略コンサル、総合コンサル、ITコンサル、人事コンサル、WEBマーケコンサル、営業コンサルなどがあります。

コンサルタントは、知識も必要ですが、お客さんありきの仕事になるので、ポータブルスキルがとても求められる職種です。そのため、ポータブルスキルを一定身につけている営業の人だと、とても活躍できる職種です。

またコンサルタントは、未経験採用の窓口が非常に広く、年収も営業より高くなりやすい職種であるので、転職するのにおすすめの職種の一つです。

② 人材紹介

次におすすめするのは「人材紹介」です。この職種では、転職をしたい人に転職支援をする仕事と、採用をしたい企業に採用支援をする仕事の2つに分かれます。

この2つの仕事はどちらも、ポータブルスキルである業務設計力が非常に求められる仕事であること、業界知識が必要になる仕事であることから、営業の人が非常に活躍しやすい職種です。

例えば、メーカーで働いていた人は、その業界や企業について詳しい傾向にあるので、その業界の転職支援をしたり、採用支援をしたりする上で、非常に役に立つ知識をすでに持っています。

また今は、終身雇用制度は崩壊し、1社勤め上げる時代は終わり、全ビジネスパーソンにとって転職することが当たり前の時代になっているので、人材紹介の業界は非常に伸びています。そのため人材紹介企業からの採用ニーズは非常に高く、未経験の採用にも積極的です。

またこちらの仕事は、利益率が高いビジネスモデルのため、年収が比較的高かったり、独立しやすい職種でもあったりするので、稼ぎたい営業の人、独立志向のある営業の人にもおすすめの職種です。

③ カスタマーサクセス

営業に近い職種でもある「カスタマーサクセス」は、これからのトレンドを考えると非常におすすめです。

最近では、企業にサービスを売って終わりでなく、サービスを売ることから企業の支援がはじまるSaaS(*)型のサービスが増えてきており、サービスを利用する企業の課題解決、ビジネス成功のために伴走をする、この「カスタマーサクセス」という職種の採用ニーズが非常に高まっています。

(*)「SaaS」とは「Software as a Service」の略で、「サース」または「サーズ」と呼ぶ。ベンダーが提供するクラウドサーバーにあるソフトウェアを、インターネット経由してユーザー(企業や個人)が利用できるサービスです。

今後もSaaS型のビジネスをする企業は増えていくので、「カスタマーサクセス」のキャリアを築いておくことで、市場価値を上げていける可能性が高まります。

「カスタマーサクセス」は、営業の中でも、新規営業でなく、既存営業で企業に価値提供をしてきた経験を持っている人が活躍しやすい職種なので、もしそのような経験を持っている人には、ぜひおすすめしたい職種です。

④ 営業職の方が使うべき転職サービス3選を知る

営業職の方に使うべき転職サービスを3つご紹介します。転職を成功させていく人は、平均で2〜3社のサービスを併用して、自分にあった転職エージェントや求人を見つけているので、下記を参考にして複数登録しましょう。(いずれも無料のサービスです。)

① BIZREACH(ビズリーチ)

おすすめスコア:

登録ヘッドハンター数が国内最多の『BIZREACH』もおすすめです。営業職としてキャリアアップをする、営業職からキャリアチェンジする、どちらの場合でも使い勝手の良いサービスです。コンサルタント、人材紹介、カスタマーサクセスの求人提案をもらえる可能性も高いです。

また、ハイクラス求人のオファー・スカウトを多くもらえることもBIZREACHの特徴なので、年収や社格、ポジションを上げたい人には、ぜひ使ってもらいたいサービスです。

② リクルートエージェント

おすすめスコア:

リクルートエージェントは、国内最多数の非公開求人を保有しており、転職支援実績国内No.1のエージェントです。キャリアチェンジをしたい人に、必ず一度は相談をおすすめする転職エージェントです。

未経験採用となる「キャリアチェンジ」の転職の場合、そもそも応募できる求人が少ない傾向にあるので、国内最多数の求人を保有する『リクルートエージェント』に相談することで、なるべくキャリアチャレンジできる選択肢を持てるようにしましょう。

また、一度相談すると、2時間の面接対策セミナーに参加(無料)することができるようになるので、このためだけに相談にいくのも手です。

③ キャリトレ

おすすめスコア:

最後におすすめするのは『キャリトレ』です。先ほど紹介したビズリーチを運営している会社が「本気で転職したい20代向けの転職サイト」をコンセプトに2014年にリリースした転職サイトです。優秀な若手を採用したい成長著しいベンチャー・スタートアップ企業が多く掲載されています。

ベンチャー・スタートアップで成長しているところだと、役職がついたり、役職が上がったりするキャリアアップの機会や未経験職へのキャリアチェンジが可能な機会が多くあります。

最近は、待遇面(年収)で大手企業にひけをとらないベンチャー・スタートアップも増えているので、キャリアの選択肢としてベンチャー・スタートアップ企業もおすすめです。

⑤ 自分の強み・弱みを認識する

キャリアアップの転職、キャリアチェンジの転職をするにしても、自分の「強み・弱み」を認識しておくことはとても大切です。

業務を通じた自分の「強み・弱み」を知っておくことで、成果をより出しやすくなったり、転職の際に、やりたいことだけでなく、自分の強み・弱みを踏まえた企業選びができるようになったり、中長期的にキャリアップにつなげていけたりするためです。

今までの仕事を振り返って「強み・弱み」を認識していく方法もいいですが、ツールを活用して認識する方法もおすすめです。下記に詳細の記事を書いているので、参考にしてみてください。

【20代〜30代のキャリア・転職に役立つ】自己分析・市場価値算出ツールのおすすめ6選この記事は、「自分の強みや市場価値が知りたい」「自分が何に向いているのか分からない・知りたい」「より自分の理解を深めたい」そんなあなたに...

【まとめ】営業職から転職するための全ノウハウ

営業から転職を考えている方に、押さえるべきこと5つをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。1つ1つきちんと押さえることで、納得のいく転職を実現しやすくなるので、ぜひ参考にして行動してみてください。

① 営業職から転職したい理由を整理する
② 営業職で身につく重宝されるスキルを理解する
③ 営業職から転職する際におすすめの職種を知る
– コンサルタント

– 人材紹介
– カスタマーサクセス
④ 営業職の方が使うべき転職サービス3選を知る
BIZREACH
– リクルートエージェント
– キャリトレ

⑤ 自分の強み・弱みを認識する

ハイクラス転職志向が強い人には、下記の記事もご用意していますので、参考にしてみてください。

【20代ハイクラス転職】おすすめの進め方と転職サイト・転職エージェント厳選10選この記事では、ハイクラス転職支援のプロが、20代ハイクラス層の方に向けた、おすすめの「転職の進め方」「転職サイト・転職エージェント厳選10選」を紹介しています。こちらの記事を読めば、転職の成功に近づくことができます。...
【30代(ミドル)ハイクラス転職】おすすめの進め方と転職エージェント厳選10選この記事では、ハイクラス転職支援のプロが、30代ハイクラス層の方に向けた、おすすめの「転職の進め方」「転職エージェント厳選10選」を紹介しています。こちらの記事を読めば、転職の成功に近づけます。...
この記事を読んでいる方におすすめの記事