転職ノウハウ

【20代転職ガイド】おすすめ「転職サイト」5選 / タイプ別「転職エージェント」10選

この記事は、20代で転職を考えている、転職活動の進め方を知りたい、自分に合った転職サイトや転職エージェントを知りたい、あなたにオススメです。

「20代ビジネスパーソンの方の転職支援をしてきた経験」と「自身4回の転職活動をしてきた経験」をもとにして、20代で転職を考えている人向けに「転職ガイド」として情報をまとめました。

この記事を読み終えると、「20代の転職活動」をどのように進めていけばよいのか明確になり、自分にあった、効率的かつ効果的な転職活動のスタートをすることができます。

20代転職ガイド「3つの手順」

結論、「20代転職ガイド」は、下記の3つを順に進めていくことが大切です。

① おすすめの「転職サイト」で情報収集をする
② タイプ別の「転職エージェント」で転職活動を進める
③「クチコミメディア」や「市場価値診断ツール」を②のサポート的に活用する

① おすすめの「転職サイト」で情報収集をする

「転職サイト」は、あくまでも採用募集をしている企業・求人を知る情報収集ツールとして活用します。登録すると企業からのスカウトもきますが、ここで選考を進めることはおすすめしていません。

「企業がどんな人を求めているのか」「選考の内容はどんなものか」など把握せず、選考受けてしまうと、自ら選考突破の確率を低くしてしまうようなものです。企業からのスカウトは、あくまでも自身の市場価値を客観的に把握するものとして活用しましょう。

② タイプ別の「転職エージェント」で転職活動を進める

「転職サイト」を活用して、採用している企業・求人を知ることができたら、「転職エージェント」に相談をしていきましょう。その際は、後ほど紹介する、タイプ別の転職エージェントを複数活用するのがポイントです。

自分と相性の良い、信頼のおける転職エージェントを複数人見つけるためです。

転職エージェントへの相談時には、企業を選ぶ軸と合わせて、情報収集の中で自分が気になった企業も伝えるのがポイントです。そこからあなたの志向を把握し、非公開で採用募集している企業・求人を紹介してくれる確率が上がります。

③ 「クチコミメディア」や「市場価値診断ツール」を②のサポート的に活用する

転職エージェントに相談するのと並行して、企業のリアルを知ることができる「クチコミメディア」や自分の市場での相場感が分かる「市場価値診断ツール」を活用して、なるべく客観的な情報も取り入れましょう。

そうすることで、選考が進める上で、また企業を選ぶ上で、自分で判断できることが増えます。

では、ここからは、具体的に、「転職サイト」「転職エージェント」「クチコミメディア」「市場価値診断ツール」をご紹介していきます。

おすすめ「転職サイト」5選

情報収集のために、「転職サイト」を複数利用するのがおすすめです。ここでは、厳選して5つをご紹介します。正直、この5つ以外から選ぶのは、時間の無駄になる可能性が高いくらい厳選しました。

・幅広く企業の情報を集められる『リクナビNEXT』『BIZREACH
・IT領域のベンチャー・スタートアップ企業の情報を集められる『キャリトレ
・年収500万円以上の求人を出しているハイクラス企業の情報を集められる『AMBI
・外資系企業や英語を使った求人の情報を集められる『Career Cross

リクナビNEXT

おすすめスコア:

リクルートが運営する国内最大級の転職サイトリクナビNEXTです。転職活動する人が最も多く登録している転職サイトです。

掲載されている企業数は、どの転職サイトよりも数が多く、ジャンルや年収の幅の網羅性も高いので、マーケットの感覚を掴む・広く情報を得る上では、これ以上ない転職サイトかと思います。これさえ登録してあれば、総合型の「マイナビ」や「doda」は登録しなくて良いです。

BIZREACH(ビズリーチ)

おすすめスコア:

幅広くハイクラス求人の情報を知りたい場合は、BIZREACHがおすすめです。

最近はCMでよく目にする機会が増えましたが、掲載企業数やヘッドハンター人数、求人数(公開求人数は109,000件以上、非公開求人数は23,000件以上)は、国内トップクラスです。

またハイクラス案件が多いので、『リクナビNEXT』に掲載がなかった企業・求人を知ることもできます。

キャリトレ

おすすめスコア:

IT領域のベンチャー・スタートアップ企業を知りたい場合は、キャリトレ活用するのがおすすめです。

キャリトレに掲載されている求人に対して「興味がある」or「非表示」を選択することで、キャリトレの人工知能が好みを分析・学習してくれ、自身の希望条件にマッチした求人をレコメンドしてくれるようになっているので、思わぬ企業・求人との出会いもあります。

AMBI(アンビ

おすすめスコア:

年収500万円以上、幹部候補の求人を出している企業を知りたい場合は、「20代ハイクラスのための転職サイト」がコンセプトのAMBIがおすすめです。

世の中の求人トレンドや有名企業で働く若手ビジネスパーソンへのインタビュー記事などの情報も掲載されているので、キャリア感を磨くのでも役立ちます。

企業の人事担当者や転職エージェント(ヘッドハンター)が自分の合格可能性を判定してくれる「マイバリュー」という機能もあるので、自身の市場価値を判断する上で使ってみるのも一つの手です。

Career Cross(キャリア クロス)

おすすめスコア:

外資・グローバル企業・求人の情報を知りたい場合はCareer Crossがおすすめです。常時5,000件以上の求人があり、英文履歴書の書き方やテンプレート、カバーレターの作成方法など、外資系企業特有の転職ノウハウも充実しています。

タイプ別「転職エージェント」10選

ここから、タイプ別の「転職エージェント」厳選10選をご紹介します。

・「キャリアアップ↔︎キャリアチェンジ」どちらを狙うのか?
・「求人件数↔︎サポート」どちらを重視したいのか?によって、

おすすめする転職エージェントを、下記のように「A〜D」のタイプに分けています。

自身のタイプが決まっている人は、1つのタイプ内で複数の転職エージェントを活用してください。

まだ自身のタイプが定まっていないようなら、複数のタイプ内で、転職エージェントを複数利用してください。(その場合は、実際に選考を進めるタイミングで、転職エージェントの絞り込みをしましょう。)

Aタイプ「キャリアアップ狙い×求人件数重視」転職エージェント3選

キャリアアップを狙いたい人で、数多くの求人情報と出会いたい人は、このAタイプの転職エージェントを利用するのをおすすめします。

BIZREACH(ビズリーチ)

おすすめスコア:

幅広くハイクラス求人をみてキャリアアップを狙いたい場合は、間違いなくBIZREACHがおすすめです。

最近はCMでよく目にする機会が増えましたが、掲載企業数やヘッドハンター人数、求人数(公開求人は109,000件以上、非公開求人は23,000件以上)は国内トップクラスです。登録してから短期間でヘッドハンターから、あなたのキャリア踏まえたスカウトが数多く届きます。

転職支援内容や実績から「S・A・B」とランクづけもされており、転職エージェントの良し悪しを判断できるので、かなり役立ちます。

リクルートエージェント

おすすめスコア:

リクルートエージェントは、国内最多数の非公開求人を保有しており、転職支援実績は国内No.1のエージェントです。総合型とはいえ、各領域に詳しいエージェントが揃っているので、どんなエージェントよりも、あなたの志向・要望にも対応できる可能性が高いエージェント集団です。

実際に選考を進める時は、書類の添削をしてくれ、企業の最新動向や風土、職場環境など独自に収集・分析した企業レポート「AGENT Report」も提供してくれます。

※NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社による「転職エージェントおよび転職関連サイト」の利用者を対象にした2018年の調査では1位を獲得しています。
(参照)NPS®ベンチマーク調査 2018【転職エージェント・転職関連サイト】

ランスタッド

おすすめスコア:

ランスタッドは、世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持っている転職エージェントです。どの領域にも広く対応しており、求人も多く保有している総合型のエージェントですが、特に「消費財・製造業・管理部門」でハイクラスを目指す20代後半の転職支援実績が多いのが特徴的です。

Bタイプ「キャリアアップ狙い×サポート重視」転職エージェント4選

キャリアアップを狙いたい人で、転職エージェントから手厚いサポートを受けたい人は、このBタイプの転職エージェントを利用するのをおすすめします。

パソナキャリア

おすすめスコア:

パソナキャリアは、利用した多くの人から「サポートが手厚い」と定評がある転職エージェントです。実際自身の転職活動で利用した時、キャリア・転職相談に親身に乗ってくれたことは、好印象でした。

今までの転職支援の成功実績が25万人以上、年収UP率67.1%と、豊富な実績と企業への交渉力を持っています。年収UPを狙った転職なら、ここに相談することをおすすめします。

※顧客満足度を調査するオリコンによる転職エージェント調査でも、他社の転職エージェントを押さえ、2019年ランキングで1位を獲得しています。
(参照)2019 年 オリコン顧客満足度調査 満足度が高い″転職エージェント“ランキング

JACリクルートメント

おすすめスコア:

日系・外資系企業のハイクラス×高年収のキャリアップにチャレンジしたい方はJACリクルートメントがおすすめです。世界11ヶ国に展開しているイギリスで設立された日系のハイクラスエージェントです。

各業界や職種に特化してコンサルタントを配置していることもあり、高い専門性と深い情報を持ったプロフェッショナルのエージェントが多いので、最新のハイクラス求人オファーをもらえることに加え、その業界・企業でのキャリアパスの相談にも、しっかりのってもらえるのが特徴的です。

ロバートウォルターズ

おすすめスコア:

外資系・日系のグローバル企業への転職、英語を活かした仕事でキャリアップをしたい方であれば、ロバート・ウォルターズがおすすめです。

イギリス、アメリカ、ドイツ、日本、オランダ、オーストラリアなど世界28ヶ国の主要都市にオフィスを構え、日本では「グローバル人材に特化」し、「英語を活かせる求人」だけを紹介しているエージェントです。

30年以上蓄積したノウハウを元にして、経験豊富な業界専門キャリアコンサルタントがチーム体制でサポートするスタイルで、コンサルタントは全員バイリンガルです。

アクシスコンサルティング

おすすめスコア:

外資系・日系のコンサルへのキャリアアップを狙いたい方は、アクシスコンサルティングがおすすめです。

約5,000名の現役コンサルタント、約20,000名の転職志望者を支援した実績を持っているコンサル業界に強い転職エージェントです。コンサル業界との強いパイプをもち、非公開の求人は全体の8割弱を占めています。

コンサル業界への転職を強みにするエージェントは、他にもいますが、基本的にエグゼクティブや30代〜40代の年齢を対象とするエージェントが多く、20代(コンサル未経験)の方が相談したとしても、なかなかしっかりとサポートを受けることが難しいことがあります。

その点、アクシスコンサルティングは、20代でも丁寧に相談にのってくれるエージェントで、転職とその次までを見据えたキャリアパスを提案することを大切にしているのが特徴的です。

その証拠として、ある転職サイトを運営する会社で、質の高いキャリアコンサルティングとして、「Most Valuable Agent」を受賞をしています。

Cタイプ「キャリアチェンジ狙い×求人件数重視」転職エージェント2選

キャリアチェンジを狙いたい人で、数多くの求人情報と出会いたい人は、このCタイプのエージェントを利用するのをおすすめします。

WORKPORT(ワークポート)

おすすめスコア:

IT・Web業界へのキャリアチェンジを狙いたい方は、WORKPORTがおすすめです。

最近、IT・Web以外の領域にも転職支援をする総合型の転職エージェントに変貌しましたが、それまでの10年間は、IT・Web業界で専門で転職支援をしてきたエージェントです。IT・Web業界の企業約2,000社と取引実績があり、常時15,000件以上の求人を保有しています。

マイナビエージェント

おすすめスコア:

マイナビエージェント』は、『リクルートエージェント』と並ぶ、国内有数の総合型転職エージェントです。

全国の大手上場企業〜人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで広い太いパイプを持っており、転職のサポートが手厚いと20代から定評があります。キャリアチェンジ志向の方におすすめの転職エージェントです。

Dタイプ「キャリアチェンジ狙い×サポート重視」転職エージェント1選

キャリアチェンジを狙いたい人で、転職エージェントから手厚いサポートを受けたい人は、このDタイプのエージェントを利用するのをおすすめします。

マイナビジョブ20’s

おすすめスコア:

マイナビジョブ20’sは、20代に特化した転職エージェントで、第二新卒〜20代後半までの転職に熟知したキャリアアドバイザーが、適性診断による自己分析や、選考通過率をアップさせるための書類添削・面接対策など、転職活動をトータルにサポートしてくれます。

キャリアチェンジをしたいと思っているけど、少しでも不安に感じる人は、サポートが手厚いと定評のマイナビジョブ20’sをおすすめします。

「クチコミメディア」や「市場価値診断ツール」5選

転職エージェントのサポートを受けながら選考を進めていくのと並行して、企業のリアルが分かる「クコミメディア」や自分の市場価値がどれくらいなのか?客観的に知ることができる診断ツールを活用するのも大切です。

企業を選ぶのに冷静な判断ができたり、自身が選考突破する確率や年収オファーの相場感を掴めたりするためです。

おすすめの「クチコミメディア」2選

キャリコネ

おすすめスコア:

1つ目は、キャリコネです。実際の年収・企業口コミサイトとして、多くのビジネスパーソンから支持を得ているサイトです。10万件以上の企業口コミがあり、下記のような情報を見ることができます。

会社の口コミ
「報酬」「働く環境」「やりがい」「出世」「残業・休日出勤」「長所・短所」「退職理由」「女性の働きやすさ」

企業の情報
「年収・給与明細」「転職・採用面接」「残業・休日出勤」「ホワイト・ブラック度」「口コミサイト比較」「
求人情報」

上記の情報は、転職サービスに登録することで全て見れるので、実際に選考に進むかどうか判断する意味で、会員登録して利用するのがおすすめです。

OpenWork(オープンワーク)

おすすめスコア:

2つ目は、『OpenWork(オープンワーク)』です。社員・元社員のリアルな投稿をもとにした『会社の評価スコア』と『社員のクチコミ』を見ることができます。

会社の評価スコア
「総合評価 」「待遇面の満足度」 「社員の士気」「風通しの良さ」「社員の相互尊重」「20代成長環境」「人材の長期育成」「法令順守意識」「人事評価の適正感」

社員のクチコミ
「組織体制・企業文化」「入社理由と入社後ギャップ」「 働きがい・成長」「女性の働きやすさ」「ワーク・ライフ・バランス」「退職検討理由」「企業分析[強み・弱み・展望]「経営者への提言」「年収・給与」

おすすめ「市場価値診断ツール」3選

ミイダス

おすすめスコア:

ミイダスは、自分の職務経歴やスキルを入れることで、類似ユーザーを見つけ出し、「自分の市場価値=平均年収」を提示してくれるサービスです。

すぐに転職を考えているわけではないけど、自分の市場価値を知りたいという人からとても人気を集めています。参考までに実際に私の経歴で、診断をした結果をご紹介します。

ミイダス』も会員登録するだけ(無料)で、市場価値の算出や企業から直接オファーをもらうことができます。自身の市場価値を知れるだけでなく、どんな企業からスカウトをもらうことができるのか知ることもできるので、気になる人は、登録してみてください。

年収査定

おすすめスコア:

doda』に『年収査定』サービスがあります。『doda』が支援してきた今までの転職者186万人のデータと機械学習によって、高精度に適正年収を算出してくれます。

また現在の適正年収だけでなく、今後30年間の年収推移のグラフ、キャリアの可能性、転職事例、求人の紹介などもしてくれます。

年収診断

おすすめスコア:

約38年の歴史があるリクルートエージェント(転職実績は累積37万人以上)が提供しているサービスの一つに年収診断があります。サイトに会員登録し(無料)、年収診断のページから、自分の年齢や現在の収入などを入力し、その後に15問の質問に答えるだけで、自分の年収相場が分かります。3分程度できるので、気になる人は登録してやってみてください。

まとめ

今回の記事は、20代で転職を考えている、転職活動の進め方を知りたい、自分に合った転職サイトや転職エージェントを知りたい、あなたにオススメさせてもらいましたが、いかがだったでしょうか。

結論、「20代転職ガイド」は、下記の3つを順に進めていくことが大切ですので、こちらの記事を参考にして、転職活動を進めてみてください。

① おすすめの「転職サイト」で情報収集をする
② タイプ別の「転職エージェント」で転職活動を進める
③「クチコミメディア」や「市場価値診断ツール」を②のサポート的に活用する

またこちらの記事も合わせてご参考にしてみてください。

【20代~30代の転職】初めて転職活動する方にオススメする記事まとめこの記事は、転職アカデミアに初めて訪れた方、初めての転職活動をする、というあなたにオススメです。 この『転職アカデミア』で今まで書...
【第二新卒の転職】成功するコツとおすすめの転職サイト・転職エージェント10選この記事は、第二新卒で転職を考えている、第二新卒ならではの転職のコツを知りたい、第二新卒の転職をする際におすすめの転職サイトや転職エージ...
【20代転職の鉄則】やりたいことがないなら「成長産業の企業で働くべし」この記事は、現在の仕事にやりがいを感じていない、やりたいことは特に決まっていないけどもっと成長できる環境で働きたい、20代の転職どのよう...
【転職すべき?】20代(第二新卒)営業職の市場価値を解説するこの記事は、「20代で営業職だけどこのまま働いていいんだろうか?」「営業職から転職したいけど、実際自分の市場価値はどうなの?」そんな疑問...
【20代ハイクラス転職】おすすめの進め方と転職サイト・転職エージェント厳選10選この記事では、ハイクラス転職支援のプロが、20代ハイクラス層の方に向けた、おすすめの「転職の進め方」「転職サイト・転職エージェント厳選10選」を紹介しています。こちらの記事を読めば、転職の成功に近づくことができます。...

https://tenshoku-academia.com/how-to-change-career/