キャリアを考える

企業の成長フェーズにおける「やりがい」と「求められる人材」とは?

この記事は、

・成長する企業で働きたい
・成長する企業において、どんなやりがいがあるか知りたい
・成長する企業フェーズにおいて、どんな人材が活躍するか知りたい

そんな思いや考えを持っている方におすすめの記事です。

市場価値があがる人材というのは、やりがいやスキルの観点からフィットする成長企業をきちんと選べていることが多いです。誰にとっても、フィットする企業はないので、自分にフィットする企業はどんなものか?自分で知っておくことが重要です。

まず、フィットする企業を選ぶ上では、「どの成長段階にある=どの成長フェーズにある企業か」「どういうやりがいがあるか」「求められる人材とはどんなものか」この3つを押さえるのがポイントです。具体的にご紹介していきます。

どの成長段階にある=どの成長フェーズにある企業か

企業の成長フェーズには、大きく4つに分けることが可能です。

① 創業期:0→1 フェーズ
② 立上期:1→10 フェーズ
③ 成長期:10→100 フェーズ
④ 拡大期:100→1000 フェーズ

① 創業期:0→1 フェーズ

起業家が創業して、まだまもない時期で、プロダクトやサービスも生んだり、作り込みをしていたりするフェーズです。企業として、組織としても、まだまだ仕組み化されておらず、制度もあってないような状況です。いわゆるカオスと言われる状況が当たり前なのが、このフェーズの特徴でもあります。

② 立上期:1→10 フェーズ

プロダクトやサービスのビジネスモデルを構築し、売上も組織も大きな成長を目指すフェーズです。この時期は、属人的な力に頼るチームから「組織」へと進化していくタイミングでもあります。そのため、徐々に働く環境や仕組み、制度が整っていきます。

③ 成長期:10→100 フェーズ

売上も堅調に推移しており、組織も100名規模以上が当たり前になってくるフェーズです。より大きな成長に向けて、事業のグロースだけでなく、企業の新しい成長の柱となる新規事業開発にも積極的に取り組んでいくことが必要となるフェーズです。また働く環境や仕組み、制度もかなり整ってきており、コーポーレートガバナンスの強化も実施されていくのが、このフェーズです。

④ 拡大期:100→1000 フェーズ

企業として、世の中に対して、一定の認知がとれ、さらなる大きな成長を目指していくフェーズです。例えば、マザーズ上場だったのが、東証2部上場、東証1部上場と、ステージを上げていくのもこのフェーズの特徴です。マスへの認知をより一層獲得するために、CMなどのプロモーションを行うこともあります。

企業の各成長フェーズにおける「やりがい」と「求められる人材」とは?

① 創業期:0→1 フェーズでの「やりがい」と「求められる人材」

サービスやビジネスモデル、仕組みや制度もまだまだ整っていないカオスな状況でもあるので、自らの介在価値が大いに発揮できる状況です。創業メンバーのみで事業やサービスを開発・進めるので、自ら考えたことが、すぐ実行に移すことができます。自分の影響を発揮したい人にとって、この上ない環境があるのがこのフェーズです。

このフェーズで求められるのは、CXOになる覚悟とスキル(のポテンシャル)を持っていて、「営業・マーケ、事業開発など複数の業務をマルチタスクで(高いレベルで)こなすことができ、新しいものを自らの力で生み出していける人物です。

② 立上期:1→10 フェーズでの「やりがい」と「求められる人材」

属人的な力に頼るチームから「組織」へと進化していくこのフェーズでは、企業やサービスの成長を大いに感じることができます。自分たちが大きな飛躍をしている実感を得ながら、自分の専門性を活かしたチャレンジ機会を多く手にすることができます。

このフェーズで求められるのは、ある程度のマルチタスク能力を、ある業務のスペシャリストとしての能力を持っている人物、また組織へと進化するのを率いながら、自らの活躍していけるプレイングマネージャーの動きができる人物です。

生み出されたサービスを、市場(顧客)の声に真摯にかたむけながら、改善を繰り返していける、高いレベルでPDCAを回していける人物は、非常に重宝されます。

③ 成長期:10→100 フェーズでの「やりがい」と「求められる人材」

組織も100名以上、事業のグロースだけでなく、企業の新しい成長の柱となる新規事業開発にも積極的に取り組むことが必要なこのフェーズで求められるのは、自身のスペシャリティを発揮しながら、ルールメイキングとマネジメントをしっかりこなしていける人物です。

また他にも、自社のアセットを活用したり、組み合わせたりすることで、企業の新たなる成長の柱となる事業やサービスを生み出していける、事業開発のスペシャリストも求められます。

④ 拡大期:100→1000 フェーズでの「やりがい」と「求められる人材」

企業としてさらなる大きな成長を目指していくこのフェーズでは、対峙するマーケットに対して大きな影響力を発揮することができ、新しいトレンドや文化、人の行動習慣を変えていくことができます。自分たちの手で、社会を大きく動かしていけるインパクトの大きさと責任と誇りを感じながら、仕事をすることができます。

このフェーズで求められるのは、大局観や大義を持ち、自らの高いスペシャリティを活用し、他者を巻き込みながら、プロジェクトを遂行できる人物です。また企業としてのカバナンスや組織のルールもしっかり守っていける人物であることも大切なポイントです。

成長フェーズの企業の情報を得たいなら「転職サイト」を利用しよう

成長する企業の情報を広く得たいなら、転職サイトを活用するのがおすすめです。

なぜなら、転職サービスを利用している企業は、採用をしたい目的で利用しているため、かなりの確率で、企業が成長している、これからも成長が期待できる企業の集まりだからです。

転職サイトは、転職を決意した転職活動をする時だけに利用するのでなく、「他の企業ってどうなんだろう?」「今よりも面白い企業ってあるのだろうか?」と、カジュアルに情報収集程度に利用するのに、非常に役立ちます。

今回は、あらゆる転職サイトの中でも、まずはこれだけ利用したら良いというものを厳選して3つご紹介します。

BIZREACH(ビズリーチ)

成長著しい企業やハイクラスの求人案件を知りたい場合は、間違いなくBIZREACHを利用しましょう。

最近はCMでよく目にする機会が増えましたが、掲載企業数やヘッドハンター人数、求人数(公開求人数は109,000件以上、非公開求人数は23,000件以上)は、国内トップクラスです。

キャリトレ

IT領域で成長するベンチャー・スタートアップ企業を主に知りたい場合は、キャリトレを利用しましょう。

キャリトレに掲載されている求人に対して「興味がある」or「非表示」を選択することで、キャリトレの人工知能が好みを分析・学習してくれ、自身の希望条件にマッチした求人をレコメンドしてくれるようになっているので、思わぬ企業・求人との出会いもあるので、偶発的な出会いも楽しむのも面白いかと思います。

AMBI(アンビ

20代、高年収の案件がある成長企業の情報を知りたい場合はAMBIを利用しましょう。

世の中の求人トレンドや有名企業で働く若手ビジネスパーソンへのインタビュー記事などの情報も掲載されているので、キャリア感を磨くのでも役立ちます。

企業の人事担当者や転職エージェント(ヘッドハンター)が自分の合格可能性を判定してくれる「マイバリュー」という機能もあるので、自身の市場価値を判断する上で使ってみるのも一つの手です。

まとめ

今回の記事は、

・成長する企業で働きたい
・成長する企業において、どんなやりがいがあるか知りたい
・成長する企業フェーズにおいて、どんな人材が活躍するか知りたい

そんな思いや考えを持っている方におすすめをさせてもらいました。成長する企業でも、フェーズによって、やりがいや求められる人物というのは変わってきます。市場価値をあげるには、企業内での実績や評価をしっかり得ることが必要になります。

どんなフェーズでも活躍できるという人はいないので、キャリアの中で早めに自分がどんな企業フェーズで、どんな形だとバリューを発揮しやすいのか、自身で把握し、その環境に身を置けるようにしていきましょう。

もし今の環境で活躍しにくいのであれば、外の環境=他社にその環境を求めるのも一つの手ですので、その場合は、積極的に転職活動をしましょう。(転職の意思決定はもちろん慎重に。)

今回は、以上です。少しでもご参考になることがあれば幸いです。

p.s…
ベンチャー・スタートアップ企業の選び方、おすすめの進め方転職サイトや転職エージェント、20代30代ハイクラス転職の記事もあるので、よければ参考にしてみてください。

【必読】ベンチャー・スタートアップ企業の選び方とは【転職支援のプロが解説】ベンチャー・スタートアップ企業への転職を考えている方に向けて、「5つの観点による企業の選び方」や「転職の手順」について書いています。...
【ベンチャー・スタートアップへ転職】おすすめの進め方と転職サイト・転職エージェント10選このページでは、転職支援のプロが、ベンチャー・スタートアップ企業への転職を考えている方に、おすすめの「転職の進め方」「転職サイト・転職エージェント厳選10選」を紹介しています。こちらの記事を読めば、転職の成功に近づくことができます。...
【20代ハイクラス転職】おすすめの進め方と転職サイト・転職エージェント厳選10選この記事では、ハイクラス転職支援のプロが、20代ハイクラス層の方に向けた、おすすめの「転職の進め方」「転職サイト・転職エージェント厳選10選」を紹介しています。こちらの記事を読めば、転職の成功に近づくことができます。...
【30代ハイクラス転職】おすすめの進め方と転職エージェント厳選10選この記事では、ハイクラス転職支援のプロが、30代ハイクラス層の方に向けた、おすすめの「転職の進め方」「転職エージェント厳選10選」を紹介しています。こちらの記事を読めば、転職の成功に近づけます。...