転職ノウハウ

【ハイキャリア人材とは?】成功する転職の進め方

お悩み中
お悩み中
「ハイキャリア人材」とは、どんな人材でしょうか?またハイキャリア人材の転職はどのように進めるのがいいですか?
クラフツマン
クラフツマン
ハイキャリア人材のキャリア・転職支援に豊富な実績をもつクラフツマンがこれからお答えします。(Twitterはこちら

今回の記事では、『ハイキャリア人材』の定義をご紹介した上で、「どのように転職活動を進めていくのが良いか」お伝えします。

結論として、ハイキャリア人材の転職活動は、下記3つのサービスの併用して進めるのがポイントです。

BIZREACH(ビズリーチ)
JACリクルートメント
CAREER CARVER(キャリアカーバー)

ハイキャリア人材とは?

『ハイキャリア人材』とは、一言で表すなら「市場価値の高い(即戦力)人材」のことです。

決して「高学歴だから」「大企業に働いているから」という理由だけで、『市場価値の高い=ハイキャリア人材』であるわけではありません。

高学歴でもなく、スタートアップやベンチャー(中小)企業で働いている人でも『ハイキャリア人材』は多く存在しています。

『ハイキャリア人材(か否か)』は、実は、下記の3つの観点から判別することができます。

この3つの観点をなるべく多く押さえているほど、またそれぞれの水準が高いほど『ハイキャリア人材』を言えます。

ハイキャリア人材かを判断する3つの観点
① 実績を伴うスキル・経験を持っている

② マネジメント経験がある
③ 年収が高い

① 実績を伴うスキル・経験を持っている

ここでの「実績」は、会社や所属する部署・担当するサービスに対して、数字(売上・利益・成長率)で高いレベルかどうかが基準です。

単に「こんなスキル・経験があります」「目標達成率100%」では、『ハイキャリア人材』とは見なされず、きちんと誰もが聞いても、「凄いですね!」を思えるインパクトのある実績を出していることが肝心です。

例えば、「責任者として新規事業を立ち上げをゼロから行い、初年度で●億円の売上をつくり、会社の昨年対比売上120%に貢献しました。」といった実績は、転職市場において非常に評価が高く、市場価値の高い人材として見なされやすいです。

② マネジメント経験がある

自分1人のことでなく、多くの人をマネジメントしながら成果を出してきた経験がある人(一般的に役職ある人)は、『ハイキャリア人材』として見なされやすい傾向にあります。

(専門性の高い知見・スキルをもち、高い実績を出すプロフェッショナル型のハイキャリア人材もいますが、それは特筆すべき秀でた知見・スキルをもつごく一部の人です。)

③ 年収が高い

年収が高い人は、必ず『ハイキャリア人材』であるとは言えないですが、一般的には年収が高い人ほど「ハイキャリア人材」と見なされる傾向が強いです。

(営業インセンティブがやたらと高い仕事をしている人は除きます。)

一般的に転職市場において、『ハイキャリア人材』として見なされるのは、最低でも「20代で600万円以上」「30代で800万円以上」で、

「20代で1000万円以上」「30代で1500万円以上」であれば、かなりのハイキャリア人材と言えます。

ハイキャリア人材の「成功する転職の進め方」

『ハイキャリア人材』の転職の成功の鍵は、「いかに自分の経験・スキルが活かすことができる質の高い非公開求人を得られるか」です。

『ハイキャリア人材』の求める働く内容や環境、待遇などにハマる求人数は、一般のビジネスパーソンが提供される求人数よりもどうしても少ない傾向にあります。

それは、求人要件の難易度が高く、またポジション枠数も少ないためです。

そういった状況なので、質の高い非公開求人を得るためのネットワークをつくっていく動きが、『ハイキャリア人材』には求められます。

質の高い非公開求人というのは、企業から信頼されているレベルの高い転職エージェントに集まりがちで、また転職エージェントによって非公開求人の種類が違うので、複数人のレベルの高い転職エージェントに相談する必要があります。

今回、レベルの高い転職エージェントに出会える可能性が限りなく高く、私クラフツマンが個人的に利用しておすすめだと感じた3つをご紹介します。

ハイキャリア人材におすすめ転職サービス厳選3選

転職エージェントを1つ、ハイクラスの転職エージェントと出会える可能性が高い転職エージェントマッチングサービスを2つご紹介します。

①【年収600万円〜2000万円の転職支援に強い】JACリクルートメント

おすすめスコア:

一番最初におすすめするのは、日系・外資系企業両方の高年収の求人を多くもっている転職エージェント『JACリクルートメント』です。

メーカー、金融、消費財、IT業界など、各業界に特化したコンサルタントが所属しており、業界特化の分、高い専門性と深い情報を持っているのが特徴です。

ハイキャリア人材の転職支援に定評があり、転職実績を数多く出していることもあり、採用企業からの信頼も厚く、質の高い非公開求人を多く保有しています。

【ハイキャリア人材を支援する転職エージェントの宝庫】BIZREACH

おすすめスコア:

次におすすめしたいのは、ハイキャリア人材の転職支援に強いレベルの高い転職エージェントが数多く利用している『BIZREACH(ビズリーチ )』です。

約4,100人の転職エージェントが登録している転職サービスです。

年収750万円以上の場合「ハイクラス会員」の称号がつくので(750万円未満はタレント会員)その称号をもっていると、かなりレベルの高い転職エージェントから、短期間のうちに数多くのスカウトをもらうことができます。

また転職エージェントは「S・A・B・C・なし」とランクづけされているので、相談する前に、転職エージェントの良し悪しを判断する参考ができます。

③【ハイクラス支援の実績豊富な転職エージェントが多く利用】CAREER CARVER

おすすめスコア:

最後におすすめしたいのは、リクルートがハイクラス層に特化して運営している『CAREER CARVER(キャリアカーバー)』です。

年収800万円〜2000万円の求人を保有している転職エージェントが多く集まっている転職エージェントマッチングサービスです。

登録している転職エージェント数は1600人ほどですが、『BIZREACH』を使っている転職エージェントより、年齢層が比較的高い傾向にあります。

年齢層の違いもあるので『BIZREACH』ではスカウトされないような非公開求人のスカウトがあります。

【まとめ】

今回の記事では、『ハイキャリア人材』の定義をご紹介した上で、「どのように転職活動を進めていくのが良いか」お伝えしましたが、いかがだったでしょうか。

ハイキャリア人材が転職を成功させるためには、「いかに自分の経験・スキルが活かすことができる質の高い非公開求人を得られるか」です。

ぜひ下記の転職エージェント・サービスを利用して、質の高い非公開求人を得るためのネットワークを築いてください。

ハイキャリア人材におすすめ転職サービス厳選3選
JACリクルートメント
BIZREACH
CAREER CARVER

ご参考になれば幸いです。20代、30代のハイクラス転職についても記事もありますので、興味ある方はご覧ください。

【20代ハイクラス転職】おすすめの進め方と転職サイト・転職エージェント厳選10選この記事では、ハイクラス転職支援のプロが、20代ハイクラス層の方に向けた、おすすめの「転職の進め方」「転職サイト・転職エージェント厳選10選」を紹介しています。こちらの記事を読めば、転職の成功に近づくことができます。...
【30代(ミドル)ハイクラス転職】おすすめの進め方と転職エージェント厳選10選この記事では、ハイクラス転職支援のプロが、30代ハイクラス層の方に向けた、おすすめの「転職の進め方」「転職エージェント厳選10選」を紹介しています。こちらの記事を読めば、転職の成功に近づけます。...