転職成功ノウハウ

総合コンサルティングファームへの【転職ガイド】

知りたい
知りたい
アクセンチュアやデロイトなど総合コンサルティングファームに興味があり、転職も視野に入れています。総合コンサルの仕事や転職について教えてください
クラフツマン
クラフツマン
総合コンサルへの転職支援や、総合コンサルで働くビジネスパーソンのキャリア・転職支援をしてきた私クラフツマンTwitterはこちらがお答えします。

ここ数年で、急激に総合コンサルへの転職する人が増えてきています。

デジタルトランスフォーメーション(DX)したい企業が増えており、総合コンサルへプロジェクトの依頼が増え、総合コンサルのキャリア採用ニーズが高まっているからです。

結論、総合コンサルへ転職したい人は、下記2つの転職サービスを併用することがおすすめです。

アクセンチュアやBIG4とのパイプが強く、総合コンサルへの転職支援実績が豊富なアクシスコンサルティング』と、総合コンサルの転職支援に強い転職エージェントが数多く登録しているBIZREACH(ビズリーチ)』です。

 

総合コンサルティングファームとは

『総合コンサルティングファーム』とは、「経営・事業の戦略策定〜業務の改革〜システムの実装」を自分たちで一気通貫で行い、企業の課題を解決していくコンサルティングファームのことを指します。

その手掛ける領域の広さから、”総合”コンサルティングファームと呼ばれています。

総合コンサルティングファームの仕事(業務領域)とは

総合コンサルの業務領域はざっくり下記の図のようになります。(※戦略コンサルやITコンサルとの業務領域の違いも分かるようにしています。)

総合コンサルは、主に「オペレーション領域」である “ 業務改革・設計 ” に強く、戦略コンサルの業務領域である「ストラテジー領域」やITコンサルの業務領域である「システム(IT)領域」も手掛けています。

総合コンサルの特徴として「業界(縦軸)」×「機能(横軸)」で各部門を作り、企業から依頼されたプロジェクトに取り組んでいく形が挙げられます。(中途採用も各部門ごとに行われることが多いです。)

(出典)アクセンチュア コンサルティング

主要な総合コンサルティングファーム一覧

国内で主要な総合コンサルティングファームは下記です。

・アクセンチュア
・デロイト トーマツ コンサルティング
・PwCコンサルティング
・EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング
・KPMGコンサルティング
・アビームコンサルティング
・シグマクシス
・日本IBM
・クニエ

上記の中でも、中途採用の意欲が高く、転職希望者から人気が高い総合コンサルは、

世界最大規模の「アクセンチュア」
『BIG4』という名称でくくられる、会計系の総合コンサルである
「デロイト トーマツ コンサルティング」
「PwCコンサルティング」
「EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング」
「KPMGコンサルティング」
の計5社です。

下記に5社の概要をまとめました。

アクセンチュア

世界55ヵ国以上に展開し、グローバルで約50万人以上、日本で約14,000人以上の社員を抱える、世界最大規模のコンサルティングファームです。

「①ストラテジー」「②コンサルティング」「③デジタル」「④テクノロジー」「⑤オペレーションズ」の5つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供しており、いち企業全体のビジネス変革支援ができる総合力の高さが特徴です

あらゆる産業・企業のビジネスがデジタル化(デジタルトランスフォーメーション=)の流れにあり、アクセンチュアはそのデジタル化を支援する中心的なプレイヤーと言えるほど、日本でも世界でも勢いのあるコンサルティングファームでもあります。

デロイト トーマツ コンサルティング

世界150ヵ国以上に展開し、グローバルで約25万人以上、日本で約3,200人の社員を抱え、日本の中では、アクセンチュアに次ぐ、大きな総合コンサルティングファーム(BIG4の一角)です。

デロイトおよびデロイトトーマツグループで有する「監査」「税務」「法務」「コンサルティング」「ファイナンシャルアドバイザリー(FAS)」の総合力とグローバルのネットワークを活かして、

あらゆる国・組織・機能・セクターに対応して、「戦略立案〜実行」まで一貫してコンサルティングサービスを提供できるのが特徴です。

また、他の総合コンサルティングファームと比べ、日本にオフィスを設立してから長いため、(外資系でありながら)社風が日系企業に近いファームとも言われます。

PwCコンサルティング

世界157ヵ国以上に展開し、グローバルで約27万人以上、日本で約2,400人の社員を抱える総合コンサルティングファーム(BIG4の一角)です。

日本の中では、アクセンチュア・デロイトに次ぐ、3番目に大きなファームで、グローバルでは、アクセンチュアに次ぐ、2番目に大きいファームです。

主に「①ストラテジーコンサルティング」「②マネジメントコンサルティング」「③テクノロジーコンサルティング」「④リスクコンサルティング」の4分野の支援を行っています。

グローバルに広がるPwCのネットワークを活用することを大切にしており、企業の経営課題の解決だけでなく、グローバル市場での競争力強化の支援を意識した「戦略策定〜実行」までの総合的なコンサルティングサービスを提供しているのが特徴です。

他のBIG4の中でも、グローバルファームの色が強いと言われており、クロスボーダーの海外案件が多いです。

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング

世界150ヵ国以上に展開し、グローバルで約26万人以上、日本で約1,500人の社員を抱える総合コンサルティングファーム(BIG4の一角)です。

アクセンチュアやPwCコンサルティン、デロイトと比べると、比較的新しく設立されたファームです。

2018年3月にEYグループは戦略ファームである「EYパルテノン」を日本に発足し、もともとEYJapanが提供していたサービス(監査、税務、アドバイザリー、トランザクション)と連携し、企業の経営課題のさらなる解決・価値提供を目指している成長中のファームでもあります。

他の総合コンサルティングファームと比べると、組織体制やカルチャーをまだまだ整いきっていない状況ではあるものの、社風としては穏やかで、若手のコンサルタントにでも裁量のあるプロジェクトが回ってくる環境があると言われています。

KPMGコンサルティング

世界147ヵ国以上に展開し、グローバルで約21.9万人以上、日本で約1,100人の社員を抱える総合コンサルティングファーム(BIG4の一角)です。「EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング」と同様に比較的設立が新しいファームです。

「①マネジメントコンサルティング」「②リスクコンサルティング」「③セクター」の3つを事業の柱としています。

グローバル規模でのビジネストランスフォーメーション(事業モデルの変革やオペレーションの改善、ITテクノロジーを活用したビジネス改革など)に強く、AI、IoT、ブロックチェーン、RPA、VR、ARといった、最先端のテクノロジーを活用したプロジェクトを多く手掛けているファームです。

KPMGコンサルティングの従業員数は1000人台と、アクセンチュアや他のBIGといった人気の総合コンサルティングファームの中で最も従業員数が少ない状況なので、若手のコンサルタントにも面白いプロジェクトが回ってきたり、裁量のあるプロジェクトを担当できたりする環境があると言われています。

総合コンサルティングファームへの転職で利用すべき転職サービス

総合コンサルへの転職支援実績を持っている、私がおすすめする厳選した3つのサービスをご紹介します。

① アクシスコンサルティング

おすすめスコア:

一番におすすめしたいのは、『アクシスコンサルティング』です。創業してからの約20年間で、約5,000名の現役コンサルタント、約20,000名の転職志望者を支援した実績をもつ、「総合コンサル」への転職支援にとにかく強いブティック系転職エージェントです。

所属するキャリアのコンサルタントは、コンサル業界やIT業界の出身者などで構成されており、「コンサルタントになりたい」「コンサルタントとしてさらに活躍したい」「コンサルタントの卒業後のキャリアを知りたい」など、あらゆるキャリアパスへの知見が豊富で、丁寧に支援してくれるのが特徴です。

大手外資系コンサルや国内系コンサルのシニアコンサルタント以上の入社実績数が「全エージェントの中で1位」の実績を持っており(2018年度)、Big4などの大手コンサルから、新進気鋭のベンチャーコンサルまで数多くの強いパイプがあるので、ぜひ一度相談してみてください。

② ビズリーチ 

おすすめスコア:

次におすすめなのは、『BIZREACH(ビズリーチ)』です。登録しているヘッドハンターが3900人と、国内最大級の転職サービスです。

総合コンサルへの転職支援に強いエージェントが数多く利用しているので、BIZREACH(ビズリーチ)』に登録しておけば、効率よく、総合コンサルへの転職支援をしてくれるエージェントと出会うことが可能です。

「自分が信頼できる、相性の良いエージェント」の目利きを鍛えるには、複数人以上に実際に相談してみないと分からないものでもあったりするので、BIZREACH(ビズリーチ)』を活用して進めていくのがおすすめです。

③ JACリクルートメント

おすすめスコア:

JACリクルートメント』は、コンサル、メーカー、金融、消費財、IT業界と、各業界に特化したコンサルタントが所属し、高い専門性と深い情報を持ったプロフェッショナルなコンサルタントが転職支援をしてくれる転職エージェントです。

下記のようにコンサルティング特化のチームが存在し、総合コンサルティングファームへの転職を手厚く支援してくれます。

まとめ

今回、総合コンサルティングファームへ興味を持っている方に向けて、「総合コンサルティングとは」「主要なファーム一覧」「おすすめの転職サービス」をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

下記のような総合コンサルの中途採用ニーズは高いものの、決して選考の難易度が低いわけではないので、必ず、総合コンサルへの転職支援実績のあるエージェントに相談して、選考を進めていくのが大切です。

・アクセンチュア
・デロイト トーマツ コンサルティング
・PwCコンサルティング
・KPMGコンサルティング
・EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング

アクセンチュアやBIG4とのパイプが強く、総合コンサルへの転職支援実績が豊富なアクシスコンサルティング』と、総合コンサルの転職支援に強い転職エージェントが数多く登録しているBIZREACH(ビズリーチ)』を活用するのがおすすめです。