転職ノウハウ

【20代 外資系企業へ転職】おすすめの進め方・転職エージェント

知りたい
知りたい
20代です。外資系企業への転職を考えているのですが、可能でしょうか?おすすめの進め方や転職エージェントを教えてください。
クラフツマン
クラフツマン
外資系企業の転職支援に強いエージェントが数多く利用する「転職サービス」を運営してきた経験をもつ私クラフツマン(Twitterはこちら)がお答えします。

結論、20代でも外資系企業へ転職することは可能です。ただ転職の進め方にコツと、利用する転職エージェントにポイントがあります。

20代で外資系企業を転職したい方向けに、おすすめの転職の進め方と厳選した転職エージェントをご紹介しますので、今回の記事を参考に転職活動を進めてみてください。

【20代 外資系企業へ転職】おすすめの進め方

まず最初にお伝えしたいのは、日系企業と比べ外資系企業は下記の傾向を求めることです。

【外資系企業が20代に中途採用で求めること】
① ポテンシャルはなく『即戦力』
② ジェネラリストでなく『スペシャリスト』
③ 最低でも読み書きできるレベルの『英語力』

日系企業の場合だと、新卒・中途採用においてもポテンシャルで採用するということはありますが、外資系企業は、基本的にすぐに『即戦力』として成果を出せる方を重要視します。

そのため、外資系企業において求められる人材は、幅広く一定のレベルで業務をこなせるジェネラリストでなく、ある領域・職種の専門的なスキルや実績をもって業務を推進していける『スペシャリスト』です。

また英語力に関しては、基本的にビジネス会話レベルの英語力を求める企業が多いですが、たまに読み書きできるレベルの英語力だけで大丈夫な企業もあります(※日本で数百人〜数千人規模になっている企業が多いです。)ただまったく読み書きもできないレベルの人は、外資系企業であるので、基本的には採用されない可能性が高いです。

【20代前半 or 20代後半】×【日系企業に在籍 or 外資系企業に在籍】の掛け合わせで、それぞれおすすめの進め方があるので、ご紹介します。

【20代前半×日系企業】おすすめの進め方

20代前半で日系企業に在籍している場合は、
まだ外資系企業に必要な人材(即戦力)と認められるほど、スキルなどが培われていない可能性が高いので、基本的には今の会社で専門的なスキル・実績を身につけることが大切です(必要あれば英語力も高めましょう。)

20代前半でも転職できる可能性はゼロではないので、外資系企業の求人を広く扱っている業界横断(総合)型の転職エージェンSamurai Job(JACリクルートメント運営)または『エンワールド・ジャパンにまず相談するのがおすすめです。

相談をして(仮に今すぐ転職が難しいとなった場合でも)外資系企業の転職マーケットの情報を得ることができたり、今後のキャリアの相談して、キャリアプランのブラッシュアップができたりするメリットがあります。

また、転職できる可能性を広く探したり、自分の市場価値を把握したりする上で、企業や転職エージェントから短期間のうちに無料で数多くスカウトをもらえる『BIZREACH(ビズリーチ )』に登録しておくこともポイントです。

【20代前半×外資系企業】おすすめの進め方

20代前半で外資系企業に在籍している場合は、
社会人経験は短いですが、外資系企業に必要な人材(即戦力の可能性はある)と見てもらえる可能性は十分にあるので、転職エージェントに2社〜3社に登録をして、相談するのがおすすめです。

※業界横断(総合)型の転職エージェント2社『Samurai Job(JACリクルートメント運営)』『エンワールド・ジャパン』への登録、自分が希望する業界の転職支援に強いエージェントに最低1社以上に登録するパターンが最もおすすめです。

業界に特化して転職支援をしているエージェントを探す場合は下記の記事を参考にしてください。

【外資系企業へ転職】おすすめ転職エージェント厳選20選(業界横断・業界別に紹介) 日本の転職市場の傾向として、魅力ある外資系企業の求人ほど、転職サイトには掲載されていないことが多いです。 外資系企...

【20代後半×日系企業】おすすめの進め方

20代後半で日系企業に在籍している場合で、
同職種の経験が長く、スキル・実績もあり、英語の読み書きができるレベルであれば、外資系企業に十分に転職できる可能性が高いです。

※もしジェネラリストなタイプである領域・職種のスペシャリティが少ない20代後半の方であれば、まずはスペシャリティを磨く領域を決め、数年でスキル・実績を高めること選択肢も視野に入れることをおすすめします。

20代後半で日系企業に在籍している場合は、はじめて外資系企業への転職に挑戦することに人が多いと思うので、

転職支援実績が豊富で、外資系企業への転職対策のサポートも比較的手厚い業界横断(総合)型の転職エージェントに最低でも1社以上(Samurai Job(JACリクルートメント運営)or エンワールド・ジャパン)に登録し、自分が希望する業界の転職支援に強いエージェント2社以上に登録しましょう。

また、転職できる可能性を広く探したり、自分の市場価値を把握したりする上で、企業や転職エージェントから短期間のうちに数多くのスカウトをもらえる『BIZREACH(ビズリーチ )』に登録しておくこともポイントです。

【20代後半×外資系企業】おすすめの進め方

20代後半で外資系企業に在籍している場合は、
同じ職種であれば、同業界だけでなく、異業界へも転職できる可能性が極めて高いです。

いい求人と出会うためには、広く情報を集めることがまず何より大切になるので、『BIZREACH(ビズリーチ )』と『CAREER CARVER(キャリアカーバー)』に登録しつつ、業界横断(総合)型の転職エージェント1社以上、業界特化型の転職エージェント1社以上に登録しましょう。

業界横断(総合)型・業界特化型の転職エージェントについて下記の記事で詳細にまとめているので、こちらを参考にしてみてください。

【外資系企業へ転職】おすすめ転職エージェント厳選20選(業界横断・業界別に紹介) 日本の転職市場の傾向として、魅力ある外資系企業の求人ほど、転職サイトには掲載されていないことが多いです。 外資系企...

【20代 外資系企業へ転職】おすすめの転職エージェント 厳選3選

20代で外資系企業への転職を考えている場合、おすすめしたい転職エージェントは3つあります。

30代や40代と比べて、20代は、圧倒的にキャリアの選択肢が広いので、業界特化型の転職エージェントだけに相談するのでなく、業界横断(総合)型の転職エージェントにも相談するのがポイントです。

① Samurai Job サムライジョブ(by JACリクルートメント)

おすすめスコア:

業界横断(総合)型で一番におすすめしたいのは、ハイクラス・高年収の転職支援に圧倒的に強い「JACリクルートメント」が運営する“グローバル・外資系・ハイクラス”に特化した『Samurai Jobです。

今までの取引実績企業数30,000社超となっており、“グローバル・外資系・ハイクラス”の求人を約20,000件 (独占求人有り)保有しています。

グローバル企業・外資系企業の求人に加え、国内大手企業のグローバル求人もあるので、外資系企業への転職機会に加え、グローバルに活躍できる求人の情報も得ることができます。

メーカー、金融、消費財、IT業界など、各業界に特化したコンサルタントが所属しており、高い専門性と企業の深い情報を持ったプロフェッショナルなコンサルタントがキャリア・転職支援をしてくれる体制になっているので、相談してもはずれが少ない転職エージェント集団です。

サムライジョブ(by JACリクルートメント)の口コミ

② エンワールド・ジャパン

おすすめスコア:

国内外グローバル企業における管理職・経営幹部・スペシャリスト(専門職)の求人に特化している転職エージェント『エンワールド・ジャパン』もおすすめです。

インド、オーストラリア、シンガポール、タイ、日本、ベトナムの6か国にオフィスを構え、APAC地域において多国籍企業と国際的な視点を持つグローバルな人材をつなぐ、日本でトップクラスの転職エージェントです。

取引先企業数は4,461社、年収800万円以上求人が常に10,000件以上あります。多くの人が利用するとある有名転職サイトの口コミでは、670人以上の投稿があるにも関わらず、5点満点中4.6点という高評価を獲得しています。

エンワールド・ジャパンの口コミ

③ BIZREACH(ビズリーチ)

おすすめスコア:

質の高いヘッドハンター(転職エージェント)が数多く登録している『BIZREACH』もおすすめです。外資系企業の転職に強い転職エージェントも数多く登録しているので、外資系転職に強いエージェントに効率よくたくさん出会いたい、自分の市場価値を知りたい人は必ず登録したほうがいいです。

会員登録時に「英語力=ビジネス会話」「備考に外資系企業への転職を希望」と入力しておけば、短期間のうちに、外資系企業含めたハイクラス求人のスカウトをたくさんもらうことができます。

ビズリーチの口コミ

https://twitter.com/KaigaiO/statuses/1198407447444172802?s=20

【まとめ】20代 外資系企業への転職について

今回、20代で外資系企業への転職を考えている方に向けて「おすすめの進め方と転職エージェント」をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

20代でも【20代前半 or 20代後半】×【日系企業に在籍 or 外資系企業に在籍】の掛け合わせで、それぞれ進め方のポイントに違いがあります。

また外資系企業は、基本的に下記の前提で中途採用を進めているので、自分のスペシャリティや英語力を磨くことを常々意識して、仕事をしていきましょう。

【外資系企業が中途採用で求めること】
① ポテンシャルはなく『即戦力』
② ジェネラリストでなく『スペシャリスト』
③ 最低でも読み書きできるレベルの『英語力』

20代の外資系企業への転職をする際におすすめする転職エージェントは下記の3つです。

今回の記事が、外資系企業への転職の際に少しでもお役に立てば幸いです。

また下記の記事も合わせて参考にしてみてください。

【外資系企業へ転職】おすすめ転職エージェント厳選20選(業界横断・業界別に紹介) 日本の転職市場の傾向として、魅力ある外資系企業の求人ほど、転職サイトには掲載されていないことが多いです。 外資系企...
【20代ハイクラス転職】おすすめの進め方と転職サイト・転職エージェント厳選10選この記事では、ハイクラス転職支援のプロが、20代ハイクラス層の方に向けた、おすすめの「転職の進め方」「転職サイト・転職エージェント厳選10選」を紹介しています。こちらの記事を読めば、転職の成功に近づくことができます。...
この記事を読んでいる方におすすめの記事