MENU
転職

外資系企業の年収事情:業界別・役職別の給与を徹底解説!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

外資系企業への転職を考えています。平均年収などについて知りたいです
クラフツ
クラフツ
キャリアサービスの運営経験があり、外資系企業への転職支援をしてきた私クラフツTwitterはこちらがご紹介します。

外資系企業で働く魅力のひとつは、高い年収が挙げられます。しかし、業界や役職によって給与が異なるため、具体的な数字を把握することが重要です。

本記事では、外資系企業の年収事情について業界別・役職別に徹底解説していきます。

外資系 × 業界の平均年収ランキングと特徴

外資系企業は、結果主義の風土が根付いており、自身の実績が評価されやすい環境が整っています。そのため、日本の企業より平均年収が高いことが多いです。

また、外資系企業の年収は、業界によって大きく異なります。以下に、平均年収が高い業界トップ10をランキング形式で紹介します。

外資系 × 業界の平均年収ランキング ベスト10

順位 業界 平均年収(万円)
1 投資銀行 2,000
2 コンサルティング 1,800
3 製薬 1,500
4 IT/インターネット 1,300
5 金融(一般) 1,200
6 石油・エネルギー 1,100
7 自動車 1,000
8 食品・飲料 900
9 化学・素材 850
10 小売・流通 800

主要な業界の特徴

今回、転職する人数が比較的多い5つの業界(金融・製薬・コンサルティング・IT・製薬・金融・自動車)にフォーカスして、各業界の給与の特徴についてご紹介します。

金融業界

投資銀行やヘッジファンドなどの外資系金融機関では、取引高や業績に応じたインセンティブが支給されるため、高い年収が得られることが多いです。

コンサルティング業界

経営戦略や組織改革のアドバイスを提供する企業で、経験やスキルに応じた高い報酬が支払われます。パートナークラスになると、年収がさらに上昇します。

製薬業界

高い研究開発費を投じる企業が多く、研究者や開発者の年収も高い傾向にあります。特に、新薬開発やバイオテクノロジー分野では高い報酬が支払われています。

 IT/インターネット業界

グローバル市場での競争力を持つ企業が多く、高い給与水準が特徴です。エンジニアやデータサイエンティストなどの専門職が高い年収を得ることが一般的です。

自動車業界

技術革新やグローバル市場での競争が激しい業界であるため、エンジニアやデザイナーなどの専門職が高い年収を得ることが一般的です。

外資系企業 役職別の平均年収・ボーナス制度・福利厚生

ここでは、外資系企業の役職別の平均年収、そしてボーナス制度の仕組みや福利厚生の内容についてご紹介します。

外資系企業の役職別 平均年収

役職によっても外資系企業の年収は大きく異なります。

以下に、役職別の平均年収を紹介します。

新卒・エントリーレベル(メンバークラス)の年収

新卒やエントリーレベルの社員の平均年収は、600万円〜800万円程度です。ただし、業界や専門職によっては、さらに高い年収が支払われることもあります。

ミドルマネジメント(部課長クラス)の年収

ミドルマネジメント(部課長クラス)の平均年収は、1,000万円〜1,500万円程度です。経験や実績に応じて、さらに高い年収が支払われることがあります。

シニアマネジメント(部門長・役員クラス)の年収

シニアマネジメント(部門長・役員クラス)の平均年収は、1,800万円〜2,500万円程度です。企業の業績や個人の実績によっては、さらに高い年収が支払われることもあります。

CXO(CEO・CFO・CTOなど)の年収

CXO(最高経営責任者・最高財務責任者・最高技術責任者など)の年収は、3,000万円以上になることが一般的です。企業規模や業界によっては、さらに高額な報酬が支払われることもあります。

外資系企業のボーナス制度

外資系企業では、基本給以外にも業績に応じたボーナスやインセンティブが支給されることが一般的です。

業績目標を達成した場合や、個人の貢献度に応じて、年収の一部が支給されます。

外資系企業の福利厚生制度

外資系企業では、高い年収だけでなく、魅力的な福利厚生が提供されることが多いです。

例えば、充実した健康保険や退職金制度、休暇制度、社員研修制度などがあります。

また、グローバルな環境で働くことから、海外研修や海外転勤の機会も提供されることがあります。

外資系企業の年収事情に関するQ&A

以下に、外資系企業の年収事情に関するよくある質問とその回答をまとめました。

Q1. 外資系企業の年収は、どれくらい日本企業より高いのですか?

A1. 外資系企業の年収は、一般的に日本企業よりも高い傾向があります。ただし、業界や役職によって差があるため、一概には言えません。

Q2. 外資系企業の年収は、どのように決まりますか?

A2. 外資系企業の年収は、基本給と業績に応じたボーナスやインセンティブで構成されます。また、役職や経験、スキル、企業の業績などが影響を与えます。

Q3. 外資系企業では、どのような人が高い年収を得られるのですか?

A3. 外資系企業では、専門知識やスキルを持つ人、経験豊富な人、高い成果を上げる人が高い年収を得られることが一般的です。

外資系企業への転職を成功させるポイント

外資系企業への転職を成功させるためには、以下のポイントが重要です。

① 転職する明確な理由や目標を持つこと
② アピールできる自分のスキルや経験を整理する

② 英語力や専門知識を磨くこと

③ ネットワーキングや人脈作りを意識すること
④ 転職エージェントや専門の転職サイトを活用すること

まとめ:外資系の年収事情

外資系企業の年収事情は、業界や役職によって大きく異なります。

本記事で紹介した情報を参考に、自分のキャリアや将来の目標に合った企業を選ぶことが重要です。

また、外資系企業で働くためには、英語力や専門知識の向上、ネットワーキングなどが欠かせません。自分のスキルや経験を磨き、外資系企業で成功するための準備をしましょう。

外資系金融業界への転職におすすめの転職サービス3選

外資系金融業界の転職の際に利用をおすすめする転職サービスは3つです。

紹介してくれる求人が違ったり、転職エージェントとの相性もあったりするので、3つとも利用するようにしましょう。(一度面談した後、実際に選考を進めていく転職エージェントを絞っていく、そんな対応をしてもOKです)

① エンワールド・ジャパン | 転職エージェント

おすすめスコア:

一つ目のおすすめすは、幅広い業界の国内外トップ企業の非公開求人を取り揃えた、転職エージェント『エンワールド・ジャパン』です。スペシャリスト(専門職)の人も、管理職・経営幹部の人にも対応できる総合転職エージェントです。

同社は、面接準備や心構えなど、あなたに合わせたパーソナライズされたサポートで内定獲得を目指すだけでなく、入社後も活躍できるように、キャリアアップに役立つ記事や動画、セミナーを定期的に提供しています。

業界のエキスパートで構成されたコンサルタントチームは、主要業界と多様な職種に精通しており、各分野のトップ企業と提携。その証拠に、世界的に著名な「Best Global Brands」トップ100社中93社との転職支援実績があります。(取引先企業数5,800社、年収800万円以上の求人は常時10,000件以上)

さらに、転職支援者のサービス満足度が97.0%という驚異的な数字を誇る『エンワールド・ジャパン』は、多くの人が利用する有名転職サイトの口コミでも、5点満点中4.6点という高い評価を得ており、670人以上の口コミ投稿があります。

外資系転職を考える方には特にオススメ!エンワールド・ジャパンの登録者限定で、英語力診断テストPROGOSを無料で1回受けることができます。

魅力的なチャンスを逃さず、今すぐ登録し、あなたの理想のキャリアを手に入れる準備をしましょう。

② Samurai Job サムライジョブ| 転職エージェント

おすすめスコア:

2つ目におすすめの転職エージェントは、高年収・ハイクラスな転職支援に特化したSamurai Jobこれは、転職支援で手厚い支援で定評ののあるJACリクルートメントが運営しています。

グローバル・外資系の求人を中心に非公開求人も数多く取り扱っています。

30,000社以上の、圧巻の取引実績を誇り、約20,000件のグローバル・外資系・ハイクラス求人(独占求人も含む)を保有。

外資系企業だけでなく、国内大手企業のグローバル求人も取り扱っています。これにより、さらなる国際的な活躍のチャンスをつかむことができます。

メーカー、金融、消費財、IT業界など、幅広い業界に精通した専門性の高いコンサルタントが在籍しており、企業情報にも詳しいプロフェッショナルなサポートが受けられるため、相談しても的外れなアドバイスがないのが同社の強みです。

Samurai Jobは、圧倒的な求人数と業界に精通したコンサルタントが揃っているため、キャリアアップを後押しする最適なパートナーとなることでしょう。

今すぐ登録し、目標とするキャリアを叶えるための一歩を踏み出しましょう。

③ BIZREACH(ビズリーチ)| 転職サイト

おすすめスコア:

3つ目におすすめするのは、厳選されたヘッドハンターが多数登録している転職サイトBIZREACH』です

BIZREACH』には、外資系転職に強いエージェントが集まっているため、効率的に多くのプロフェッショナルと出会い、外資系企業の求人スカウトを受けるチャンスが広がります。

また、転職活動を急いでいない方にも適しており、じっくりと自分に合った転職先を探したい方にも最適です。

会員登録時に「英語力=ビジネス会話」と「備考欄に外資系企業への転職希望」と記載することで、短期間で外資系企業を含むハイクラス求人のスカウトが届くようになります。

BIZREACH』を利用すれば、転職活動が劇的に効率化でき、理想の外資系企業への転職が現実的な目標となります。

今すぐ登録し、ワンランク上のキャリアアップの機会を手に入れましょう。

外資資系企業への転職を考えた時に、利用したい転職サービスは下記の3つです。

以上です。今回の記事がご参考になれば幸いです。