転職ノウハウ

【解説】英語ができなくても外資系企業に転職するポイント

外資系企業への転職を考えているのですが、英語は得意でありません。それでも転職できるのでしょうか?
クラフツ
クラフツ
キャリアサービスの運営経験があり、外資系企業への転職支援をしてきた私クラフツTwitterはこちらがご紹介します。

英語ができないと外資系企業には転職できないの?
「英語が得意でなくても外資系企業に転職できる方法は?」

今回は、そんな疑問をお持ちの方に、ハイクラス層向けのキャリアサービスを運営し、自らも転職エージェントとして外資系企業にも転職支援をしてきた私が、

「英語ができなくとも外資系企業に転職するポイント」を解説します。

この記事をみることで、英語が得意でなくても、外資系企業へ転職できる可能性を広げることができるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

【解説】英語ができなくても外資系企業に転職するための3つのポイント

英語ができなくても(得意でなくても)、外資系企業に転職するポイントは下記です。

【英語ができなくても外資系企業に転職するための3つのポイント】
① 自分の英語力によって、応募する業界や職種の狙いを定める

② 英語力以上に専門スキルを評価してくれる企業を選ぶ
③ 日本オフィスの従業員数が多く、日本人の割合が多い企業を選ぶ

① 自分の英語力によって、応募する業界や職種の狙いを定める

いま持ち合わせている英語力にあわせて、応募する業界や職種の狙いを定めて、外資系企業を探しましょう。

もちあわせている英語力のレベルを判断するために、参考となるのは「TOEICの点数(や英検)」です。下記の表は、TOEICの点数(L&R総合点)と、それに対するレベルイメージです。

出所:神田外語学院 TOEICスコアの目安を100点ごと7段階で解説

外資系企業が求める英語力の水準として、一般的に「TOEIC700点〜」とよく言われますが、TOEIC600点未満でも外資系企業に転職できる可能性はあります。

ここでは、TOEICの点数に応じて、応募できる可能性がある業界や職種をご紹介します。

TOEIC 400点未満で応募できる業界・職種の一例

TOEIC400点未満の場合、英語での読み書きが難しく、英語での日常会話もそこまでできないレベルとなります。そのため、基本的には、仕事の中で、英語がほとんど求められないような外資系企業を選ぶ必要があります。

外資系企業でありながら、英語がほとんど求められない業界・職種の一例としては、下記があります。

・小売業界での販売職
・生命保険業界での営業職
・IT業界の営業職(グローバルに従業員数が多い大手企業)
・日本での従業員人数が多いコンサル(総合コンサルが狙い目)
・人材派遣の営業 など

※このレベルだと応募できる業界や職種は限られるので、一度エージェントに相談して、案件ないか聞いてみて、その上でまずは英語力高めることに注力するのも一つの手です。

TOEIC400点台〜600点台で応募できる業界・職種の一例

TOEIC400点台〜600点台の場合、基本的な読み書きが一定できて、日常会話レベルであれば、ある程度の意思疎通(コミュニケーション)が図れるレベルです。

TOEIC400点未満でご紹介した業界・職種に加えて、応募できる業界・職種の一例は下記です。

・ホテル業界のフロントスタッフ職
・メーカーの営業職やマーケティング職
・旅行業界のカウンターセールスやツアーコンダクター
・IT業界のエンジニアやシステムエンジニア(SE)※日本人が多い職場
・各業界の経理職 など

TOEIC700点台〜900点台で応募できる業界・職種の一例

TOEIC700点台〜900点台の場合、一般的に英語ができる部類に入り、読み書きについては一通り対応できるレベルです。TOEIC800点以上となると、英語でのビジネスコミュニケーションやビジネス会話できることも多いです。

そのため、このレベルになると、幅広く業界・職種に応募できる可能性が高いので、応募する業界や職種をあまり気にしなくてよいです。

※外資系の戦略コンサルや外資系の金融機関、製薬の開発職などは高い英語力が求められるので、ここに応募したい方は、転職エージェントなどに英語力チェックしてもらうのがよいかもしれません。

② 英語力以上に専門スキルを評価してくれる企業を選ぶ

先ほどは、英語力(TOEICの点数)を前提に、応募できる業界や職種をご紹介しましたが、決してそれだけがすべてではありません。

英語がそこまでできなくても、専門スキルを評価して、総合的な判断で採用してくれる企業も多々あります。最近、エンジニアやITコンサル、IT企業のセールス、WEBマーケティング職などは、高い専門性が求められるので、このような職種を募集している企業は狙い目です。

英語力に自信がなかったとしても、自分自身の専門スキルにもとづいて、応募できる外資系企業を探してみることをおすすめします。

③ 日本オフィスの従業員数が多く、日本人の割合が多い企業を選ぶ

「日本オフィスの従業員数が多く、日本人の割合が多い企業を選ぶ」こともポイントです。

従業員数の目安としては、「500人〜」です。従業員の7割や8割以上が日本人だった場合、英語力が不要で業務ができる体制・環境が整っている可能性が高いです。

【英語ができなくても外資系企業に転職するための3つのポイント】
① 自分の英語力によって、応募する業界や職種の狙いを定める

② 英語力以上に専門スキルを評価してくれる企業を選ぶ
③ 日本オフィスの従業員数が多く、日本人の割合が多い企業を選ぶ

英語ができなくても、外資系企業に転職するためのポイントをご紹介させてもらいましたが、

自分一人の力で、企業を探すことや判断することは難しいので、外資系企業の転職に強いサービス(転職エージェントや転職サイト)を必ず利用するようにしましょう。

外資系企業への転職を目指す方におすすめの転職サービスをこれよりご紹介します。

外資系企業への転職を目指す方におすすめの転職サービス3選

外資系転職の際に利用をおすすめする転職サービスは3つです。

紹介してくれる求人が違ったり、転職エージェントとの相性もあったりするので、3つとも利用するようにしましょう。(一度面談した後、実際に選考を進めていく転職エージェントを絞っていく、そんな対応をしてもOKです)

① エンワールド・ジャパン | 転職エージェント

おすすめスコア:

一つ目としておすすめするのが、国内外グローバル企業における「スペシャリスト(専門職)〜管理職・経営幹部」の幅広い非公開求人を保有している転職エージェント『エンワールド・ジャパン』です。

内定までの「面接準備」や「心構え」など、1人1人に合わせて、丁寧にサポートするだけでなく、入社後も活躍していけるように、キャリア形成に役立つ記事や動画の配信、セミナーなどを定期的に実施しています。

主要な業界と多様な職種に精通したコンサルタントで編成されており、各分野におけるトップ企業と提携、「Best Global Brands」のトップ100社のうち、93社において転職支援の実績があります。(取引先企業数は5,800社、年収800万円以上求人が常に10,000件以上)

多くの人が利用するとある有名転職サイトの口コミでは、670人以上の口コミ投稿があるにも関わらず、5点満点中4.6点という高評価を獲得しており、転職支援者のサービス満足度は、97.0%です。

エンワールド・ジャパン』の登録者限定で、英語の能力診断テストPROGOSを無料で1回受けることも可能なので、外資系転職を考えている場合は、必ず利用しておきたい転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンの口コミ

② Samurai Job サムライジョブ | 転職エージェント

おすすめスコア:

2つ目におすすめなのが、ハイクラス・高年収の転職支援に圧倒的に強い「JACリクルートメント」が運営する“グローバル・外資系・ハイクラス”に特化した『Samurai Jobです。

今までの取引実績企業数30,000社超となっており、“グローバル・外資系・ハイクラス”の求人を約20,000件 (独占求人有り)保有しています。

グローバル企業・外資系企業の求人に加え、国内大手企業のグローバル求人もあるので、外資系企業への転職機会に加え、グローバルに活躍できる求人の情報も得ることができます。

メーカー、金融、消費財、IT業界など、各業界に特化したコンサルタントが所属しており、高い専門性と企業の深い情報を持ったプロフェッショナルなコンサルタントがキャリア・転職支援をしてくれる体制になっているので、相談してもはずれが少ない転職エージェント集団です。

サムライジョブの口コミ

③ BIZREACH(ビズリーチ)| 転職サイト

おすすめスコア:

3つ目におすすめなのが、質の高いヘッドハンター(転職エージェント)が数多く登録している『BIZREACH』です。

外資系企業の転職に強い転職エージェントも数多く登録しているので、外資系転職に強いエージェントに効率よくたくさん出会いたい、外資系企業の求人のスカウトをもらいたい、急いで転職を進めたい状況ではないので、少しゆっくり転職活動をしたい、そんな方におすすめです。

会員登録時に「英語力=ビジネス会話」「備考に外資系企業への転職を希望」と入力しておけば、短期間のうちに、外資系企業含めたハイクラス求人のスカウトをたくさんもらうことができます。

ビズリーチの口コミ

【まとめ】英語ができなくても外資系企業に転職する3つのポイント

英語ができなくても(得意でなくても)、外資系企業に転職するポイントは下記です。

【英語ができなくても外資系企業に転職するポイント】
① 自分の英語力によって、応募する業界や職種の狙いを定める

② 英語力以上に専門スキルを評価してくれる企業を選ぶ
③ 日本オフィスの従業員数が多く、日本人の割合が多い企業を選ぶ

外資資系企業への転職を考えた時に、利用したい転職サービスは下記の3つです。

① エンワールド・ジャパン|転職エージェント
② Samurai Job(by JACリクルートメント)
|転職エージェント
③ BIZREACH|転職サイト

今回の記事が少しでもお役に立てば幸いです。

また下記の記事も合わせて参考にしてみてください。

【外資系企の転職に強い】おすすめ転職サイト・転職エージェント厳選20選 転職サイトで、外資系企業の求人の傾向をつかみつつ、非公開求人を数多くもっている転職エージェントを活用することが、外資系転...
【20代 外資系企業へ転職】おすすめの「進め方」と「転職エージェント・転職サイト」 結論、20代でも外資系企業へ転職することは可能です。ただ転職の進め方にコツと、利用する転職エージェントにポイントがありま...
【30代 外資系企業へ転職】おすすめの「進め方」と「転職エージェント・転職サイト」  ビジネスパーソンとしてスキル・経験・実績が積み上がっている30代は、外資系企業が求める「即戦力人材 / 将来の幹部候補 ...