キャリア論

【圧倒的な成長志向を持つ方へ】外資系戦略コンサルへの転職のすすめ

キャリアアップ志向
キャリアアップ志向
20代の若いうちはとにかく自分の成長を重視したいのですが、おすすめの企業はありますでしょうか?

こんな疑問を持つ方の悩みを解決できる記事になっています。

クラフツマン
クラフツマン
20代~30代ハイクラス層ビジネスパーソンのキャリア・転職支援のプロである、私、クラフツマンがお答えします。(Twitterはこちら

なぜなら、私は、20代〜30代のハイクラス層のビジネスパーソンのキャリア・転職支援の経験を通じて、30代でキャリアが大きく飛躍している方が、20代のうちにどんなキャリアを歩んできたか、その知見を豊富に持っているからです。

今回は、圧倒的な成長志向を持つ方に向けて、「外資系企業への転職のススメ」をご紹介させてもらいます。この記事を見ることで、外資系企業の中でもどんな企業で働くと成長できるのか、そしてなぜ成長をできるのか?を理解することができます。

成長志向が強い方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

【圧倒的な成長志向を持つ方へ】外資系戦略コンサルへの転職のススメ

最近こんなツイートをしました。

国内最大規模のクチコミ数と評価スコア(約860万件超)のデータを誇る「OpenWork」が、「圧倒的成長ができる外資系企業ランキング」を発表しました。

圧倒的成長ができる企業ランキングを見ていくと、特徴的なのは、「外資系戦略ファーム」が上位に多くランクインしていることです。

ベスト5において「1位:マッキンゼー・アンド・カンパニー」「2位:A.T.カーニー」「3位:ボストン・コンサルティング・グループ」「5位:ローランド・ベルガー」と外資系戦略コンサルが上位を占めている状況です。

IT企業のグーグルやセールスフォース・ドットコム、投資銀行の最高峰であるゴールドマン・サックス証券を差し置いて、外資系戦略コンサルが上位にいるのは注目に値します。

なぜ外資系戦略コンサルでは、20代から圧倒的成長ができるのか?

結論としては、下記のような環境が、外資系戦略コンサルにあるからです。このような環境を20代のうちから経験できる企業は、外資系戦略コンサル以外、ほとんどないと言っても過言でもありません。

① 汎用的なビジネススキルとビジネスマインドを高いレベルで身につけることができる
② ハイプレッシャーの中でも、やり抜き、結果を出していくタフネス経験ができる
③ 圧倒的に優秀な人たちと一緒に働くことができる
④ 360度評価で、正直かつ本質的なフィードバックを受けることができる
⑤ CEOアジェンダのプロジェクトが多く、高く広い視座を身につけることができる

実際、外資系戦略コンサルで働いている方が書いた「成長」についての口コミをご紹介します。(マッキンゼー、BCG、ATカーニーのクチコミから抜粋しました。)

① 汎用的なビジネススキルとビジネスマインドを高いレベルで身につけることができる

先ほどのクチコミの抜粋にもありましたが、外資系戦略ファームでのプロジェクトを通じて、

「ロジカルシンキング・仮説思考・分析力・インサイトを掴む洞察力・プロジェクトマネジメント力・ドキュメント作成力・プレゼン力」など、どんなビジネスにおいても必要となる汎用的な【ビジネススキル】

問題解決のプロフェッショナルとして、クライアントの結果に何としてもコミットする高いレベルの【ビジネスマインド】を身につけることができます。

一緒に働く人も、当たり前のように、高いレベルでビジネススキル・ビジネスマインドを持っているので、非常に刺激を受けることができる環境があります。

② ハイプレッシャーの中でも、やり抜き、結果を出していくタフネス経験ができる

一例ですが、外資系の大手戦略コンサルファームが企業から依頼を受けて、1カ月のプロジェクトにコンサルタントが4名程度アサインした場合、企業から約1,500万円~3,000万円のコンサルティング料金をもらっています。(総合コンサルの1.5倍〜3倍の料金です。)(メンバークラス)コンサルタント1名の1日の稼働でコンサルティング料金は20万円程度かかります。

そのため、日々クライアントからの業務パフォーマンスへの期待も高く、また扱うテーマレベルも、いち事業部のものでなく、会社のこれからを大きく左右する経営層レベルのものになるため、大きな責任が伴う非常にハイプレッシャーの中で、結果を出していくことが当たり前に求められます。

こうしたプロジェクトを非常に早いサイクルで数多く経験することができるので、若いうちからビジネスにおけるタフネスさが必然と身についていきます。

③ 圧倒的に優秀な人たちと一緒に働くことができる

外資系戦略コンサルには、ロールモデルとしたいような、超優秀な人が数多くいる環境が当たり前にあります。

それは単にビジネスを遂行する能力が高いだけでなく、クライアントの成功のために常にコミットしていく、また人を成長させるために多大に支援をする、といった人のために尽くしきる人間性の深さ・広さも兼ね備えている超優秀な人です。

このような超優秀な人と一緒に働くことで、刺激と影響を受け、自らもビジネススキルだけでなく、ビジネスマインド、人間性を圧倒的に高めていくことができます。

④ 360度評価で、正直かつ本質的なフィードバックを受けることができる

ビジネスパーソンが大きな成長をする上では、一緒に働く人からのフィードバックというのは欠かせません。

このフィードバックで大切なのは、正直なフィードバックをもらえること、また変なバイアスがかかっているように感じない成長に向けた本質的なフィードバック内容であることです。

さらに言うと、そのフィードバックは、自分が認めている・受け入れている人からのものでないと、フィードバックを真に自分の成長のために活かすことができないものです。

外資系戦略ファームのように、ビジネスパーソンとしても優秀でかつ人間性のある尊敬できる人から、正直かつ本質的な数多くのフィードバックをもらえることは、自身を非常に成長させてくれる環境として良いものです。

⑤ CEOアジェンダのプロジェクトが多く、高く広い視座を身につけることができる

外資系戦略コンサルが、取り扱うプロジェクトは、CEOアジェンダ(経営層が会社の方向性を意思決定するもの)で、大きな影響のあるものがほとんどです。

さらに言うと、依頼してくるクライアントは、日本でいうと、東証一部上場企業で、売上規模が数千億〜、兆〜といった超有名企業ばかりです。

プロジェクトの成功可否は、いち企業レベルだけでなく、産業・国レベルで影響するようなものになるので、必然と、自分の持つビジネスの視座が、広く高いものとなっていきます。

【まとめ】外資系戦略コンサルへの転職のすすめ

圧倒的な成長志向の方には、外資系戦略コンサルの環境がとても良いものだとお分りいただけたのでないでしょうか。

外資系戦略コンサルで、成果を出し、生き残っていくことは、決して楽な道ではないですが、数年でも働く経験した時には、ビジネスパーソンとして圧倒的な成長をすることは間違いないです。

改めてになりますが、それは外資系コンサルには、下記の環境が揃っているからです。

① 汎用的なビジネススキルとビジネスマインドを高いレベルで身につけることができる
② ハイプレッシャーの中でも、やり抜き、結果を出していくタフネス経験ができる
③ 圧倒的に優秀な人たちと一緒に働くことができる
④ 360度評価で、正直かつ本質的なフィードバックを受けることができる
⑤ CEOアジェンダのプロジェクトが多く、高く広い視座を身につけることができる

もし外資系戦略コンサルへの転職を考えてみたい方には、下記のサービスを通じて、情報の収集と対策の準備をすることがおすすめです。

外資系戦略コンサルの転職におすすめのサービス厳選2選

マッキンゼーを筆頭としたMBBの戦略コンサルに本気で入りたい、入社3年目以上、関関同立・MARCH以上の学歴を有している方は『STRATEGY:BOOTCAMP』の受講の検討をおすすめします。

外資系戦略ファームMBBの一角「ベイン・アンド・カンパニー」で戦略コンサルとして活躍しながら、人事採用担当者として数百人以上の面接経験をもつ河野氏が代表として、この『STRATEGY:BOOTCAMP』を運営をしています。

講師陣は、全て元マッキンゼー、BCG、ベインで複数年プロフェッショナルのコンサルタントとして経験を積んだ人で構成されており、マンツーマンで指導をしてくれるのが特徴です。

日本ではどこにもない戦略コンサル合格養成所で、2019年8月〜2019年11月の期間における全受講者のマッキンゼー、BCG、ベイン、ATカーニー、ADLいずれかの内定獲得率は100%と驚くべき合格率を誇っています。

入会金と契約金で100万円と超高額なのですが、希望する戦略コンサルファーム全てにおいて不合格判定となった場合は全額返金してもらえる完全成果報酬モデルになっているのが安心な点です。

戦略コンサルファームは、他の大手企業と比べても平均年収が300万円程度高いので、戦略コンサルに入れること・その先のキャリアの選択肢が大きく飛躍することを考慮に入れると、実はかなり投資としてのコストパフォーマンスはかなり良いです。

まずは無料カウンセリングで、一度相談に行ってみて受講するか否かの判断をしてみるのがおすすめです。

 

BIZREACH(ビズリーチ)は、ハイクラス転職において、圧倒的No.1の転職サイトです。2009年のサービス開始以来、テレビ・新聞・雑誌など多くのメディアで紹介されて、現在ではCMも多く配信されています。約10年ほどで、求人件数、採用企業数、登録ヘッドハンター数も日本最大級のハイクラス転職サイトになっています。

戦略コンサルへの転職支援実績が豊富なエージェントも多く登録しています。戦略コンサルの転職難易度は、非常に高いので、コンサル各社の最新の状況の把握、ケース面接など選考対策などが必要になるため、必ず経験・実績豊富なエージェントに相談し、対策のサポートを受けましょう。

また、下記の記事も参考にしてみてください。

【未経験のコンサル転職】コンサル業界・企業を分かりやすく徹底解説この記事は、コンサル業界のことを体系的に知りたい、未経験だけどコンサルティングファームへの転職を考えている、というあなたにオススメです。...
【保存版】未経験から戦略コンサルへ転職「必要なスペックと対策の仕方を伝授」 こんな疑問を持つ方の悩みを解決できる記事になっています。 なぜなら、私は、今の仕事を通じて、外資系戦略コンサル・日...
【マッキンゼー転職】外資系トップ戦略ファーム「McKinsey & Company」を徹底解剖この記事は、外資系戦略ファームへの転職を考えている、マッキンゼー・アンド・カンパニーへの選考にチャレンジをしたい、マッキンゼー・アンド・...
【BCG転職】外資系トップ戦略コンサル「ボストン コンサルティング グループ」を徹底解剖この記事は、外資系戦略ファームへの転職を考えている、ボストン コンサルティング グループ(BCG)への選考にチャレンジをしたい、BCGを...
【ベイン転職】外資系トップ戦略コンサル「Bain & Company」を徹底解剖この記事は、外資系戦略ファームへの転職を考えている、Bain & Company(ベイン・アンド・カンパニー)への選考にチャレン...