転職ノウハウ

【未経験でコンサル転職】コンサル業界・企業を分かりやすく徹底解説

この記事は、コンサル業界のことを体系的に知りたい未経験だけどコンサルティングファームへの転職を考えている、というあなたにオススメです。

普段、20代・30代前半のハイクラス転職支援をしているのですが、コンサル業界、コンサルティングファーム未経験の方にとって、「コンサル業界」「コンサルティングファーム」って分かるようで意外に分からない、結構謎めいたブラックボックスのような業界ではないでしょうか。

「どんな仕事しているの?」
「どんな会社があるの?」
「コンサルに転職するってどうなんだろう?」

コンサルティングファームは企業の意志決定や実行の支援をする黒子の立場であり、主役ではないので、新聞やプレスリリース、自社サイトでも、自分たちの仕事として実績・事例として世の中に情報を出すことがなかなか難しいのが実情です。

また、コンサル業界のこと、コンサルティングファームのことを体系的に知れる場所が少なかったり、なんとなくコンサルの仕事をイメージしてしまっていたり、コンサルティングファームの企業でも「マッキンゼー」や「ボストンコンサルティンググループ」という名前だけ知っていたりと、情報や知識に偏りがあるという方は実は多いのではないかと思います。

今回の記事は、そんな方に向けて、コンサル業界、コンサルティングファームについて「体系的に・網羅して・実例付き」で徹底的に解説していきます。

コンサルとは

そもそも「コンサル」とは「コンサルティング」の略称で、日本語に訳すと「相談する」になります。より詳細に伝えるなら「コンサル」とは、誰かの問題の相談相手になり、アドバイスを与えること、サポートをすることで、問題の解決することなのです。

いわば「問題解決のプロフェッショナル」です。これを仕事としている人を「コンサルタント」と呼び、この「コンサルタント」が集まっている会社が「コンサルティングファーム」なのです。

コンサルティングファームの種類

コンサルティング業界を理解する上では、まずコンサルティング・ファーム自体の理解が大切です。どんな種類があり、どんな企業があるのか?詳細に、解説していきます

コンサルティングファーム(以下コンサルファーム)は、大きくは5つのグループに分かれます。

① 戦略(経営)系コンサルファーム
② 会計事務所系コンサルファーム
③ 総合・IT系コンサルファーム
④ シンクタンク系コンサルファーム
⑤ 特化型コンサルファーム

またこの5つのグループの中で、「外資系」か「日系」の企業なのかで、さらに分けることができます。

戦略(経営)系コンサルファーム

全社の経営課題を発見・解決したり、経営をする上で重要な事業が成功するための戦略立案を(時に実行支援も)するファームのことです。

担当するインダストリー(産業)やテーマについては、経営戦略、M&A戦略、M&A後の統合戦略、新興国など海外への進出戦略など、会社の方向性や売上を大きく左右するプロジェクトで、そのテーマ性の幅が広いことも特徴的です。「外資系」のコンサルティングファームが主に活躍しており、実際に問題解決の依頼をする会社は、売上が数百億〜数千億円、さらには数千億円〜1兆円あるような「大企業」が中心です。

戦略(経営)系コンサルティングファームの主要一覧

<外資系>
・McKinsey & Company(米)

・BCG(米)
・ベイン・アンド・カンパニー(米)
・Strategy&(米)
・A.T.カーニー(米)
・ローランド・ベルガー(独)
・アーサー・D・リトル(米)
・L.E.Kコンサルティング(英)
・オリバー・ワイマン(米)

<日系>
・ドリームインキュベータ
・コーポレイト・ディレクション
・フィールドマネージメント

会計事務所系コンサルティングファーム

大手会計事務所を母体とするコンサルティングファームのことです。

会計事務所の本来の業務は、企業の財務書類を法律にもとづいてチェックをし、信頼を保証する「監査」という業務になりますが、この財務に対する専門性を活用するビジネスとして、コンサルティングサービスを業務に加えるようになったことから、会計事務所系のコンサルティングファームが生まれています。

その中で、グローバルに展開し、売上も人数も規模が大きい会社4社を総称して「BIG4」と呼んでいます。

会計事務所系コンサルティングファームの主要一覧

<外資系>
BIG4・・・

・デロイト(英)
・PwC(英)
・EY(英)
・KPMG(米)

その他・・・
・Grant Thornton(英)
・Plante Moran(米)
・RSM US(米)
・BDOコンサルティング(フィリピン)

総合・IT系コンサルティングファーム

企業の業務プロセスやオペレーションでの課題を見つけ、主にITを活用して、業務改善を行うことで、経営の改善を支援するコンサルティングファームです。システムを設計、構築、運用サポート、保守までも担当しています。

支援する対象は、とても幅広く「財務・会計、人事・給与、顧客管理、販売・在庫管理、購買管理、生産管理」などがあります。最近では業務改善プランの提案やシステム開発・運用・保守に留まらず、プロジェクト管理や企業の上流と言われる戦略策定にも関わるようになっており、企業の課題を解決するために、総合的に支援をする形になっております。

コンサルティングテーマは、戦略策定、M&A、会計支援、CRM、SCMなど多岐に渡ります。

総合・IT系コンサルティングファームの主要一覧

<外資系>
・Accenture(アイルランド)

・Capgemini(仏)
・Gartner(米)
・Cisco(米)
・ケンブリッジテクノロジーパートナーズ(スイス)
・Tata Consultancy Services(インド)

<日系>
・スカイライトコンサルティング
・フューチャーアーキテクト
・ベイカレントコンサルティング
・アビームコンサルティング
・シグマクシス
・ベイカレントコンサルティング
・クニエ
・日立コンサルティング
・レイヤーズコンサルティング

補足:下記はSIer・パッケージベンダーです。

<外資系>
・SAP(独)

・Oracle(米)
・IBM(米)
・マイクロソフト(米)
・Dell(米)
・Adobe(米)
・Salesforce(米)

<日系>
・日本ユニシス

・ワークスアプリケーションズ

シンクタンク系コンサルティングファーム

日系の大手金融機関や大手企業をバックグラウンドに持ち、「経済調査」「官公庁向けのリサーチ」「ITコンサル」「マネジメントコンサル」などをおこなうコンサルティングファームです。

シンクタンクと聞くと「経済調査」だけをしている印象を持つ方も多いかと思いますが、経済調査は、あくまでもコンサルティング業務の一つであり、民間企業を対象に、ITコンサル・マネジメントコンサルに力を入れているところがほとんどです。

大手金融機関や大手企業をバックグラウンドにもつので、グループ全体でのノウハウ、知識・ナレッジをベースにしたコンサルティングを提供することができ、またグループ企業のチャネルを使って顧客開拓をしたり、そこから案件依頼があったりするなど、営業活動を組織的な仕組みで行うことができるメリットがあります。

社風については、コンサルティングファームといっても一般的な日系の企業に近い社風であり、腰を据えて働ける環境があります。

ITコンサルでは、アクセンチュアなど大手総合系のITコンサル部門を持つコンサルファームやSIerやパッケージベンダーなどと競合になることもあります。またマネジメントコンサルでは、経営戦略立案、マーケティング、新規事業戦略、業務改善、組織人事など幅広い分野にわたってコンサルティングをしているため、それぞれの分野で、戦略(経営)系コンサルティングファームや組織人事系コンサルファームと競合になることがあります。

シンクタンク系コンサルティングファームの主要一覧

<日系>
・野村総合研究所

・日本総合研究所
・NTTデータ経営研究所
・三菱総合研究所
・三菱UFJ リサーチ&コンサルティング
・みずほ総合研究所
・みずほ情報総研
・富士通総研
・大和総研

特化型コンサルティングファーム

その名も通り「業界」や「業種」、「ジャンル」に特化してコンサルティングをおこなうファームです。

「業界特化型」は、製造業や医療業界、金融業界などに特化してコンサルティングをおこないます。

「業種特化型」は、組織・人事、人材開発、営業・マーケティングなどに特化してコンサルティングをおこないます。

「ジャンル特化型」は、財務やブランディングなど、業界や業種に縛られずにジャンルに特化してコンサルティングおこないます。

特定の課題に対して、コンサルティングをおこなうので、専門性の高い知見やスキルをもって、狭く深く企業の課題解決の支援をすることができます。

業界特化型コンサルティングファームの主要一覧

◆医療・ヘルスケアに特化

<外資系>

・グローバルヘルスコンサルティング(米)

<日系>
・KPMGヘルスケアジャパン
・CDIメディカル
・メディヴァ
・IQVIAソリューションズ ジャパン
・日本経営グループ

・サイプレス

◆製造業に特化

<日系>

・IGPI ものづくり戦略カンパニー
・iTiDコンサルティング

◆小売流通業界に特化

<外資系>
・カート・サーモン(米)

◆金融領域に特化

<日系>

・シンプレクス
・インフキュリオン

業種特化型コンサルティングファームの主要一覧

◆組織・人事制度に特化

<外資系>
・Willis Towers Watson(米)
・Korn Ferry(米)
・マーサー(カナダ)
・エーオンヒューイット(米)

<日系>
・リクルートマネジメントソリューションズ
・リンクアンドモチベーション
・日本能率協会コンサルティング

◆人材育成・組織開発に特化

<日系>
・フランクリン・コヴィー・ジャパン

・グロービス
・アルー
・アチーブメント
・コーチ・エィ
・ビジネス・ブレークスルー
・ソシオテック研究所
・ウィルシード

◆営業・マーケティング分野に特化

<外資系>
・ZSアソシエイツ(米)

ジャンル特化型コンサルティングファームの主要一覧

◆財務アドバイザリーに特化

<外資系>

・デロイトトーマツFA
・PwCアドバイザリー
・EYTAS
・KPMG FAS

<日系>
・エスネットワークス 
・レコフ
・GCA

◆マーケティング・ブランディングに特化

<外資系>
・インターブランド(米)

・Simon Kucher & Partners(独)

<日系>
・博報堂コンサルティング
・ビービット
・フォワード

◆企業・事業再生に特化

<外資系>
・アリックスパートナーズ(米)

<日系>
・経営共創基盤
・フロンティア・マネジメント
・ジェネックスパートナーズ
・リヴァンプ

◆中小企業向けに特化

<日系>

・船井総合研究所
・山田コンサルティンググループ
・AGSコンサルティング
・リブ・コンサルティング
・タナベ経営
・みらいコンサルティング

◆新規事業に特化

<日系>
・プライマル

◆株式公開企業のIR・SRに特化

<日系>
・アイ・アール ジャパン 

コンサルの市場規模の推移

コンサルティングファームの5つのグループ、また具体的な企業一覧はご参考になりましたでしょうか。いろんな種類のコンサルティングファームがあるのが多いということがお分かりにいただけたのではないかと思います。

では、実際に、コンサルの市場規模はどうなんでしょうか。IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社のプレスリリースによると、国内ビジネスコンサルティング市場は2017年に昨年から8.2%増の3,921億円に拡大しているとのことです。

デジタルトランスフォーメーションと企業の人材不足が需要をひっぱているとのことで、2017年~2022年に年間平均成長率7.4%で成長し、2022年には5,612億円に拡大すると予測しているとのことです。

出典:https://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20180327Apr.html

コンサルファームで働く魅力

現役のコンサルタントの方へインタビューをしたり、コンサルファームを志望する人との面談で話を聞いたりするのですが、コンサルファームで働く魅力は下記です。

① 知的好奇心が刺激され、満たされる

② 若いうちから圧倒的な成長環境に身をおくことができる

③ チームでの連帯感や充実感がある

コンサルファームで働いている人が転職をする場合、人材としての市場価値としては、非常に高いです。コンサル会社からニーズもありますし、事業会社からも非常にニーズがあります。

事業会社で新卒で入社すると、なかなか経営企画職や事業企画職につくことは難しいのですが、新卒でコンサルファームで働くと、20代半ばの若くしての転職でもポテンシャル採用で、経営企画職や事業企画職につくことが可能です。

また最初に事業会社で働いた人が、一度コンサルファームで働くと、最初のキャリアで積み重ねた業界や職種にしばられることなく、希望の業界や職種に行きやすくなるので、コンサルファームで働くことを、ハブ空港になぞらえて「ハブキャリア」と呼ばれることがあります。

コンサル転職におすすめのサービス3選

コンサルファームへの転職を考えているなら、必ず、経験豊富なエージェントに相談するのがオススメです。コンサルファームの転職難易度はかなり高く、コンサルファームの最新の状況の把握、ケース面接など選考対策などが必要になるため、必ずプロのエージェントに相談し、対策のサポートを受けることが大切ですl。

今回ご紹介するサイトは、外資系・日系のコンサルファームへのサポートができるエージェントが多く登録しているサイトなので、まずは登録して、信頼できるエージェントを見つけていきましょう。

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』は、ハイクラス転職において、圧倒的No.1の転職サイトです。2009年のサービス開始以来、テレビ・新聞・雑誌など多くのメディアで紹介されて、現在ではCMも多く配信されています。

約10年ほどで、求人件数、採用企業数、登録ヘッドハンター数も日本最大級のハイクラス転職サイトになっています。

コンサル業界に未経験からのチャレンジが不安、ということであれば、ぜひ利用したいのが、『アクシスコンサルティング』です。

マッキンゼーやBCGといった最高峰の戦略ファームの転職支援は強くないのですが、会計事務所から派生したBIG4(PwC・デロイト・EY・KPMG)やアクセンチュアなどの総合コンサル、ITコンサルなどの支援には、非常に定評があります。

約5,000名の現役コンサルタント、約20,000名の転職志望者を支援した実績があり、コンサル業界との強いパイプをもち、非公開の求人は全体の8割弱を占めています。関東・関西どちらのマーケットの情報にも詳しいです。

コンサル業界への転職を強みにするエージェントは、他にもいますが、基本的にエグゼクティブや40代以上の年齢(年収が高い人)を対象とするエージェントが多く、20代・30代の(コンサル未経験)の方が相談したとしても、なかなかしっかりとサポートを受けることが難しいことがあります。

その点、アクシスコンサルティングは、20代でも丁寧に相談にのってくれるエージェントです。転職のその次までを見据えたキャリアパスを提案することを大切にしており、じっくりとキャリアや転職に向き合ってくれます。

その実績として、ある転職サイトを運営する会社で、質の高いキャリアコンサルティングとして、「Most Valuable Agent」を受賞をしています。

もし、対策本だけでは不安で、マッキンゼーを筆頭としたMBBの戦略コンサルに本気で入りたい(基本入社3年目以上、関関同立・MARCH以上の学歴の)方は『STRATEGY:BOOTCAMP』の受講の検討をおすすめします。

外資系戦略ファームMBBの一角「ベイン・アンド・カンパニー」で戦略コンサルとして活躍しながら、人事採用担当者として数百人以上の面接経験をもつ河野氏が代表として『STRATEGY:BOOTCAMP』を運営をしています。

講師陣は、全て元マッキンゼー、BCG、ベインで複数年プロフェッショナルのコンサルタントとして経験を積んだ人で構成されており、マンツーマンで指導をしてくれるのが特徴です。

日本ではどこにもないトップ戦略コンサル合格養成所で、2019年8月〜2019年11月の期間における全受講者の「マッキンゼー、BCG、ベイン、ATカーニー、ADLいずれかの内定獲得率は100%」と驚くべき合格率を誇っています。

入会金と契約金で合計100万円と超高額なのですが、希望する戦略コンサルファーム全てにおいて不合格判定となった場合は全額返金してもらえる完全成果報酬モデルとしているほど、合格させることに自信を持っています。

◾️期間の目安
1ヶ月〜3ヶ月(あくまで目安。内定獲得までサービスは継続して受けることが可能。)

◾️講義
・ケース面接の意味と面接官の目線
・フェルミ推定の解法(保有、消費、存在、稼働率)
・成長戦略の考え方(ドライバー、セグメンテーション、ターゲット、施策)
・面接でのコミュニケーション
・特殊問題

◾️面談(週1回 × 無制限)
・週一回の対面またはSkype面談(採用面接の直前期は週一回以上の面談設定も可能)
・面談毎に模擬ケース面接を実施
 その時点での面接評価シート(評価軸別の点数、弱点、強化方針)の提供
・自習プランの設定

◾️自習プラン設計
・各種統計・計数の学習
・計算速度の向上訓練
・課題書籍
・オリジナルケース問題とその解法の復習
・戦略の目線の鍛え方
・経済ニュースを用いた訓練法

戦略コンサルファームは、他の大手企業と比べても平均年収が300万円程度高いので、戦略コンサルに入れること・その先のキャリアの選択肢が大きく飛躍することを考慮に入れると、実はかなりコストパフォーマンスは良いです。まずは無料カウンセリングで、一度相談に行ってみて判断してみるのがおすすめです。

実際に『STRATEGY:BOOTCAMP』を受講して、外資系トップ戦略コンサルMBBの一角である、BCG(ボストン・コンサルティング・グループ)に合格をした方の声をご紹介します。

【受講者の声】

E.Yさん(中途) ボストン・コンサルティング・グループ合格

今年の5月にご相談させて頂いてから4か月間、私の転職活動をサポート頂き誠にありがとうございました。コンサル未経験者の私にとってコンサルへの転職は非常にハードルの高く、時にメンタル的に落ち込む時期もございましたが、河野さんにスキル面・精神面の双方で全面的にご支援頂いたおかげで、第一志望のファームからオファーを頂くことができました。

〜(省略)〜

私のコンサル転職は、まず、「誰と一緒に転職活動を進めるか?」という問いから始まりました。コンサル転職は選考の方法からしてユニークで、フェルミ推定にしろ、ケース面接にしろ、コンサル未経験者にとっては選考で求められるコンサルの思考様式を体得することが重要だと思います。

巷にはコンサル対策本が溢れており参考にはなるものの、転職活動を終えて見返してみると、全幅の信頼を寄せられないものも中には紛れているように思います。コンサル転職支援を宣伝文句にしている転職エージェントに十数人お会いしましたが、よくよく話を聞いてみると、転職希望者に最大公約数的な支援をするだけで、後はベルトコンベア式に送り込んでいるだけのところもあります(彼らにとってはそれがコストがかからず効率的ではあるので仕方ない面もあるかと思います)。

コンサル未経験者がコンサル転職を思い立つと、簡単には真贋を見極められないというのがコンサル未経験者の最初に直面する課題で、逆に言えば、ここで躓かないようにすれば、転職活動が成功する確率はグッと高まるように思います。

数多くのコンサル転職支援者にお会いしましたが、河野さんはその中でも一際際立っておられました。エージェントの中にはコンサル経験者の方も何人かはいらっしゃいましたが、河野さんはトップティアのファームで長年活躍されてきただけではなく、実際に数多くの候補者の面接官を担当されてきた、という確固たる実績がございました。

実際に指導を受けると、方法論的な解説に終始するエージェントとは異なり、私の思考方法で弱いところはどこか毎回ご指摘頂き、次回までにどうやって改善すればいいか、具体的なNext Stepsを描いて頂きました。

選考において気を付けないと落ちてしまう”引掛け”が幾つもあり、そのことを知らない私はコンサル選考に強い不安を抱いておりましたが、河野さんにご指導頂くうちに、そうした不安も払しょくされていき、最終的には「このケースにおいてどうやってポイントを稼ぐか?」という戦略的な思考も持てるまで成長できたのは驚きでもあり喜びでもありました。

ご支援頂いた今回の転職活動は、私のキャリアゴールを達成する上で絶対に失敗できない、人生の重要な局面でした。この重要な局面はこのSTRATEGY:BOOTCAMPなしには乗り越えられなかったとの認識で、このタイミングで河野さんにお会いできたことはこの上ない幸運であったと思います。転職活動の成功はスタート地点に立ったに過ぎず、これからが戦いと思います。コンサルに転職した後も何かとご相談させて頂くこともあるかと思いますが、引き続きご指導ご鞭撻頂けますと幸いです。引続きよろしくお願いします。
(参照)合格者からの喜びの声

まとめ

「コンサル業界・企業研究」として、未経験でコンサルファームへ転職を考えている人に向けて徹底解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

今回の記事は、コンサル業界のことを体系的に知りたい未経験だけどコンサルティングファームへの転職を考えている、というあなたにオススメさせてもらいました。

ぜひこちらの記事が参考になれば幸いです。

この記事を読んでいる方におすすめの記事