キャリアを考える

【経営人材・CXOへの道】戦略コンサル・投資銀行でもない、第3の道。おすすめ企業3選!

この記事は、企業の経営人材・CXOを目指している、なるべく早くに経営人材・CXOになりたい、あなたにオススメです。

結論、経営人材・CXOを目指すのであれば、戦略ファーム・投資銀行よりも、実際に経営人材として派遣されて、経営層としての経験をつめる会社に行くことをおすすめします。

戦略ファーム・投資銀行はたしかに、専門的かつ汎用的なスキルを身につけることができるので、いずれ経営人材・CXOになりやすいのですが、戦略ファーム・投資銀行の立場は、あくまでもプロのアドバイザーであり、実際の経営における意思決定者ではありません。

もしあなたが本当に経営人材・CXOを目指すのであれば、何よりも経験として必要なのは、経営層としての決断経験です。企業を経営する上での成功・失敗経験をつむことが大切です。

経営人材・CXOの経験をすることができる企業があるの?と疑問に思うかもしれませんが、実はあるのです。それが、経営アドバイザリーと自社投資を行なっている企業です。

今回の記事では、経営層としての決断経験ができる、おすすめ企業をご紹介します。

【経営人材・CXOへの道】戦略コンサル・投資銀行でもない、第3の道。おすすめの企業3選!

それが、「経営共創基盤」「ドリームインキュベータ」「YCP SOLIDIANCE」の3企業です。経営のアドバイザリーだけでなく、自社の資本を、成長ポテンシャルがある、また再建見込みのある企業に投資をして、経営層の人材をその企業に派遣していたり、子会社化して会社の経営をしていたりします。

「経営共創基盤」

元産業再生機構の冨山和彦氏が設立した、長期的・持続的な企業価値・事業価値の向上を目的とした『常駐協業(ハンズオン)型成長支援』を行うプロフェッショナルファームです。

「経営共創基盤」は別名「IGPI」で、「Industrial Growth Platform, inc.」の略称です。直訳するなら、「産業を成長させるプラットフォームとなる会社」です。

事業・サービスとしては、「ハンズオン経営支援・コンサルティング・M&Aアドバイザリー・ベンチャー支援・AI・ビッグデータ・ものづくり・クロスボーダー・交通事業経営・自己投資+経営支援・事業再生」があります。

企業の成長を加速させるために、経営層から事業の最先端の現場まで事業・サービスを提供します。

「ドリームインキュベータ」

元BCG日本代表の堀紘一氏が設立した戦略コンサルティングファームです。「日本経済を元気にする」を実現すべく、戦略コンサルティングやインキュベーション(事業の創出や創業を支援するサービス・活動)によって、日本企業、ひいては社会のあり方を変える「ビジネスプロデュース」を行っています。

戦略コンサルティングでは、主に大企業向けにコンサルを行い、その中でも特に、成長戦略や新規事業立案など、事業を創造・発展させていく案件に積極的に取り組んでいるのが特徴的です。

インキュベーションでは、自己資金によるプリンシパル投資に加え、アジアにおける産業ファンドを運営しています。新たなイノベーションを創造するベンチャー及び成長企業への投資・育成を行うと同時に、自らが事業主体となり、グループ会社を通じた事業創造も行っています。

YCP SOLIDIANCE

経営・ファイナンス・マーケティングの3つの領域においてアドバイザリーサービスを提供する経営コンサルティングファームです。

具体的には、「マネジメントサービス事業」と、中小・新興企業に対してリスクマネーを提供する「自社投資事業」、そして、クライアント及び投資先の海外展開を支える「海外展開支援事業」の3事業を展開しています。

YCPにはマッキンゼー、BCG、デロイト、アクセンチュアなどの戦略コンサル経験者から、P&GやGEヘルスケア・ジャパン、ユニクロ、電通などのマーケティング経験者が数多く参画しています。

まとめ

今回の記事は、企業の経営人材・CXOを目指している、なるべく早くに経営人材・CXOになりたいというあなたにオススメさせてもらいましたが、いかがだったでしょうか。

結論、経営人材・CXOを目指すのであれば、戦略ファーム・投資銀行よりも、実際に経営人材として派遣されて、経営層としての経験をつめる「経営共創基盤」「ドリームインキュベータ」「YCP SOLIDIANCE」などの企業に行くことをおすすめします。

もしそのような企業への転職を考えている場合、まず登録した方がよいのはBIZREACH(ビズリーチ)です。

こうした企業の選考難易度というのは非常に高いので、BIZREACH(ビズリーチ)に登録しているヘッドハンターで、信頼のおける人と出会い、対策をして、選考にのぞむのが大切です。


また、「20代・30代ごとのハイクラス転職の進め方とおすすめの転職サイト・転職エージェント」について、記事をまとめているので、合わせてご覧ください。

【20代ハイクラス転職】おすすめの進め方と転職サイト・転職エージェント厳選10選この記事では、ハイクラス転職支援のプロが、20代ハイクラス層の方に向けた、おすすめの「転職の進め方」「転職サイト・転職エージェント厳選10選」を紹介しています。こちらの記事を読めば、転職の成功に近づくことができます。...
【30代ハイクラス転職】おすすめの進め方と転職エージェント厳選10選この記事では、ハイクラス転職支援のプロが、30代ハイクラス層の方に向けた、おすすめの「転職の進め方」「転職エージェント厳選10選」を紹介しています。こちらの記事を読めば、転職の成功に近づけます。...

今回は以上です。ご参考になれば幸いです。