転職成功ノウハウ

【市場価値を上げる】20代〜30代「NEXTユニコーン企業」に転職をオススメする理由

この記事は、キャリアの市場価値をあげたいユニコーン企業への転職を考えているメルカリに注ぐNEXTユニコーン企業が知りたい、というあなたにオススメです。

20代〜30代前半の転職の相談にのっていると、「この領域で、こういうことをやりたい」よりも「いずれ起業なども視野に入れて、若いうちに圧倒的に成長できる環境に身を置きたい」という人によく出会います。

ただ実際に「そういう環境がある企業はどこなのか?」を知らない人が多く、また知っていたとしても、

すでに会社の規模が大きくなりすぎて、求められる役割が細かくなっていたり、自分で責任をもった意思決定できる裁量のある環境が少なかったり、と成長するには少し物足りない状況になっている企業であることも少なくないです。

今回は、そんな方に向けて、成長でき、さらには市場価値も急速に上げることができる「NEXTユニコーン企業」について記事を書きましたので、ご覧ください。

ユニコーン企業とは

企業としての評価額が10億ドル(約1120億円)以上で、非上場の企業のことを指します。

そもそもなぜ「ユニコーン(企業)」という呼ぶのでしょうか。

「ユニコーン(Unicorn)」は、「額に一本の角が生えた架空の伝説の生き物」です。

その伝説で出会えない希少さを、企業に当てはめ、巨額の利益をもたらす可能性のある成長ポテンシャルの高い企業には中々出会えないことから「ユニコーン企業(企業の評価額が10億ドル)」と呼ぶことになりました。

ちなみに・・・「ユニコーン企業」という言葉は、ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社「ベンチャーキャピタル」の「カウボーイ・ベンチャーズ(アメリカ)」の創業者が使い始めたことによって、その分かりやすさとキャッチーさから、この言葉がグローバルに浸透したとされています。

世界のユニコーン企業ランキング

ユニコーン企業として有名な代表例はアメリカのFacebook社Twitter社(すでに上場済み)です。

最近では、中国の企業の勢いが凄まじく、ユニコーン企業と見なされる基準の10倍以上、数百億ドル(数十兆円)以上の評価額をもつ企業が続々と出てきており、世界のトップ10入りをしています。

ピッチブックが最近発表した、ベンチャーキャピタル(VC)の支援を受けた未公開企業の評価額ランキングでは、このようになっています。

【未公開企業の評価額 世界ランキングTOP10】

1位:Uber・699億ドル
アメリカ 配車サービス

2位:滴滴出行・560億ドル
中国 配車サービス

3位:Airbnb・310億ドル
アメリカ 民泊サービス

4位:美団-大衆点評・300億ドル
中国 O2O(Online to Offline)プラットフォーム

5位:SpaceX・247億ドル
アメリカ ロケット企業

6位:WeWork・211億ドル
アメリカ コワーキングスペース運営

7位:Palantir Technologies・205億ドル
アメリカ 政府機関や民間企業向けにデータを収集、分析

8位:今日頭条・200億ドル
中国 ニュースアプリ

9位:拼多多・150億ドル
中国 ソーシャルECプラットフォーム

10位:Pinterest・123億ドル
アメリカ 写真共有サービス

アメリカと中国の2国のテック系企業でランキングを独占をしているのです。

日本のユニコーン企業

日本の企業で代表的な「ユニコーン企業」は、この3社です。
DMM.com」
プリファード・ネットワークス」
メルカリ(上場済み)」

DMM.com」は、オンライン通販やコンテンツ配信サービスなどを手がける総合インターネット企業です。最近では、ベルギー1部のサッカークラブを買収し経営していたり、沖縄でテクノロジーを活用した新しい水族館のオープンを予定していたりと、サービス領域をどんどん拡大させている今もなお成長中の企業です。

プリファード・ネットワークス」は、人工知能の深層学習を取り入れたIoT(モノ同士のインターネット化)を提供する企業です。

ファナックやトヨタ自動車、博報堂DYホールディングス、日立製作所、みずほ銀行、三井物産など、名だたる大企業がこぞって出資している超ユニコーン企業で、後ほどご紹介する日経新聞がリリースした記事でも「NEXTユニコーン企業ランキング」で堂々の1位を獲得しています。

メルカリ」は、みなさんご存知のフリマアプリ「メルカリ」サービスを運営している企業です。現在上場してしまい、時価総額は、約4000億円(2018年11月時点)となっています。

NEXTユニコーン企業がオススメな理由

転職のプロとしては、成長環境を求めるなら、「現ユニコーン企業」よりもユニコーンになりえる「NEXTユニコーン企業」に転職することを断然オススメします。理由は下記です。

① 企業が急成長に合わせ、成長機会が数多く舞い込む

② 身につけた経験・スキルが他の企業でも転用しやすい

③ 自分のキャリアブランディングになる

① 企業が急成長に合わせ、成長機会が数多く舞い込む

「NEXTユニコーン企業」で働くことによって、「ユニコーン企業」へと変化していく急成長の真っ只中に身をおくことができます。

一般的に会社が急成長する場合、人を採用できるペースよりも企業の成長スピードの方が圧倒的に早く、採用が追いつかないため成長できる機会やポジションが空きがちになります。

そうなると、今働いているメンバーで、そのポジションや仕事・役割を担う必要が出てくるので、抜擢人事を得やすかったり、身の丈以上の仕事にチャレンジできやすかったりします。

すでに「ユニコーン企業」になってしまっていると、こうした機会は、非常に限られた優秀な人にしか与えられなくなるのです。

② 身につけた経験・スキルが他の企業でも転用しやすい

会社が急成長していく環境では、「新しい価値を生みだす」「仕組みを設計する」「制度を構築する」「マネジメントをする」などの経験・スキルを数多く得られる可能性があります。

この経験・スキルは転職市場において、非常に価値が高く、これから成長していきたい企業からとても重宝されることが良くあります。

こうした経験・スキルを身につけておくことで、転職したい時に、いろんな企業からオファーが舞い込む可能性が高くなるのです。

③ 自分のキャリアブランディングになる

例えば、「Appleの創業当初から働いているんだよね」と知人から話を聞いたら「すごい!あのもしかしたスティーブ・ジョブズ一緒に働いていたの⁉︎」と驚いて、ついつい色々な話を聞きたくなりませんか?また仕事のことを聞いてないのに、心の中で自然と「この人すごいんだろうな」なんて感じたりしませんか?

急成長して、有名になった企業に働いていることで、周りの人に自分の仕事や成果を伝えなくても、「凄い人のように見てもらえる」キャリアブランディングが勝手にされることが良くあります。

このことはもちろん、「現ユニコーン」でも得られる可能性がありますが、「何千人、何万人」と大きくなってしまった企業のフェーズで入るよりも

「数人、数十人、数百人」の企業フェーズで入りリスクをとってチャレンジしている人の方が、キャリアブランディングのレバレッジは高くなります。

キャリアブランディングがあると、選考で書類選考が通過しやすく、一定の能力・スキル・経験は持っている人として、初対面の人からも「信用」を得ることができるのです。

日本のNEXTユニコーン企業ランキング

では、日本の中で、「DMM.com」「プリファード・ネットワークス」「メルカリ」に次ぐ「NEXTユニコーン企業」はどこなのでしょうか。

日経新聞が、日本ベンチャーキャピタル協会の協力を得て2017年に調査した結果によると企業評価額ランキングはこのようになっています。
(※プリファード・ネットワークスは2000億円以上で「現ユニコーン企業」とみなし、メルカリは2017年は未上場だったため、ランキング入りとなっています。)


やはり「NEXTユニコーン企業」の上位は、AIやテクノロジーなどを積極的に活用する企業が目立ちます。 

また違った切り口でみるなら、「クラウド、CtoC」といった仕組みを活用し、「ヘルスケア、フィンテック」などのメガトレンド・成長産業の中でビジネスをする企業が上位に入っています。

3位のクラウド型名刺管理サービスを提供する「Sansan」は積極的なシステム投資や広告宣伝で顧客層の拡大がうまくいき、将来の売上ポテンシャルの高さから、アメリカの投資銀行である「ゴールドマン・サックス」より出資を受けています。5位のクラウド会計サービスを提供する「フリー」は会計処理をAIで効率化するようにしています。

転職業界のプロがオススメする「隠れ」NEXTユニコーン企業3選

先ほどのランキングには入っていないですが、転職業界のプロが注目する、まだそこまで知られていないが、隠れ「NEXTユニコーン企業」として注目の企業を独自にピックアップしてみました。

①エクサウィザーズ
医療・介護領域を中心に、AIを活用して様々な業界の課題解決を目指す企業

2016年2月設立。代表取締役会長の春田氏は、DeNAの元会長、横浜ベイスターズの元オーナーで、代表取締役社長の西山氏は、リクルートで、メディアテクノロジーラボ所長を務め、AI研究所「Recruit Institute of Technology」を設立し、初代所長に就任した人物と、非常に有名で実力のある人が経営者です。AIによる社会課題の解決を目指して、人事業務サポートのためのHRTechサービス「HR君」の展開や、AIの利活用を促進する教育サービス「AIトレーニング」の実施などのサービスを提供しています。

現在、超優秀なメンバーがどんどんジョインしており、最近では、SOMPOホールディングス、三菱UFJフィナンシャル・グループと資本業務提携をしたプレスリリースを発表するなど、今注目のAI企業です。

②FINATEXT(フィナテキスト)
「金融をサービスとして再発明する」ことを目指すフィンテック企業

2013年12月設立。最新のテクノロジーを活用し、「サービス開発」「ビックデータ解析」「証券サービス」という3つの事業を融合させることで、投資家ごとのに異なるライフサイクルやワークフローの合わせた投資の魅力を再発見するサービスを提供していくことを目指している企業です。

2018年7月に、総額60億円の資金調達実施を発表し、KDDIやジャフコ、未来創生ファンドといった有名な企業・ベンチャーキャピタルから資金を調達するビッグニュースがあった非常に注目のおけるフィンテック企業です。

③Mirrativ(ミラティブ)
スマホ画面共有型ライブ配信プラットフォーム「ミラティブ」運営する企業

2018年2月創業。DeNAの社内スタートアップとして運営していた「Mirrativ(ミラティブ)」をMBO(マネジメント・バイアウト)する形で、DeNA元最年少執行役員の赤川氏が設立した企業です。

「わかりあう願いをつなごう」というミッションを掲げ、アグレッシブ・少数精鋭のチームメンバーとともに、世界中の人々のすべてのスマホ体験を豊かにすることを目指している企業です。

「ひとりじゃないスマホライフを」をコンセプトに、スマホでゲーム実況のライブ配信ができるプラットフォーム「Mirrativ」を運営しています。

現在、スマホゲーム配信数・配信者数は日本一で、アクティブユーザーの平均配信時間・平均視聴時間共に1日平均100分と、ユーザーの熱狂的な支持を得ています。

2018年4月に、グロービス・キャピタル・パートナーズおよび複数のベンチャーキャピタル・個人投資家から10億円超の資金調達をしたニュースを発表するなど、今後の成長に目が離せない企業です。

NEXTユニコーン企業の転職に利用したいエージェント3選

NEXTユニコーン企業への転職を考えているなら、まずはハイクラスの非公開求人を多く保有するエージェントが集まる会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』の登録を間違いなくオススメします。

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』は、2009年のサービス開始から今やハイクラス転職において、圧倒的No.1の転職サイトになっています。IT・テック系に強いエージェントや、成長著しいベンチャー・スタートアップに特化して転職支援をするエージェントも数多く登録しています。

NEXTユニコーン企業の採用基準は高く、また募集ポジションも信頼のおけるエージェントにだけ公開しているユニコーン企業・NEXTユニコーン企業もいるほどなので、必ず会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』の中で、信頼のおけるエージェントと出会い、しっかりとサポートを受けながら、転職活動することをオススメします。

 

次にオススメなのが、外資系・日系グローバル企業の転職に強い『ロバート・ウォルターズ』(エージェント)です。

外資系・日系グローバル企業の転職・求人なら『ロバート・ウォルターズ』と言われるほど、グローバル企業の転職に強いエージェントです。

イギリス、アメリカ、ドイツ、日本、オランダ、オーストラリアなど世界28ヶ国にオフィスを構えおり、日本では「グローバル人材に特化」し、「英語を活かせる求人」だけを紹介しているので、グローバルに展開するユニコーン企業・NEXTユニコーン企業の案件も数多く保有をしています。

経験豊富な業界専門コンサルタントがチーム体制で転職をサポートするスタイルで、コンサルタントは全員バイリンガル、転職支援の満足度は93%を誇ります。

最後にオススメなのが、ハイクラス求人を数多く保有し、手厚いサポートが魅力のJAC Recruitment(エージェント)です。

JAC Recruitmentは、イギリスで創業した日系人材紹介会社ですが、外資系・国内企業のグローバルポジションについて、国内で、転職支援実績No.1のエージェントです。

1988年の設立から、累計43万人の転職支援実績を誇り「NPS®ベンチマーク調査 2017【転職エージェント】編では、顧客満足度 第1位を獲得しています。

転職支援のプロフェッショナルの育成に力を入れており、専門分野別に、チーム制をとっています。業界・職種別でスペシャリストがいるため、手厚いサポートを受けることが可能です。

また外資系の転職においては、英文レジュメが必要になることがほとんどなのですが、企業が見るポイントを把握した上で、書き方、アピールの仕方、表現の仕方などのアドバイスをしてくれます。場合によっては、英語での模擬面接もやってくれるので、外資系企業の選考対策をしっかりすることができます。

グローバルに展開するユニコーン企業・NEXTユニコーン企業に行きたい人で、外資系企業の面接に不安を覚える方には、オススメのエージェントです。

まとめ

今回の記事は、キャリアの市場価値をあげたい人、ユニコーン企業への転職を考えている人、メルカリに注ぐNEXTユニコーン企業が知りたい、というあなたにオススメさせてもらいました。

ぜひご参考になれば、嬉しく思います。