転職ノウハウ

【アクセンチュアへの転職】激務?年収は?企業・採用の実情 / おすすめ転職エージェント

お悩み中
お悩み中
アクセンチュアに興味があり、転職も考えています。企業や採用の実情など知りたいです。
クラフツマン
クラフツマン
アクセンチュア含めた総合コンサル、BIG4で働く方のキャリア支援や、総合コンサルへの転職支援をしてきた私クラフツマンがお答えします。Twitterはこちら

結論としては、アクセンチュアに転職を考えている場合、アクシスコンサルティングに相談するのがおすすめです。

アクセンチュア含めた総合コンサルティングファームへの転職支援実績豊富で、転職支援に強い転職エージェントです。

アクセンチュアってどんな会社?(会社概要)

世界55ヵ国以上に展開し、グローバルで約50万人以上、日本で約14,000人以上の社員を抱える、世界最大規模の総合コンサルティングファームです。

「①ストラテジー」「②コンサルティング」「③デジタル」「④テクノロジー」「⑤オペレーションズ」の5つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供しており、

「市場への新規参入」「既存市場での売上向上」「業務効率の改善」「効率的・効果的な製品やサービスの提供」といった企業全体のビジネス変革支援ができる総合力の高さが特徴です。

アクセンチュアの強み
・幅広い業界専門知識
・業務改革アウトソーシングの専門知識
・技術革新とその導入に携わってきた実績
(研究・開発費に年間約3億ドルを投資)

・進化し続ける多様なコンサルティングサービス内容
・社員の育成への長期的な投資
・実績のある経験豊かな経営陣

アメリカの有名経済雑誌「フォーチュン」が選ぶ急成長企業100社のうちの94社、同雑誌が選ぶ世界の大企業500社の80%以上の企業がアクセンチュアのお客さんです。

会社のカルチャーを形作り特徴づける価値観として下記6つのコア・バリューを掲げており、アクセンチュア社員の行動指針となっています。

アクセンチュアの6つのコアバリュー

① スチュワードシップ
次世代のために、より持続性のある強く優れた企業を築き、アクセンチュア・ブランドを守り、利害関係者との約束を果たし、オーナー意識をもって行動し、人材を育成し、地域社会と地球環境の改善を支援する、という私たちの責任を果たす。

② ベスト・ピープル
私たちのビジネスにとって最高の人材をひきつけ、育成し、引き留める。社員の意欲を駆り立て、”Can Do”という姿勢を発揮させ、協力的で相互に支え合う環境を作り出す。

③ クライアント価値の創造
クライアントがハイパフォーマンス・ビジネスを実現できるようにする。また、クライアントの期待に応え、深く関与し、首尾一貫した価値を提供することで、長期的な関係を築く。

④ ワン・グローバル・ネットワーク
世界中どのクライアントに対しても最高のサービスを提供するために、国際的な見識、関係、連携、知識を効果的に活用する。 個人の尊重 人々の多様性を認め、一人一人の独自の貢献を尊重しながら、オープンで、信頼しあい、受け入れあう環境を作り上げる。アクセンチュアの価値観を反映したやり方で一人一人に接していく。

⑤ インテグリティ
倫理規範に基づいて確固たる態度で、正直に振舞い、信頼を築き上げる。意味することを正確に伝え、言行を一致させ、責任を持って行動する。

⑥ スチュワードシップ
次世代のために、より持続性のある強く優れた企業を築き、アクセンチュア・ブランドを守り、利害関係者との約束を果たし、オーナー意識をもって行動し、人材を育成し、地域社会と地球環境の改善を支援する、という私たちの責任を果たす。

(参照)アクセンチュアの事業紹介とコアバリュー

下記は、Youtube上でのアクセンチュア公式チャンネルでアップされているファーム概要の動画です。

アクセンチュアは激務?

以前のアクセンチュアは、「激務」「不夜城(1日中働いている)」と言われるファームでしたが、

2015年1月より、アクセンチュアで独自の働き方改革「Project PRIDE」が始まって以降は、働く環境が改善され、(繁忙期の忙しい時期はあるものの)ワークライフバランスがとれるファームになってきています。

Project PRIDEとは…
ビジネスコンサルティングで培った手法に基づき「制度」と「意識」の両輪から施策を重ねての組織風土改革。アクセンチュアで働く一人ひとりがプロフェッショナルとしてのあり方に自信と誇りをもてる未来を創造する全社員イノベーション活動。

<施策例>
・18時以降の会議原則禁止
・月45時間以上の残業をする場合は事前申請が必要
・生産性の高い社員により報いるための給与制度の改定 …etc

(参考)アクセンチュア独自の働き方改革「Project PRIDE」

アクセンチュアの年収は?(役職・職位別 平均年収)

アクセンチュアでは、【ストラテジー / コンサルティング】の領域と【デジタル / テクノロジー / オペレーションズ】の領域では、給与体系が違います。

前者の【ストラテジー / コンサルティング】の方が給与が若干高い傾向にありますが、「役職・職位別」の平均年収(目安)は下記です。

オープンワーク 年収・給与を参考に転職アカデミアにて作成給与は、年俸制で、年収の12分割が支給され、そこに、残業代や福利厚生(主に家賃手当)が加算されます。※マネージャー以上の管理職には、残業代は出ず、年1回のボーナスが支給されます。

アクセンチュアの仕事内容

アクセンチュアでは、大きく分けて、下記の5つの産業(業界)に対して

① 通信・メディア・ハイテク
② 金融サービス
③ 公共サービス・医療健康
④ 製造・流通
⑤素材・エネルギー

下記5つの領域(切り口)で幅広いサービスとソリューションを提供しています。

サービス領域仕事内容
① ストラテジー未来を形作る戦略パートナーとして各業界をリードする企業の経営上の重要課題や戦略的取り組みを支援
② コンサルティング産業分野別にマネジメントコンサルティング、テクノロジーコンサルティングの側面から経営や事業の変革実現・成果創出を支援
③ デジタルIoTや人工知能など先端テクノロジーを活用して、お客様のビジネス成長や、人々の生活をより良くする顧客体験創出を支援
④ テクノロジーイノベーティブな先端テクノロジーである「New IT」を駆使し、企業の「インテリジェントエンタープライズ」への変革を支援
⑤ オペレーションズ 企業の業務オペレーションを継続的なデジタル業務改革で根本的に変えていくインテリジェント・オペレーションサービスを提供

アクセンチュアの評判・口コミ

20代後半
20代後半
最近は、中途採用での社員が増え、コンサル出身、Sier出身、事業会社出身、外国籍の方など多様な組織環境ですが、向上心が高い人が多く、一緒に働いていて刺激をもらえます。仕事は裁量を持ってできる環境なので、成長スピードが速いです。

30代後半
30代後半
外資系でありながら、日系のような企業風土もあるファームです。今まで残業が当たり前のような雰囲気はありましたが、2017年残業時間を規制も入り、有休も希望すれば取りやすいので、かなり働きやすくなりました。ワークライフバランスが良いファームだと思います。

30代前半
30代前半
個人のキャリアや意向をなるべく尊重してくれます。成果を出せば、どんどん仕事を任せてもらえ、トレーニングできる機会も多いので、成長環境としては申し分ないファームのように感じます。ワーキングマザーの方も増えてきて、女性としての働きやすさも出てきました。

20代後半
20代後半
当たり前ですが、単に入社するだけでは成長につながらないので、自らキャッチアップしたり、研鑽したりする必要があります。最初から全部希望するプロジェクトに入れるわけではないので、前提として担当したプロジェクトで成果を出す必要があります。その点は十分に認識した方が良いです。

アクセンチュアの中途採用の「難易度」と「求める人物」

アクセンチュアの採用難易度は、「高い」レベルにあります。

日本オフィスの従業員は約14,000人と、コンサルティングファームの中でも随一に人数が多いため「受かりやすいのでは?」と思ってしまう人もいるのですが、

中途採用でアクセンチュアに採用されるには、『高い専門性と実績』そして『アクセンチュアの考え方=未来のアクセンチュアに必要なDNA』を持っていることが必要になります。

未来のアクセンチュアに必要な10のDNA
① 背伸びをしてでも目標に手を伸ばさずにはいられない

② 自分も会社も世の中までも、変えたいと望む
③ ここで成長したあとは「次のステージ」も視野に入れている
④ チャレンジに、手加減をしない
⑤ タフな状況も、先頭に立ち楽しめる情熱がある
⑥ 正しい判断のためには、上司との衝突も辞さない
⑦ 信念に基づき、主張し、実際にやりとげる
⑧ チームワークの可能性を信じる
⑨ 多様な文化、相違する意見の中にこそ宝石があると知っている
⑩ 常に誠実さを失わず、言行一致の気概がある

※各ポジション・要件など、より詳しく採用情報を知りたい人は、下記を参考にしてください。

アクセンチュア経験者採用HP

また、アクセンチュアの企業について、体系的に理解をしたい人は、下記の「アクセンチュア採用セミナー 社会人向け(18分)」の動画をご覧ください。

※経験者採用でよく質問のある事項について、採用担当者が6つのパートに分けた構成で話をしています。

<動画構成>
0:47~:会社概要
3:19~:組織・事業
6:32~:プロジェクト事例
9:31~:人材育成の仕組み
11:43~:ユニークな人事制度
15:00~:企業文化、組織風土改革

アクセンチュアへの転職を成功させるためのポイント

アクセンチュアへの転職を成功させるためのポイントは、『選考対策』を万全にすることです。そのためには、『転職エージェントを活用する』がおすすめです。

アクセンチュアは、ここ数年で中途採用人数を数千人以上増やしており、それに伴いアクセンチュアへの転職支援実績を持っている転職エージェントも増えてきており、独自の選考対策のナレッジを持っています。

実際に転職できた人のキャリアや成功のコツを知っている転職エージェントを味方につけることで、アクセンチュアへの転職の成功確率を最大限高めることができます!

転職エージェントを活用するメリットを下記です。

転職エージェントを活用するメリット
■キャリアに合うポジションがない場合に、
推薦できるポジションがないか人事に聞いてくれる。
■選考内容や選考担当者の志向をもとに選考対策のアドバイスをくれる

■オファー年収の相場感をもとに、適性か否かを教えてくれる
■オファー年収、サインナップボーナスなど待遇の交渉をしてくれる

アクセンチュアの転職におすすめの転職エージェント3選

総合コンサルで働く方のキャリア支援や、総合コンサルへの転職支援をしてきた私クラフツマンが、

数百、数千以上ある転職エージェントの中から、アクセンチュアへの転職におすすめの転職エージェントを選りすぐって3つご紹介します。

ご紹介した3つのサービスは、併用することをおすすめします!

コンタクトした1人目で自分に相性の良い転職エージェントに出会える可能性は極めて低く、また何人の転職エージェントに相談することによって、転職エージェントの中でも信頼できる人・支援が手厚い人が分かってくるようになるためです。

① アクシスコンサルティング

おすすめスコア:

ご紹介する3つのサービスの中でも随一におすすめしたいのが、この『アクシスコンサルティング』です。

創業してからの約20年間で、約5,000名の現役コンサルタント、約20,000名の転職志望者を支援した実績をもつ「総合コンサル」への転職支援にとにかく強いブティック系転職エージェントです。アクセンチュアへの転職支援の実績も豊富です。

所属するキャリアのコンサルタントは、コンサル業界やIT業界の出身者などで構成されており、「コンサルタントになりたい」「コンサルタントとしてさらに活躍したい」「コンサルタントの卒業後のキャリアを知りたい」など、あらゆるキャリアパスへの知見が豊富で、丁寧にキャリア・転職支援してくれるのが特徴の転職エージェントです。

大手外資系コンサルや国内系コンサルのシニアコンサルタント以上の入社実績数が「全エージェントの中で1位」の実績を持っており(2018年度)、アクセンチュアやBig4などの大手総合コンサルと強いパイプを持っています。

JACリクルートメント

おすすめスコア:

JACリクルートメント』は、コンサル、メーカー、金融、消費財、IT業界と、各業界に特化したコンサルタントが所属し、高い専門性と深い情報を持ったプロフェッショナルなコンサルタントが転職支援をしてくれる転職エージェントです。

下記のようにコンサルティング特化のチームが存在し、アクセンチュア含めた総合コンサルティングファームへの転職を手厚く支援してくれます。アクセンチュアの役員へのインタビュー記事を配信するなど、強いパイプを持っています。

③ BIZREACH(ビズリーチ)

おすすめスコア:

最後におすすめするのが『BIZREACH』です。登録しているヘッドハンターが4,100人と、国内最大級の転職サービスです。

総合コンサルへの転職支援に強いエージェントがBIZREACH』を数多く利用しているので、BIZREACH』に登録(無料)しておくことで、効率よく、総合コンサルへの転職支援をしてくれるエージェントと出会うことが可能です。

まとめ

アクセンチュアへ興味がある、転職を考えている方に向けて、アクセンチュアの企業・採用の実情をまとめをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

日本の企業のデジタルトランスフォーメーション化を支援するコンサルティングファームとして、アクセンチュアは日本の中でも総合力は随一です。

独自の働き方改革も進み、外資系と日系のハイブリッドのような企業風土があるアクセンチュアは、「成長環境」と「ワークライフバランス」のバランスが良い総合コンサルティングファームと言えます。

アクセンチュアの社員数は約14,000人と、総合コンサルティングファームの中で、日本最大規模の社員数を抱えていますが、中途採用の難易度は正直なところ「高い」です。

必ず、アクセンチュアへの転職支援の実績が豊富な転職エージェントに相談して、転職の成功確率を最大限高めましょう。あなたの転職の成功を心から祈っています。

アクセンチュアの転職のおすすめの転職エージェント3選
① アクシスコンサルティング
② JACリクルートメント
③ BIZREACH

また、アクセンチュア以外の総合コンサルティングファーム、BIG4などにも興味がある方は下記の記事もご覧になってください。

総合コンサルティングファームへの【転職ガイド】 ここ数年で、急激に総合コンサルへの転職する人が増えてきています。 デジタルトランスフォーメーション(DX)したい企...
この記事を読んでいる方におすすめの記事