仕事ハック

【潜入レポート】Forbes Asia ベスト・アンダー・ビリオン アワードディナー

こんにちは、Mr.転職人@tenshokunin)です。

本日は、「Forbes Asia ベスト・アンダー・ビリオン アワードディナー」に招待されてので、行ってきました。

いつもForbesを愛読しているのですが、「Forbes Asia ベスト・アンダー・ビリオン アワードディナー」に読者を招待してもらえるメルマガ届いたので、応募をしてみたら、下記のようなメールをもらい、なんと当選してしまいました!(それも無料なんです!)
(Forbesさん ありがとうございます。)

「Forbes Asia ベスト・アンダー・ビリオン アワードディナー」は「Asia’s 200 Best Under A Billion」 (アジアの売上10億ドル以下の優良企業200社リスト)のアワード授賞式を含めたディナーイベントでした。

Forbes Asia ベスト・アンダー・ビリオン アワードディナーへ

ご応募頂きました皆様 (※Bccにて失礼いたします。)
いつもForbes JAPANをご愛読頂き、ありがとうございます。
Forbes JAPAN イベント事務局です。

この度は、Forbes Asia主催「ベスト・アンダー・ビリオン 2018」
アワードディナーへご応募頂き、誠にありがとうございます。
厳選なる抽選の結果、【当選】されましたのでお知らせ致します。
※本イベントは着席でのディナーイベントとなります。
※当日はフレンチのコースをご提供予定です。お食事にアレルギー等
 ございましたら、合わせてご連絡をお願い致します。
※当日は「Forbes JAPAN ご招待者様 受付」にて、お名刺を2枚お渡し下さい

今回の記事は、このディナーイベントの潜入レポートをご紹介したいと思います。
開催された場所は、なんと東京・丸の内にある「パレスホテル」さんでした。

参照:https://www.agoda.com/ja-jp/palace-hotel-tokyo/hotel/tokyo-jp.html?cid=-151

控えめに言っても、非常に良いホテルでした。落ち着いた、雰囲気のある空間はForbesさんの今回のイベントにとても合っていましたね。

エントランスも贅沢空間。

こちらの写真の奥がラウンジで、写真の横はBARの入口となっており、どちらも利用してみたいと思えるほど、素敵な空間でした。(ジャズの音楽がいい感じで流れていました。)

今回のディナーイベントのスケジュールは下記でした。

【当日の内容】

17:00 Registration & Cocktail Reception 受付/カクテルレセプション
18:00 Welcome Remarks 開会のご挨拶
18:15 ディナー開始
18:35 Panel Session 1 パネルセッション
20:00 In Conversation with a Guest Speaker ゲストスピーカー登壇
20:30 Panel Session 2 パネルセッション
21:10 Award Ceremony
21:30 End of Event 終了

17時〜のカクテルレセプションはこのようにスタンディング席で、好きなドリンクを嗜みながら、参加者と交流できるような仕立てでした。

18時からのWelcome Remarks開会挨拶の司会は、Forbes Asiaだけあって、外国人の方が担当されていました。(ちゃんと同時通訳してもらえる機器が各席ごとに用意されていました。

少し画像が荒いのですが)Forbes Japanの発行人兼編集長である高野氏と

本場米国ForbesのチェアマンであるStopher Forbesから、開会の挨拶がありました。

こちらの開会の挨拶が終わると、お楽しみのディナー開始です。内容はフレンチコース(3皿)+パンとお酒(シャンパン・ワイン)でした。

1皿目はウニやロブスターが乗っている前菜でした。一つ一つの食材が非常に美味しかったです。

2皿目は、牛フィレ肉のステーキでした(写真を撮る前に、あまりに美味しそうすぎて食べてしまいました。笑)焼き加減は絶妙なレアで柔らかく、ソースも抜群に美味しく、備えつけの野菜も非常に美味しかったです。

3皿目は、小豆を添えた抹茶のティラミスに、お口直しのシャーベットがついたデザートプレートでした。甘すぎず、ペロリと食べれてしまうお味でした。

ディナーの途中途中で、パネルセッションやゲストスピーカーの登壇があり、アジアで活躍する経営者の方々の話を聞くことができました。日本人の代表として、グロービス経営大学院大学学長、グロービス・キャピタル・パートナーズ代表パートナーである堀氏が登壇していました。

ディナーが終わった後は、「Award Ceremony(アワード セレモニー)」があり「Asia’s 200 Best Under A Billion」 (アジアの売上10億ドル以下の優良企業200社リスト)のアワード授賞式がありました。
※次のForbes AsiaかJapanの冊子で紹介されるかもしれませんね。

日本だけでなく、香港やベトナム、インド、韓国、台湾など、今後成長が期待される企業のCEOが数多くいました。

実際の集合撮影の裏側はこんな感じでした。選出された企業の社員の方などがパシャパシャ撮っていました。笑

ちなみに、「Asia’s 200 Best Under A Billion」 (アジアの売上10億ドル以下の優良企業200社リスト)には日本からは下記の38社が選ばれていました。

アカツキ / アトラ / エイチーム / アトラエ / ベイカレント・コンサルティング / セレス / コムチュア / デザインワン・ジャパン / DIP / イー・ガーディアン / エン・ジャパン / エボラブルアジア / ファーストロジック / グレイステクノロジー / Hamee / はてな / IBJ / インソース / アイリッジ / ジャパンマテリアル / JIG-SAW / 鎌倉新書 / 北の達人コーポレーション / リンクバル / M&Aキャピタルパートナーズ / マルマエ / ネクシィーズ / 日本M&Aセンター / PR TIMES / ラクス / RSテクノロジーズ / ソーシャルワイヤー / スパークス・グループ / ストライク / シンクロ・フード / TOKYO BASE / ブイ・テクノロジー / じげん

個人的には、IT・ベンチャー企業で勢いのある「アカツキ」や「じげん」、「エボラブルアジア」コンサルティングファームで急成長している「ベイカレント・コンサルティング」事業継承などの勢いにのっている「日本M&Aセンター」などが受賞しているのが、面白いなと思いました。

また今回のイベントの最後には、まさかの「おみや」がついており、「PIERRE HERME」のフランス伝統菓子のセットをいただいてしまいました。(至れり尽くせりです、本当に。)

普段では、なかなか経験できないAwardに参加させてもらい、贅沢で美味しいディナーを食べることができ、おみやまでもらってしまう、本当に有難い経験をさせてもらいました。

Forbesさん本当に感謝しかないですね。これからも一層愛読しようと思いました。笑

以上、潜入レポートでした。